moonset sunrise

出張続きだったとはいえ、随分と地元の自然を目にしていないよなぁ。

そう思ったその夜は、台風が近畿を通過する頃。
この感じなら明日の朝は大丈夫かな。。。

思い立ったが吉日。うまくいけば素敵な朝焼けが見られるかもしれない。というわけで、その翌朝、日の出前に家を出て、久しぶりに地元の自然観察(主に鳥)をすることにしました。

・・・

その日は台風一過、ではありましたが。それは西日本での話であって、我が地元は湿気が殊の外多く辺りはモヤモヤでした。うーん、これではカキーンと透明度の高い朝焼けは望めそうもないなぁ。まぁでも自然観察なんてそんなものだ。と何気なく西方向を見ると。。。あ、月がまだいた。。。って、これはスーパームーンじゃないの!(以下、写真をクリックすると拡大します)



e0011761_11525862.jpg
いやはや、全くもってノーマークだったなぁ。




e0011761_11520535.jpg
地平線に漂う分厚い雲に隠れる頃の月。月の色のなんと妖艶なことだろう。




e0011761_00273789.jpg
日の出前の刹那は、鳥達が最も騒がしい頃。周囲が明るくなってくるや、一斉に、ゴイサギを始めサギ達が田圃上空を飛び交い始める。




e0011761_11522231.jpg
地平線から現れた朝日が、黒く染まった雲に紅をさす。



e0011761_11523588.jpg
湿度の多い朝焼けも、また一興。




e0011761_00212549.jpg
新しい1日の始まり。





[PR]
by taka-sare | 2014-08-13 00:52 | 自然・季節に触れて
<< 幼きツバメ、その後 桃太郎の地の土産、といったら >>