ナカズトバズ、で、泣く

彼の地の季節は、今まさに冬の入り口に差し掛かかるところでした。故に、植物は枯れ、多くの虫は姿を消し。鳥もまた然り。何とか探して30種程度と言ったところでした。いやはや、生き物の気配がとにかく薄かった。

そんなわけで、生き物の写真はほとんど撮れませんでした(涙)



e0011761_22283854.jpg
アオジ、ウグイス、カラ類しかいねーー。



e0011761_22285589.jpg
必死に探してようやくコゲラに出会す。これじゃないキツツキ類が撮りたかったなぁ。



e0011761_22310885.jpg
ちょっと遠出してアジサシ1羽。うぅぅ。



e0011761_22305077.jpg
トビもあんまりいなかったので、嬉しくなってつい撮影。



e0011761_22312666.jpg
やっと、土地ならではのヤツに出会す。鳴き声を知らないと見落とす場合多々あり。



e0011761_22313665.jpg
どのエリアにいたのか。ヒント(というか答え)は上の写真とコチラ。



e0011761_22463835.jpg
ま、そういうことですわ。


[PR]
by taka-sare | 2014-10-15 22:53 | 自然・季節に触れて
<< 最先端をゆく(序章編) 久方ぶりに彼の地へ >>