タグ:酒 ( 111 ) タグの人気記事

[ただつぐ]

e0011761_22385852.jpg
昨年末、おらが町の日本酒が誕生した。その名は「忠次」。我が町の名の由来となった殿様「伊奈忠次」の名前である。(その人物については下記参照されたし)。

使用米は伊奈町産の米「彩のかがやき」。これを80%程使っているとのこと。醸す蔵は...ラベルでピンときた方もいるかと思いますが、そう、伊奈町のお隣の蓮田市にある、お酒好きなら知らない人はいない?神亀酒造です。

最初に出したのは「しぼりたて生酒(四合瓶300本)」。こんなマニアックなのはそうそう売れないだろうと余裕をかましていたら、5日くらいで完売。結局、1本も手に入れる事が出来ませんでした。あれから数ヶ月経った秋上がりの頃(10月10日)。今度は「純米酒(四合瓶700本」が販売となりました。やっぱり町民としては一度は飲んでおかねばね。ということで、販売初日に数本入手した次第です。

・・・

忠次と米は切っても切れない深い関係。当然、伊奈町における稲作も、忠次あってのものといっても言い過ぎではないはず。ゆえに、このお酒に「忠次」なる名を冠したのは、とても意味のある事だなぁと思います。加えて、神亀酒造に依頼したのも良かった。

興味をお持ちの方。伊奈町を訪れた際に、お土産にひとつ如何でしょうか?
もっとも、もう完売しているかもしれませんが。。。
(次のシーズンは1300本販売するそうです)


*伊奈忠次とは誰ぞや?*

・父は本能寺の変の際、家康を地元三河まで道案内をして無事逃がした
・息子(三河出身)は徳川家康と共に関東に
・家康と年が近いこともあって(7歳年下)可愛がられた
・以後、関東を任され徳川家康の片腕として活躍
・主に、荒川や利根川の改修をはじめとする治水・灌漑事業、新田開発、検地の実施

等々。

特に活躍したのは治水・灌漑事業(三河は治水・灌漑技術を得意としていた)。

当時、江戸は「水害」に困っていた。それは、大河川が複雑に入り組み、かつ、土地が低かった為、大雨が来る度、水害で多くの被害を受けていたから。そこで、治水の達人である「忠次」に白羽の矢が。すると忠次、抜本的解決法を進言します。

「じゃー、もう川を無くしちゃいましょ」。

で、忠次。プロジェクトを遂行する為、今の埼玉県は伊奈町に移り住むことになります。その後「繋がっていた江戸川と利根川を分離」「利根川と鬼怒川を合流」「暴れ河川の荒川をゆったり広い河川に」といったプロジェクトを遂行しました。この事業は息子にまで受け継がれ、60年後に見事完成。これにより、江戸は水害は激減。そして、水運が発展することになったとさ。

ま、ザックリ言うとこんな感じ。
[PR]
by taka-sare | 2013-10-14 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[10/1]

昨日は10月1日。

ということで、夜、妻と映画を見に行きました。
我が家が足を運ぶ映画館、毎月1日はオール千円なもんで。。。(^^;)

見に行ったのは「風立ちぬ」。
ぼちぼち、ほとぼりが冷めた頃かなと思って。
(感想はあるけれど、ここでは割愛)



e0011761_22595662.jpg
帰宅後、「日本酒の日」であると同時に「珈琲の日」でもあるので、お約束な感じの写真を一枚パチリ。

ちなみに。某運動会に持って行った般若湯はコレです。

気がつけば、残りあとわずか。
枯れ葉が落ち切る頃、きっとこのお酒も無くなる事でしょう。
いや、今はまだ秋。それも初秋(関東はね)。おそらくそれよりも前に...




[PR]
by taka-sare | 2013-10-02 00:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[いかめしい夕飯]

近頃ちょっと、燃え尽き症候群気味なワタクシ。。。

ということで、本日の夕飯はちょっと手抜きさせて頂きました。
(結局、作ったのは舞茸とネギの味噌汁のみ)

e0011761_2357270.jpg
説明いらずのコチラを食べ。


e0011761_23581394.jpg
そして、栃尾揚げ@豆撰を。


これらをアテに、ビールや龍勢のお燗をグビリ。ちなみに、栃尾揚げは「ひしほ@ヤマト醤油味噌」「平兵衛酢@日向農業協同組合」「生かんずり(吟醸六年仕込)@かんずり」を時にそれぞれで、時にブレンドして食べましたが、これがまた素晴らしかった。


e0011761_2359169.jpg
食後のデザートはコチラで。

ま、たまにはこういう日もいいかな。
[PR]
by taka-sare | 2013-09-15 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[ミサヤマデイズ 2013・初夏 〜ヒュッテ編〜]

語りたい事は山のようにあるのだけれど、文章ではとても言い表せませぬ。
ということで、今回は、ヒュッテでの様子をチョロっとだけご紹介。

皆様の感性で、行間を読み取って頂ければ幸いです。
(FBにはもう少し写真をアップします)


e0011761_23263527.jpg
第二の故郷になりつつあるヒュッテミサヤマ。最近は、やってきた!というよりも、帰ってきた!!という思いになります。


e0011761_2327364.jpg


e0011761_23285954.jpg
スリッパから布草履になっていました。小屋番時代、布草履にしたいなぁと思っていたので、いきなり嬉しくなる。


e0011761_23305872.jpg
スタンプラリー6湯制覇のご褒美手ぬぐい。を干すの図。


e0011761_2337313.jpg
他にお客がいなかったので、夜な夜な、キースジャレット・トリオをアテに燗酒(睡龍純米生もと20BY)を堪能。若き小屋番と共に。


e0011761_2332437.jpg
朝はテラスで珈琲。今回例のヤツを持っていきました。パッキングの邪魔にならないし、なにより道具いらずでなかなか良いです。ま、一番良いのは、何も持ちこまずヒュッテの珈琲を飲む事だけどね。


e0011761_0594340.jpg
ヒュッテでの時間は、カフェの営業が終わってからがまた良いのです。


e0011761_23313946.jpg
案内の看板を片付けに行く小屋番。


e0011761_23293730.jpg
夕刻前、雨音をBGMにビールを飲む。旧御射山神社を望みながら。トレッキング客がいなくなった静かな空間を独り占め。宿泊した者のみが味わう事が出来る至福の一時。


e0011761_23323238.jpg
山小屋にはカレーがよく似合う。


e0011761_23325375.jpg
かつてのオーナー所蔵のウン十年前の日記やらアルバムやら。小屋の宝物。


e0011761_23272275.jpg
日常では得られない時間。それが、ここヒュッテミサヤマにはある。

ちょっとの気の利いたおつまみと、お気に入りのアルコール。
あとはこの空間さえあれば、他には何もいらない。

静かに本を読むも良し。
その時々の自然を肌で感じるも良し。

散策ももちろん良い。素晴らしい。
でも、自分が一番求めているのは、ミサヤマでの時間なのかもしれない。
[PR]
by taka-sare | 2013-07-10 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[水曜日のネコ]

e0011761_2229287.jpg
ここのところ、軽井沢に足を運ぶ事が多いので、今宵はヤッホーブルーイングのビールをば。

ヤッホーブルーイングといえば「よなよなエール」ですが、ちょいと今は夜な夜な飲む状況ではないので、ならばと「心をゆるめるホワイトエール」というコピーに乗っかって、コチラを試してみることに。

ワタクシ、基本的にホワイトエールは飲まないんだけど、この日はなんか妙にフィット。コリアンダーシードとオレンジピールの塩梅がいいのか、予想に反し結構いけました。明日飲んだら感想が変わるかもしれないけれど、少なくともこの日はインドの青鬼ではなかったと思う。

今更だけど、気分や体調って大事な要素だよね。
[PR]
by taka-sare | 2013-04-10 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(4)

[年度末]

怒濤の出張ラッシュをこなしている内に、気がつけば年度末。
(直近では37日中、休み1日、というのも。これはさすがにコタエマシタ...)

寒く雪深い地から帰ってきたら、関東は驚く程のぽかぽか陽気。

よーし、今週末は桜の木の下で一献だなー。と思っていたら...

え?なに、この寒さ。。。
ビミョーに雨も降ってるし。。。

もう、しょぼぼんですわ(超晴れ男なのにぃ)。

ま、でも春を愛でるのに天候は関係ないか。
と気を取り直し、夕刻前、ちょろっと近所を散歩してきました。



e0011761_21532929.jpg
霧雨まじりの曇天。やはり人気無し。だからこその幽玄さ、か。



e0011761_931199.jpg




e0011761_21525545.jpg
ちょろっとだけ、傾けてきました。中身はベタに日置桜(生もと雄町)。


凛とした空気をアテに飲む酒は、お神酒の如し。
来年度に向け、気が改まりました。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-31 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[ジオングなグラス]

e0011761_9111928.jpg
久々に衝動買い。

このステムが無いタイプって、ワインを飲む上で問題はないの?

「あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ」

と、グラス職人から言われているとか言われていないとか。

...はい、言われていません(笑)
[PR]
by taka-sare | 2013-02-14 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[よい、ゆい]

巳年だからといって、うわばみと化している方はおりませんか?
そうです、そこの貴方です!(笑)

ちなみに、私はっていうと...自分で言うのもなんですが...これがですね、意外にもなかなか節度のある飲酒生活を送っておりますです。多分、普段通り、もしくはそれ以下、って感じじゃないかと。いやまぁ、友人と会った日は割と(かなり?)飲んじゃっていますけど...(^^;)

閑話休題。

2013、新春、自宅で飲んだ最初のお酒はコチラでした。

e0011761_1512216.jpg

今年は「結ぶ」という言葉がキーワードになるのではとの思いがあり。「結(ゆい)」沖縄だと「ゆいまーる」。そんな意味合いも含め。
[PR]
by taka-sare | 2013-01-06 00:00 | 雑感 | Comments(4)

[2013]

e0011761_0163491.jpg


昨年末より、食べて、飲んで、寝てを繰り返していたら、2013年も4日目となっていました。というわけで、遅ればせながら、新春のご挨拶をば。

あけましておめでとうございます。

実生活でお会いする方も、そうでない方も、本年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by taka-sare | 2013-01-05 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[かんろ]

e0011761_2371344.jpg
今日は二十四節気の甘露。ということで、ちょびっと残っていたコチラをグビリ。

え?カンロ違い?

ま、日本酒がますます美味しい季節になったということで。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-08 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)