[小さな逸品]

今年チャレンジした小屋番@霧ヶ峰。
その労いの意を込め、妻にちょっとしたプレゼントをしました。

e0011761_0303777.jpg

それがこれ、耳かきです。

何故耳かき?
いや、耳をかくのが好きなんですよ、我妻は。
それはもう、耳かき無しではいられない程に(これホント)。
ちなみに、かく耳は私のじゃなくて自分のですので...(笑)


e0011761_0301880.jpg

材質は竹ですが、コイツはただの竹じゃーありません。日本で唯一、土佐は安和でしか生育しない虎斑竹なのであります(何故この地でしか育たないかは未だ解明されていないのだとか)。寅年最後に贈るに相応しい素材でしょう?(はい、これは今思いつきました)


e0011761_0331660.jpg

素材も素晴らしいのですが、職人の技がまた素晴らしい。それがこの首の部分。この湾曲が竹の特性と相まって絶妙なしなりを生み出すんです。間違いなくこの耳かきの肝と言えるでしょう。実際使ってみると分かりますが、このしなりが余分な力を上手く逃がしてくれます。これが耳辺りの良さに繋がり実に心地が良いんだなぁ。

これまで、そこそこ色々なものを試してきましたが決定打には出会えずでした。が、かなり理想型に近づいた、そんな思いを抱くに至りました。耳かき愛好家?の方、これ、注目に値する品だと思います。

・・・

妻だけじゃなんなので、密かに?自分にも(笑)

e0011761_0315481.jpg

それがこれ。こちらも職人が手掛けたモノ。アルミ1本削りだしの品であります。友人が持っていたものを触って直ぐにバイナウしてしまいました(苦笑)。何だか分かりますか?


e0011761_0312722.jpg

こう撮れば分かるかな?本来の役目を果たさなくても、持っているだけで何だか嬉しくなる逸品。モノ好きの方、結構おすすめです。
[PR]
by taka-sare | 2010-12-30 00:00 | 雑感
<< [2011] [鴨がパン背負ってやってきた] >>