[エンレイソウ]

e0011761_11503090.jpg
(クリックすると大きくなります)

薄暗い林内に一筋、二筋の光が差し込む。その光の先にめをやると、花を咲かせたオオバナノエンレイソウ(多分)が。

中国では古くから薬草(胃腸薬等)として使われているらしく、延齢草根と呼ばれるそうな。この和名はそこからそのまま使われたというわけ。

じゃあ、気分が悪いときはエンレイソウを飲めば...と思いきや、エンレイソウには有毒成分が含まれているんだと。過度に服用すると中毒症状を引き起こすので、安易に手を出さない方が懸命。ま、薬と毒は紙一重だからね。使い方で延齢にも縮齢にもなるってことですな。

ちなみに、エンレイソウは花を咲かすまで少なくとも10年はかかり、寿命に至っては30~50年だっていうんだから、この「延齢」という名は、エンレイソウ自身の事を言っているように思えてなりません。
[PR]
by taka-sare | 2013-05-26 12:30
<< [五里霧中] [木々怪々] >>