タグ:雑記 ( 145 ) タグの人気記事

[点描:長期ロード]

昨夜、2週間のロードを終え帰宅。
ということで、駆け足で我が足跡をご紹介。



e0011761_2339427.jpg
スタート。


e0011761_23393132.jpg
1番目の目的地の朝。車のガラスには巨大ば結晶が全面にビッシリと。



e0011761_23392114.jpg
それもそのはず。朝からこの青空だもの。



e0011761_23391124.jpg
赤ん坊が食べるお菓子を彷彿させます。



e0011761_2339013.jpg
一転して霧に覆われる日も。



e0011761_23382575.jpg
車と電車で移動。



e0011761_23384919.jpg
あれからもうすぐ二年。今月の車内紙は厚みが違いました。



e0011761_23384032.jpg
日本の車窓から。雲一つない夕焼け空。



e0011761_23383285.jpg
下車してレンタカーに乗り換え。コチラで腹ごしらえ。



e0011761_23381635.jpg
2番目の目的地の地方紙。震災に対する取り上げ量は三大紙とは大きく異なる。



e0011761_2338446.jpg
3番目の目的地へ向かう前に腹ごしらえ。



e0011761_23375384.jpg
行程の半分以上を高速道路での移動を考えていたが、強風の為、通行止めに。仕方が無いのでツルツル路面の峠越えを。



e0011761_23374453.jpg
春前に秋味をば



e0011761_23371117.jpg
三番目の目的地。



e0011761_23373435.jpg
フクロウ発見。しかし痛恨の一眼レフ不携帯。ならばと双眼鏡に携帯電話を無理矢理あてての荒技撮影。くぅっ。



e0011761_23365782.jpg
抜ける様な青空から一転して猛吹雪。天候の変化の激しい季節。



e0011761_23364610.jpg
急遽、別天地へ移動となる。




e0011761_23362480.jpg
4番目の目的地にて一服。麦芽100%とは思えないライトさ。さすが新潟といったところか。韓国で飲んだ麦芽100%ビールに似ているかも。



e0011761_2336144.jpg
垂直に立つ雪壁を登る。そして、おりる時に足場を作る。



e0011761_2336272.jpg
登った先の地に足跡は一つも無し。



e0011761_23411453.jpg
美しき未踏の雪面。



e0011761_23355185.jpg
雪に埋もれる山奥の廃校



岐阜、福島、岩手、新潟と渡り歩いて2週間。総移動距離は2000km弱くらい?(詳細不明)移動に次ぐ移動(そのどれも長時間)。旅ガラス生活に慣れてはいるとは言え、今回のロードはさすがにちょいと疲れました。でも、どうやったら効率よく移動出来るか考える作業は、大変でしたがちょっと楽しくもあり。時刻表を見て電車旅(18切符を使ってね)の計画を練っていた若き日の頃を思い出しました。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-10 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

[色見本]

e0011761_21572039.jpg

e0011761_21572064.jpg

e0011761_2157203.jpg

こんな感じで渡り歩いています。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-06 21:57 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[擬態!?]

e0011761_1637777.jpg

某有名充電池(EVOじゃない方)の横に陳列してありました。
[PR]
by taka-sare | 2013-01-30 16:37 | 雑感 | Comments(0)

[人工と天然の狭間]

e0011761_1471682.jpg
とある山の中。存在感のある導水管(水力発電用)に出会しました。

かなりの時代を越えてきたのだろうなぁ、と思わせる年季の入りよう。調べてみると、大正9年に運行とのこと。んー、ということは...今年で御年93歳ってことか。どうりで、な貫禄なわけです。

通常、山の中で人工物に出会すと違和感を感じるもの。でも、この導水管についてはそのようには感じず...ごく自然に佇み、むしろ周囲に同化しているようにさえ思えたくらいでした。同じ時間を重ねてきた者同士だからか。刻まれた時間がそうさせるのか。


e0011761_147281.jpg
ラピュタの庭にいたロボット兵を思わせる雰囲気。鉄なんだか岩なんだか、もはや分からない。ここまでくると、人口や天然という言葉で境界線を引くのは無意味なのかもしれません。

* 写真2枚とも、クリックすると大きくなります
[PR]
by taka-sare | 2013-01-19 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[よい、ゆい]

巳年だからといって、うわばみと化している方はおりませんか?
そうです、そこの貴方です!(笑)

ちなみに、私はっていうと...自分で言うのもなんですが...これがですね、意外にもなかなか節度のある飲酒生活を送っておりますです。多分、普段通り、もしくはそれ以下、って感じじゃないかと。いやまぁ、友人と会った日は割と(かなり?)飲んじゃっていますけど...(^^;)

閑話休題。

2013、新春、自宅で飲んだ最初のお酒はコチラでした。

e0011761_1512216.jpg

今年は「結ぶ」という言葉がキーワードになるのではとの思いがあり。「結(ゆい)」沖縄だと「ゆいまーる」。そんな意味合いも含め。
[PR]
by taka-sare | 2013-01-06 00:00 | 雑感 | Comments(4)

[服破れて山河あり]

e0011761_23245627.jpg

破れました。14年間連れ添った、我が上半身を守りし相棒が。

薔薇のトゲか、カマイタチか。
何れにせよ、藪こぎ中、鋭利な何かによって、スパッと切れたもよう。

鎧の如き強さを誇ったアウターでこれだからね。もし顔面に当たっていたら・・・
おーコワッ。

いやしかし、最後の最後まで、我が身を守ってくれたなぁ。と、しみじみ。
[PR]
by taka-sare | 2012-12-04 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[別れ]

この時から数えて5ヶ月弱後の夜。妻の愛犬はその生涯に幕を閉じました(人の世界で言うところの四十九日が経ったので、ご報告)。

・・・

e0011761_1417468.jpg
その日が確実に近付いていると感じてからは、可能な限り妻の実家に顔を出しました。そして、9/26の夕方。いよいよ危ないかもしれないとの報が入り。



e0011761_14172278.jpg
急いで実家に駆けつけると、数日前に見た時よりもさらに命の炎が小さくなっていました。それでも、妻の姿を確認するや安堵の表情を浮かべ、少しばかりではありますが炎が大きくなりました。

それから2日後の夜。

妻を始め家族が見守る中、眠るように静かにこの世を去りました。



e0011761_14173458.jpg
16年と7ヶ月。いつも120%の元気で、家族みんなを楽しませてくれて、そして、幸せを分け与えてくれてありがとう。
[PR]
by taka-sare | 2012-11-18 00:00 | 雑感 | Comments(2)

[解像度チェックシート]

e0011761_1971861.jpg

レンズの解像度チェックシート...では、もちろんありません。

あー、しかし目がチカチカするなぁ。。。
[PR]
by taka-sare | 2012-09-24 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

[ガスパッチョ]

ここ数ヶ月、そのほとんどを、朝晩は涼しい(肌寒い)エリアで過ごしていました。
で、先日久々に地元に帰ってきたら...
なんなの、このじめじめムンムンな空気は!

こんな日は、無条件にガスパチョが飲みたくなるワタクシ。
やっぱり、奥底に流れるスペインの血がそうさせるのかなぁ。

去年、ちっこいけどフープロ買ったことだし(実はガスパチョが作りたくてという噂も...)この夏は暑気払いにちょこちょこ作るとしようかな(それがいい、それがいいと言いました)。

・・・

そんなことを考えていたら...
ふと、"あの" CMがみたくなったので、ググってみることに。

80〜90年代が青春時代だった層を狙った「東京ガスストーリー編」も、モロその世代なのでなかなか楽しめたけど、やはりこの偉人シリーズの出来は秀逸だったなぁと改めて。




今頃気付いたけど、シェークスピア、ちゃんとブリティッシュイングリッシュ使っているのね。






特に信長シリーズ最後のこれは良かったなー。
信長役にピエール瀧を使ったのがまた。
[PR]
by taka-sare | 2012-07-13 13:19 | Comments(2)

[お初ダス]

e0011761_795578.jpg

ん?ハヤブサに、なんか見たことのないヤツがくっついとる!(仕事柄、新幹線は割りと詳しい)

なんかみんな写真撮っとる!
もしかして有名な車両?

で、調べたら、秋田新幹線の新車両ということが判明。7月から試験運転が始まり、その後、導入されるみたいダス。
[PR]
by taka-sare | 2012-06-25 07:09 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)