Blood moon

久々に皆既月食が見られるというので、昨夜は近所の開けた所に足を運び、月見&撮影に。

部分食が終わり、いよいよ皆既月食に。。。という段になるや、南の方から雲がさーっと広がり始め月を覆い始める。見ると結構な雲量。皆既月食は1時間程。じゃあってことで、あとは自宅で様子見をすることにしました。

で、撤収準備を始めると、やや、雲が抜けて、赤銅色に染まった月が現れたではありませんか。うーん、なかなかの振り回しっぷりだ。結局、数枚撮影した後自宅に戻り、あとは望遠鏡で観察する事に。

望遠鏡で満月を見ると数秒で目がヤラレてしまいますが、皆既月食はそれが全くありません。というか、むしろ暗くて見えにくい位。写真撮影が難しい事からも分かりますが、こういう体験からも、如何に太陽光が遮られているかが良く分かります(以下、写真をクリックすると拡大します)。



e0011761_22130647.jpg
皆既月食の間、周囲の星々が姿を現すのも暗さゆえのこと。
ちなみに、月の右側で輝いているのは天王星。




e0011761_22133211.jpg
約1時間後、目映い光がBlood moonの終わりを告げる。




e0011761_22134582.jpg
三色になる月。



そして間もなくして、赤き月はいつもの色に戻るのでした。そう、グレープフルーツ色の月に。ということで、今宵はTom WaitsGrapefruit Moonでも聴くとしましょうか。





[PR]
by taka-sare | 2014-10-10 00:09 | 自然・季節に触れて
<< とある日の夕暮れ時 また会う日まで >>