タグ:旅 ( 79 ) タグの人気記事

[苦労猫ヤマトの宅急便]

昨夜、ワケあって、弾丸ドライブをしてきました。

e0011761_1857011.jpg

渋滞状況を確認。
お、計ったかのように渋滞が無い!
よし、順調に行けば目的地まで4時間くらいで着けそうだ。

唸るエンジン。
月夜のもと、フルスロットルで高速道路をかっ飛ばす(注:イメージ)。


e0011761_18571334.jpg

諏訪インター経由で目指すは霧ケ峰高原。車泣かせの心臓破りの坂を攻める。


e0011761_18572337.jpg

諏訪の町は20℃でした。す、涼しい。。。


e0011761_18573550.jpg

目的地近くで車を停め、秘密の?山道を歩き到着。
空気は既に秋。温度計を見ると...14℃。
自宅との気温差20℃。。。リアル霧ヶ峰の威力は絶大。

届け物を抱え山小屋に着くと、懐かしい顔、初めましての顔、色々な顔が出迎えてくれました。9ヶ月ぶりの再会に話は尽きませんでしたが、再訪を告げ小屋を後に。

満月直前の月明かりは、相変わらずの美しさでした。
次来る時はフリースが必要かもしれないなー。
[PR]
by taka-sare | 2011-08-14 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

[水海道散歩]

先日、出張で行った水海道。
ちょいと時間が出来たので、ぶらり散策。


e0011761_22145127.jpg

信号カラーの色使いと「ぴこぴこ」という響きがなんかいい。




e0011761_22154635.jpg

潰れたスナック?の店先に置き去りになっていたライオン。

そりゃー、熱いよなぁ。
しかし、そこは百獣の王。
酷暑の中でも決して気高さは忘れません。

見習おう...!?
[PR]
by taka-sare | 2011-07-17 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

[羊の国でアリンス]

小屋番業務が終わったので、ちょいと長野観光をしに行ってきました。

さて、何処へ行こうかね。
折角長野にいるなら彼処じゃない?

ということで、行ってきました。
彼処へ。



e0011761_1958431.jpg

サービスエリアで噂のコイツを食べてみました。
感想:屋台の焼きそばだ。




e0011761_19585448.jpg

一度本場で食べてみたかったのよね。
伊奈町民としては。羊肉喰らいとしては。




e0011761_19591098.jpg

ローメン(並)セットを頼んでみました。
セット内容は、ローメン、おでん、うしお煮(モツ煮)、汁、漬け物。

有名店だけあって、店内は大変賑わっておりました。肝心のローメンですが、マトン臭さは一切無くとても食べ易かったです。サイドのうしお煮と汁もナカナカ良かったです。



e0011761_2024685.jpg

町中に、こんなポスターが。



e0011761_19592312.jpg



e0011761_19594482.jpg



だそうです。
流石は羊の国でありんす。
[PR]
by taka-sare | 2010-11-04 20:29 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[信州ぶらり旅]

先日、急遽半休を頂きました。

例え半日だろうと、休みは嬉しいもの。
でも、所詮は半日。出来る事は限られてきます。

さて、どうしようかと暫し思案。

妻「霧ヶ峰で行ってない箇所をトレッキングでもする?」
私「それもいいけど、持病の腰痛が出始めているので無理は出来ないなぁ」

で、ボツ。

私「他に行きたい所は?」
妻「そうだなー、折角長野にいるなら上田に行きたい」

上田と言えば真田縁の地。俄歴女らしい選択。まぁ以前より言ってたことだしな、ということで上田行きが決定した次第(と書くとなんだか妻の意見を尊重した感じだが、実はワタシも隠れ歴史好きだったりする)。


<上田城址の感想>
・霧ヶ峰から思いの外近かった
・お守り販売しているブース近くから流れてくる演歌?はどうも・・・
・堀の一部(失念)がカットされている形状が興味深かった
・石垣が印象的
・ご利益絶大でもお守りは買えません。旧御射山神社のお膝元に住んでいるものですから

以上。

・・・

で、その後は下道で諏訪方面へ。。。
道中、小腹が減って来たので食事をすることに。


e0011761_19392082.jpg

信州と言ったら馬刺だよね。ウマー!



e0011761_1939398.jpg

信州と言ったら、信州ポークだよね。ブヒーー!!



e0011761_19395081.jpg

信州と言ったら...厚切りレバーだよね!?レバブロー効いた〜!!!



e0011761_19401171.jpg

たまには牛ロースの焼きしゃぶもいいもんだよね。モーたまらんーーーー!!



e0011761_19402894.jpg

この日一番沁みたのはこのホルモンでした。

ホルモンという言葉は,ギリシャ語のhormaein (興奮させるの意)に由来しますが、まさに大興奮のタカサレ。いや、マジで泣きました。俺に足りなかったのはこれだったんだと、店で何度も呟きながら。

・・・

その後、温泉に浸かり、山越えありの二時間超のドライブを経てヒュッテに帰還(で、この話に繋がる)。
[PR]
by taka-sare | 2010-10-07 20:15 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[近くて遠い八ヶ岳の裏へ]

昨年、友人と共にソバプロなるプロジェクトを立ち上げました(経緯などの詳細はリンク先のブログにて)。が。。。ご存知の通り、今年からワタシは山小屋のオヤジになる事になり。。。結果、プロジェクトに関われなくなりました。

まぁでもこれもまた人生だ。今はブログを見て楽しむとしよう。そんな風に割り切り、山小屋生活が始まってからは、アップされる記事を見て楽しんでいたのですが。。。やっぱり、現地に行かずして楽しむには限界があるわけで。

となれば答えは1つです。

そんなわけで某日、山小屋の喫茶営業が終わったあと、車をかっ飛ばし小海町へ行くことにしました。行くてを阻むようにそびえ立つ、あの八ヶ岳を越えて(所要時間、約2時間)。


e0011761_16131688.jpg

日が暮れる前になんとか麦畑に到着。おぉー、ここまで大きく育ったとは。鹿に喰われまくったあの日の事を思うと感慨深いですなぁ。


e0011761_16133112.jpg

おやかた曰く「後半まで喰われていたので、実が入るかどうかは微妙かも。。。」果たしてその結果如何に!?何れにせよ収穫が楽しみです。もし収穫出来たら、この麦を使ったパンを山小屋で提供してみたいものです。んで、八ヶ岳ネットワーク(仮称)なる繋がりを作っていけたらいいなぁ、と密かに。

・・・

夕闇が迫ってきたので、サクッと親方に挨拶を済ませた後、諏訪へ。

あぁ、帰りはまたあの麦草峠越えをせねばならないのか。。。行きは畑を見に行く目的があったけれど、帰りは。。。超長距離移動の出張から帰ってきた翌日だからか、モチベーションがいま一つなワタシ。あーもう、今日は小海に泊まって明日早くに帰ろうかなぁ。。。。でも、帰って珈琲を焙煎しなきゃいけないからなぁ。

んじゃあ仕方ない。時間はないけれど某所に寄って軽くドーピングをしていくか。というわけで、小海と言ったら!の某所へゴー。


e0011761_16135262.jpg

先ずは信州牛のレバーなんぞを喰らってみる。
疲れた身体に強烈すぎるレバーブローに暫し悶絶。
(写真がブレてるのはそのせい!?)


e0011761_1614856.jpg

次いで豚ロースなんぞを焼いてみる。
厚めにカットされた肉が口内でサクッと心地良くキレる。
追って脂の甘さジワジワリ。
やっぱり疲れた身体にはブタミンBだわね〜。


e0011761_16142386.jpg

この後、ホルモンパワーを大量に注入しようと思うも、これ以上注入するとアルコールをも注入したくなるのは火を見るよりも明らかだったので、石焼カレーで〆る事に。はー、帰ったらこの余韻をアテに呑もうっと。


店を後にした後は、八峰の湯でしっぽり。

忙しない数時間ではありましたが、いい気分転換になりました。
[PR]
by taka-sare | 2010-06-26 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(4)

[直球ど真ん中]

e0011761_10413962.jpg

彼の地から帰る道中、気になる食堂が目に入った。

その名は…

大衆食堂。

なんて分かりやすく潔いネーミングなんだろうか。

入り口に見えるレース?の暖簾?がまた何とも言えない味を醸し出していて素敵だ。

どれだけ大衆なる店なのか。

いつの日か確かめに行きたいものである。
[PR]
by taka-sare | 2010-06-13 10:41 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[点描、諏訪探訪]

今年から、信州は諏訪の町に深く関わる事に。
そこで、先日、友人を誘い諏訪の町探索に出かけました。
今回はその時の事をさらっとご紹介。

・・・

諏訪と言ったら諏訪大社でしょう(一度も訪れた事なし)。
ということで、先ずは上社へ。

e0011761_1431560.jpg

柄杓が金属製とは珍しいなと近づいてみると、口からお湯が。なるほどだからなのね。説明書きによると「明神湯」と言い、往古より諏訪明神ご愛用の温泉とされ、諏訪の温泉の基とも伝えられているそうな。


e0011761_1434361.jpg

敷地全体が飾った感じではなく、当時の雰囲気が垣間みられます。なので、絢爛豪華なものを期待していると肩すかしを食らうかもしれません。


e0011761_144048.jpg

あたかも像の足のよう。さすがに歴史があるだけあり、大木古木がそこかしこに。


e0011761_1441843.jpg

昼飯は、諏訪名物の「ハルピンラーメン」にて。ニンニクを寝かしに寝かしたというスープは思ったよりもスッキリ。派手さがない分、飽きがこなさそう。甘味のある感じ等、以前食したサンマー麺を思い起こさせるものがあります。


e0011761_1443589.jpg

午後は下社に足を運んでみました。上社は男性的、下社は女性的と言われますが、なんとなく分かるような気がします。社周りはこちらの方が整備されている印象(上社は大衆化されていないともいえる)。


e0011761_1445044.jpg

上諏訪の町から霧ケ峰高原内にある八島湿原へ。ほとんど雪がなく、湿原が凍っている以外は冬らしさを感じませんでした(特にこの日は好天に恵まれTシャツで活動できる程でした)。が、そうはいってもそこはさすがに標高1600m超の地。風が強い事もありちょっと寒い。

・・・

合間合間に主だった土産屋を冷やかしながら物色しながら、諏訪の町をザックリ巡る。
そのお陰で、なんとなく町の雰囲気や特色を把握出来ました。

諏訪は今年、7年に1度の御柱祭が催されます。
なので、かなり盛り上がっているんじゃないかと思っていたのですが。。。
予想に反し、町は静けさに包まれていました。
嵐の前の。。。というやつでしょうか。
いや、祭りは本来、外に向けるものではなくその地の為にあるもの。
多分そういうことなんだろなぁ。

・・・

日が暮れてきたので、夕飯を求めと贔屓の店へ(異市同県内)。


e0011761_145560.jpg

ファミリー用の盛り合わせ。レギュラーでこの内容。久々にサシの入った牛を喰らう。え?クドそう?私もそう思ったのですが、これが全く脂っぽくなくサラリ。食後、もたれは一切ありませんでした。


e0011761_1452021.jpg

厚切り馬刺。かなり旨い。ここまで厚切りな馬刺って食べた事がなかったけれど、なるほどって感じ。これはハマりますな。しかし凄い量だ(2人前)。と思っていたら「中途半端だったので、全部切っちゃいました」と店長。どうりで盛り沢山なわけだ〜。その店の名は「千曲屋(小海町)」と言います。どうぞよしなに。


e0011761_1453672.jpg

〆は石焼カレー。牛肉ゴロゴロ。散々食べた後だったけど、これが意外に食えてしまう。
いやー、しかしさすがに腹一杯だー。


...ん〜〜、全然点描じゃないな。
[PR]
by taka-sare | 2010-04-03 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(4)

[路面電車に思う]

e0011761_1252585.jpg

路面電車を見てローメンを思うお馬鹿もんが此処に一人。

いやローメンだから、お羊もんか?(笑)。
[PR]
by taka-sare | 2010-02-19 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[土曜のウチの日]

午前中に所用を済ませた後は、思いつくまま行動。

e0011761_1282330.jpg

家人の希望により、某蕎麦屋で「冷やし湯葉蕎麦2009」を食す。
試作品を含め、これまで色々と食べてきましたが...これ、かなり旨いっす。

・言うまでもないが揚げ湯葉が旨い
・湯葉と梅の相性はやはり素敵
・揚げ湯葉のクリスピーな食感がアクセントになっている
・揚げの風味が全体の風味に奥深さを与えている
・大葉と茗荷の存在はおまけではなく生きている
・色々な要素が盛りだくさん(一見混沌とした環境)なのに旨くバランスがとれている

ファーストインプレッションはこんなところでしょうか。揚げ湯葉が入った事で、グッとまとまりが生まれましたね。特筆すべきは、蕎麦が最後までダレないってところ。この2009版は、ある意味完成系と言ってもいいかもしれません。
ただし。呑めない時は頼むべからず。さもないと...旨さの他、かなりの苦痛を味わうことになります。見ての通り、色々な酒を呑むことを想定しているとしか思えない構成なので(この店、そんなのばっかり)。大体なんなのさ、この湯葉の多さは!(笑)。ちなみに、私は完全にモダエリスタと化していました。そう、呑めなかったのです。いやはや。


e0011761_12121660.jpg

その後、ふらりコチラへドライブ〜。すると目的地直前で。。。土日が提灯ナントカ祭りとのことで(エエカゲン)、蔵造りの通りは完全通行止めになっておりました(コインパーキングはそのエリア内にある)。そいつは知らんかった〜。いつも使う市役所駐車場も混んでいるようだったので、ならばと秘密の場所へスルスルリ〜。車を停め、蔵造りへと歩を進める。祭りに加え、連ドラ「つばさ」の舞台になっているので、かなりの混雑を覚悟しましたが...予想に反し蔵造りの通りは普段通り。


e0011761_1285130.jpg

普段は車の往来が激しいこの通り。ゆえに、こんなカットはなかなか撮れません。で一枚パチリ。目的の、キムチ、ベーグル、珈琲豆を入手すると逃げるようにこの地を後に。だってメチャクチャ暑い中、目の前の店でコエドビール(生?)が売られているんだもの。


e0011761_1211312.jpg

写真はカボチャベーグル。他2種購入。ベーグル先生のモノとの違いを確認。


e0011761_1293831.jpg

祭りと言えば一週間ちょい前の話になりますが、遂に我が住みし町の祭りに行きました。

え?遂に?

はい、実はこの地に越してきて9年になるのですが、何故かいつも出張が入ってしまい、これまで一度も行った事が無かったんです。なので、何だかとっても新鮮で。つい予定より多くビールを呑んでしまいました(言い訳)。ていうか。この辺り自体、駅の反対側にあることもあってか、じっくり歩いた事は一度もありませんでした。

wikipedeiaによると、そこそこの荷物を抱えて江戸・日本橋を出立した旅人が、およそ1日歩き通して日暮れどきを迎え、宿を求めるのがこの辺りだったのだとか。それもあってか、中山道六十九次の中で栄えていた宿場町と言われていたそうですが...今や当時の活気は見る影も無く。全国各地でよく目にする寂れた商店街と化しています。もう少し歴史を生かした町づくりにすればなぁと思いますが...住人の出入りが激しい現状では、地域愛が生まれにくいから難しいだろうなぁ。

そんな事を思いながら飲んだせいでしょうか。
この日飲んだビールは、何だかちょっと苦く感じられました・・・(!?)
[PR]
by taka-sare | 2009-07-26 16:36 | 雑感 | Comments(4)

[ココハドコ?]

タカサレ恒例、写真で語る「ココハドコ?」。
今回はこんな所に行っていましたが・・・
さて、ここは一体どの都道府県でしょう。
(三枚目以内に分かった方は達人です)

e0011761_1811556.jpg

何やら道路脇にポツンと・・・

君子じゃないので、当然近寄ってみる。




e0011761_1813865.jpg

で、購入してみる。

ちなみに、この正体は馬肉の煮込み。
おお、ヘモグロビンなる風味よ。



e0011761_181548.jpg
馬ホルの...なんてのもありました。

そう。こちらは馬肉の専門店でした。
販売しているのはこの2品のみ。
流石は馬食文化のある地。潔いメニューですなぁ。



e0011761_1821071.jpg

馬肉の他、当地ではこれもあちらこちらで見かけます。

食べ比べると製造元によって結構風味が異なって面白いんですよね。

珈琲に合います。





e0011761_1822629.jpg

この季節、当地を車で走ると必ず見かけます。
但しこの県でも、ごく局地でしか見られません。

通称「ババヘラ」。
その実態は「路上アイス屋」。といったところでしょうか。
味はイチゴとメロンの2種...と思いきや。
メニューは1つしかありません。
ゆえに「一つ下さい!」の言葉と同時に仕込みが始まります。


e0011761_182384.jpg
で、完成した品がコチラ。2種のアイスを旨く使った薔薇盛り。これは「ババ」のスキルによって出来映えが違うらしく。場合によっては、薔薇盛りにならないこともあるのだとか。味は昔懐かしの「アイシー(←知ってます?)」風。アイシー風なので、ご覧の通り暑いと直ぐに溶けてしまします。

→ 正解はこちら
[PR]
by taka-sare | 2009-07-19 19:03 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)