タグ:雑記 ( 145 ) タグの人気記事

続:壊れかけのRadio

ひょんな事から我が家にやってきた、BOSEの「Wave Radio/CD」。

それからというものの、ラジオはBOSE君で聴くようになりました(CDは家にオーディオがあるので使わず)。が…暫くすると重低音が気になるように。

BOSEのこのシリーズは、小柄な筐体から迫力のある音を出すってのが売りの一つ。なので、まぁそんなもんなのかもしれません。それにしても、こんなにブーミーだったっかなぁ。

ともあれ、気になってトークや音楽に集中出来ないってのは困りもんです。そこで、音質改善を図るべく、BOSE君にちょっと手を加える事にしました。




e0011761_00240063.jpg
先ずはこんな感じにガバッと開けてみる。なんと、3本のネジを取るだけで内部にアクセスが出来てしまうというシンプルさ(潔さ)。簡単!そして感嘆!

ただ、前面(スピーカー部下辺り)にあるツメでガッチリ固定されているので、ちょっとしたコツと器具は必要です。もし無理して開けようものなら、まず間違いなく「壊れかけの」じゃなく「壊れた」Radioになります。なので、そこだけは要注意ということで。って、ま、普通は開けないか。




e0011761_00240764.jpg
このシリーズは、小さい筐体の中にパイプオルガンの如き共鳴管が仕込まれています。それがパワフルサウンドを生み出していると。であれば、ここを細工すれば重低音を抑えられるんじゃない?

ならばってことで、その共鳴管の出口にあたる部分(ペンチで指し示している穴)に、緩衝材(ウレタン)を適当に突っ込んでみることに。

さーて、音はどう変わったかな〜。

おー!!

緩衝材の効果は歴然で、気になっていたブーミーさはかなり解消されました。そのおかげか、予想以上に高音から中音域がクリアに聞こえるようになり、かなり聴きやすくなりました。良かった、これでラジオに集中出来るぞ。

細かく調整すれば、さらに良いバランスになるだろうな。でも、そこまでやるつもりはなし。ということで、改良はこれにて終了。

この機種をお持ちで重低音が気になる方は、試してみる価値はあると思います。但し、自分で開けちゃうと保証外になるので、その際は自己責任で。


[PR]
by taka-sare | 2014-04-16 06:00 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

壊れかけのRadio

先日、我が家に壊れかけのRadioがやってきた。正確に言うならば、壊れかけのWave Radio/CD、である。

かつて、姉夫妻の新居祝いにとプレゼントしたコヤツ。ここのところ調子が悪いとは聞いたけれど、先日、ついにCDが聴けなくなったとの連絡が。修理することも考えたらしいけれど、早急に必要だったので、これを機に新型に買い替えたとのことでした。

聞けば、ラジオは普通に聞けるとのこと。ならば...ってことで、前任者のコチラは我が家が引き取ることに。



e0011761_00235224.jpg
帰宅後、先ずは動作確認。なるほど、ラジオは問題なく聴ける。念のため、CDもチェック。キュルキュルキュル。。。あ、確かにデータを読み取らないね。この感じだと、CDプレーヤのピックアップが故障している可能性が高いかも。もしくは、駆動部の劣化とか?

何れにせよ、部分的な故障のようなので、修理に出せばすぐに直りそうだ。あぁでも、これってもう数世代も前の機種だから、場合によってはパーツが無いかもなー。まぁなにはともあれ、BOSEに送って見積もりを出してもらうとしよう。

そう思いながら、念のため、他のCDを入れてプレイボタンを押して見る。すると...

ピロピロピロピロピロ・・・♪♪

あれ?普通に読み取ってる...
じゃあ、もう1枚他のCDを...

ジャァーーッ ジャァーーンッ♪

んー、なんか、調子取り戻しちゃったみたい。

・・・

その後、極まれにエラーが出る事があったけれど、基本的には問題ナッシング。もしやこれって「BOSE丸儲け!」ってやつ?

お後がよろしいようで…(^^;)




[PR]
by taka-sare | 2014-04-14 00:00 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

優れたデザインとは

e0011761_21414900.jpg
セブンイレブンのコーヒーマシン。

全国各地、多くの店で写真のような説明書きが貼ってある。まぁ確かに分かりにくいよね(左にR、右にLというのもなかなかシャレがきいております)。
シャレオツなデザインにしたのはいいけれど、実用性を甘くみたといったところか。

そう簡単に交換ってわけにはいかないだろうから、本社が各店に共通のシール等でも送れば良さそうなもんだけど、本社は対応していない
らしく。各店舗が独自のアイデアで対応せざるを得なくなっている。ゆえに、店によって対処はバラバラ。ま、結果的に店の個性が出ていて、それはそれで面白いんだけどね。

コンビニは高齢者が使いやすいように(特に地方は)力を入れていくといったような事を言っているけれど、こういうのを見ると、やっぱり若い人の方を向いているのかしらん?と思っちまいます。

・・・

と言った様なことを、昨日FBで書きました(ちょい補筆してます)。

その後「おそらく、有名なデザイナーにマシンデザインを依頼したのだろうな。で、出されたものに対してあまり疑問を持たず企画を通したと。じゃあ一体、誰がデザインしたんだろう」と、ふと思い立ちまして。早速調べてみたら…やはり、その御方は佐藤可士和氏でした(カップのデザインからそうじゃないかなぁと踏んでいた)。

佐藤氏や経営トップの面々は、サラリーマンや若者達が都会で利用するイメージだったのでしょうか。でも、今やコンビニは、高齢者のホットステーションにもなっているんですよねぇ(地方などは特に。なので、このマシンを見たときは「現状を把握していないのかなぁ」と思ったもんです。

そんなわけで今、セブンイレブン各店舗はお客のニーズに応えるべく、アーバンでクールでソリッドな(?)マシンを独自にカスタマイズして対処しています。店によっては「佐藤可士和のデザインやいずこに!?」というものも。いやホント、バリエーション豊かです。ちなみに、写真の例は、私が見た中では割と無難な部類であります。

優れたデザインとは何ぞや。今回の事例は、デザイン関係に進む若者やその道の方々に良き教材になる(もうなっている?)んじゃないかなぁ。と、素人ながら。

<追記>
ちょっとググったら、このようなサイトに出会しました。やはり同じ事を思っている人は沢山いるようで(笑)。コチラもどうぞ(各店舗色々やってまんなー)。


[PR]
by taka-sare | 2014-03-31 06:00 | 雑感 | Comments(0)

[ちょこっとぶれいく]

e0011761_12571316.jpg
ここのところ、毎週雪国詣でをしているような。いやまぁ「ような」じゃなく、実際しているんですけどね…。でも、あくまでも「そんな気がする」体でいます。
だって、振り返ると、色々な「なにか」に誘惑され先に進めなくなりそうなんだもの(^^;)

とりあえず、このターンが終われば休みが取れそうなので、振り返るのはその後で。というわけで、今は、チョコッとのスイーツと珈琲で、軽く一息といきませう。

ちなみに、このタンブラーはアンカー珈琲さんのもの。基本、タンブラーは使わないんだけれど、2年続いた気仙沼詣が先日で一区切りとなったので、記念(祈念)にと買い求めました。

豆fishと呼ばれるデザインが、なかなか秀逸っす。



[PR]
by taka-sare | 2014-03-23 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

つるし雛

e0011761_21544659.jpg
突然ですが、これ、何だか分かりますか?














e0011761_21550843.jpg
正解はコチラ。越後三大つるし雛の一つで、ギネス記録を達成したんだとか。わたくし、何度も当地近辺に足を運んでいますが、今回初めてその存在を知りました(詳細はコチラで)。

コレを見て、映画サマーウォーズのあのシーンを思い出しました(分かるかな?)。



[PR]
by taka-sare | 2014-03-19 22:31 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

[3.11]

e0011761_9224113.jpg
震災から3年。あの日、三陸の海で何が起きたのか。刹那、その事を忘れさせてしまう程に、三陸の海は美しい。




e0011761_11223109.jpg
されど振り返れば、現実がそこかしこに。




e0011761_12342675.jpg
三陸地方に足を運ぶようになって2年。その間、かの第十八共徳丸は解体・撤去され、そこかしこにあった瓦礫の山も随分と片付けられた。徐々にだが復旧は進んでいる。されど、問題はいまだ山積みである。当地で被災した知人や、お会いした方々の話を聞く度、その現実を思い知らされる。



e0011761_10524258.jpg
今もあの時を指し示す、気仙沼港にあるガソリンスタンドの時計。これを見たのは1週間前。もう一度、目に、そして心に焼き付ける。





[PR]
by taka-sare | 2014-03-11 14:46 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

アプリの為に

私は未だにガラケーユーザーだ。

え?天の邪鬼なの?

うっ、そ、それは否めません。あ、でも、スマホを使わないのは、天の邪鬼以前に、単にガラケーにあまり不便を感じていないから。いやホント、自分の使う環境においては、まだガラケーの方がメリットが多いんです(でも、最近はちょっとスマホの方が便利かなーと思うようになってきた)。

しかし。。。今回はちょっと心が揺れてしまった。

原因は、友人周りが使い出した「Waterlogue」なるiPhoneアプリ。これ、撮影した写真を水彩画風に加工するんだけど、これが「たかがアプリ」と侮れ無いくらい良く出来ていてですね。写真を撮る人間の心をくすぐり、ゆさぶるんですよ。

だけど、これはiPhoneを持っていないと使えない。使えないと分かると余計使いたくなるのが人の性。松雪泰子も佐賀。そういや、iPodが世に生まれた時、これを使いたいが為に(それだけが理由じゃないよ、一応)窓から林檎に変えたという過去もあったっけ。じゃ、もうこれを機にガラケー卒業しちまうか!?

そんなわけで、iPhone導入に前のめりになったワタクシでしたが、寸前のところで踏みとどまりました。そうだ、アタシにはあの手鏡があったじゃないか!と思い出し。まぁスマホのように出先でバシバシ写真撮って直ぐにアップ、という便利さはないけれど、今はアプリを楽しむことが出来れば十分だからね。ということで、iPhone導入は見送り。iPad miniにアプリをダウンロードした次第です。

以下、こんな感じで遊んでみました、な、画像集です。よろしければ。



e0011761_23582327.jpg
記念すべき1作目はこれ。やっぱり酒なのか(苦笑)。



e0011761_22160079.jpg
色々な設定を試してみたけれど、総じて酒の瓶はいい感じに加工されますね。



e0011761_22141602.jpg
ビル・エバンスがこの世を去る前の演奏「 Bill Evans/Consecration 1」。最後の1曲の熱量が物凄い!ってCD評になってんじゃん(苦笑)。



e0011761_23583916.jpg
こちらはチェリビダッケ&フランス国立放送管の2枚組。CDの様な細かい文字情報が多いものは、高精細に加工した方がいい感じになる(様な気がする)。




e0011761_22153154.jpg
頂き物のよいとまけ。このくらいザックリしたデザイン(それも濃淡ハッキリ)のものは、加工に左右されず味が出るね。



e0011761_22135891.jpg
自家製牛すじカレー。ハッシュドビーフみたいな色に加工されてしまったけれど、実際はもっと黒っぽいです。米の輪郭とか、上手い事表現するなぁ。




e0011761_22151501.jpg
チャーハン作成ちう。中華鍋のような鉄物は愛称がよろしい模様。



e0011761_22145248.jpg
月兔印のドリップポット。実際はマッドなブラックなのだけど、反射の違いを上手い事ひろって良い味わいに。



e0011761_23590872.jpg
やりかたにも寄るけれど、なんてことのない背景がいい具合に加工されたりして楽しい。



e0011761_22144294.jpg
写真のままだとまぁ普通?なカットも、ちょっと面白い感じに。



e0011761_22133564.jpg
植物との愛称は抜群。まだ試していないけれど、風景写真もいいだろうな。



e0011761_22161767.jpg
基本、iPadは自宅に置いてあるので、アプリ用画像はおのずと自宅で撮影したものが多くなります(笑)。そんなわけで家の灯りをば。光のグラデーションにもいいなぁ。プラネタリウムみたいだ。



e0011761_22154647.jpg
〆は昨年末に行った東京ドーム(参照:コチラ)。加工したらこんな感じになりました。ゴッホの星月夜?な空。禍々しいまでの熱気がドームから放たれています。もしやこのアプリ、隠れざる真実を映し出すのでは!?(笑)

「あぁ、カットはいいんだけどピンボケだよ。。。」という写真や「んー、なんか平凡だなぁ。。。」な写真も、このアプリを通すと「あらまー、いいんじゃない?」な画像になる事が少なくありません。恐るべし「Waterlogue」。

そんな凄アプリに強いて注文をつけるなら。。。加工途中(このアプリ、線描した後、色をつける...と実際に絵を描くような行程を踏むのです)でストップする機能を付けて欲しい!ユーザーの皆さん、一度は途中で「あ、この状態が好き!」って思った事ありません?もしその機能が備わったら、もはや敵無しだと思うなぁ(個人的にはね)。




[PR]
by taka-sare | 2014-03-02 12:06 | 雑感 | Comments(0)

雪の事は雪国に聞け

e0011761_15305157.jpg
新潟県某地にて(クリックすると拡大します)



「稲のことは稲に聞け、農業のことは農民に聞け」は、横井時敬氏の言葉だが、この度の大雪に対しては「雪のことは雪国に聞け」と言っていたのではなかろうか、と越後の国にて思う。



[PR]
by taka-sare | 2014-02-28 21:30 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

自然が作りしアート

e0011761_19414190.jpg
スノウ・スカル!?ご丁寧に頸椎まであるという懲りようでありました。



[PR]
by taka-sare | 2014-02-26 19:45 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[違いが分かる男]

寒空の下 、ちょいと珈琲ブレイク。そんな事が少なくないワタクシ。

やっぱり、外でもドリップしてるの?

いえいえ。若い頃はそんな事もあったけれど、今はその余裕も、ザックに道具を入れるスペースもなし、でして。もっぱらフィールドワーク用の珈琲は、インスタントであります。

銘柄は、こだわりの...ネスカフェのエクセラ。決め手は溶けやすさ。極寒の地で何が大事かって言うと、珈琲の粉の溶けやすさなんですよね。それこそ、ちょっと温度の下がったお湯でもさっと溶ける様な。そんなわけで、微粒子のコチラが都合が良いと。もちろん、入手しやすいってものあるし、キャップがスクリューってのもポイントです(そして安価…これが一番の理由だったりして…)。


e0011761_20324241.jpg



[PR]
by taka-sare | 2014-02-22 12:55 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)