タグ:山小屋生活 ( 4 ) タグの人気記事

[鴨がパン背負ってやってきた]

今年は地味な食事に終止したジングルベルな夜。

え?クリスマスなのに?

はい...ここ数日旨い肉を食したことで、どうも気分的に満たされてしまったようで...(暫く禁欲生活が続いたせいか、なんだか最近旨いものにやられ易いんですよねぇ)。妻に聞くとやはり「肉はしばらくはいいなぁ〜」。そんなわけで、週末は巷の喧噪をよそに、刺身、お浸し、糠漬け等々、クリスマスからは程遠い食卓になったというわけです。まぁでも山にいた時、刺身が一番贅沢だったことを思うと、これはこれでハレな食事といえるかも。

・・・

まぁそうは言っても、少しくらいはそれっぽくしたい気持ちもナキニシモアラズなわけで。ということで、昨夜は冷蔵庫の中で静かに出番を待っていたコヤツにご登場願うことに。


e0011761_1125450.jpg
鴨スモーク@ペンション AtelieRさん。


アトリエさんとは、今年ヒュッテの小屋番をしている時に知り合いました(その辺りの経緯はアトリエさんのブログに紹介されています)。

<参照>
奥さまのブログ1奥さまのブログ2ご主人のブログ

・・・

引き出しが多く、気さくな人柄のご夫妻。そんなお二人と暖炉の前で酒を酌み交わしたらさぞかし楽しいだろうなぁ。そう思い、小屋閉め後、妻とアトリエさんに遊びに行こうと計画していたのですが。。。結局なんだかんだで都合がつかず断念。ならば食事だけでもと、今回、こちらで通販されているパンと鴨スモークを取り寄せた次第です。

ちなみに。アトリエさんには「クリスマスまでなんて待てんわ。酒のアテにするんで早よ(22日着で)頼むわぁ!!(イメージ)」と鼻息荒く(イメージ)注文していました。なのでアトリエさんがこのブログを読んだら「あれ?クリスマスに?」と思う事と思います。なので以下にその理由を記しておきます。

はい、本当は23日に堪能する予定でした。それに合わせてワインも用意してありました。ですが...当日、親戚に焼き肉をご馳走になり...その事で肉食欲が失せてしまい...(理由は上述の通り)。というわけで、結局、クリスマスに食べることになったというオチです。

・・・

e0011761_17179.jpg

カットするとロゼピンクなフランス鴨が登場。常温に馴染むまでもう少し我慢。
その間にエア鴨でお燗酒をグビリ。

e0011761_18948.jpg

今回は、添付のレシピにあったソースを作ってみました。

あ、そうそう。ライ麦のプチパンを頼んだら、オマケにと他に2種類のパンが入っていました。あー、なんて嬉しい心遣い。その気持ちが鴨の旨味と相まって沁みるのなんの。お陰で酒を飲み過ぎちゃいましたよ(言い訳)。

e0011761_174863.jpg

アトリエさん、ごちそうさまでした&ありがとうございました。
おかげ様で、とてもクリスマスっぽくなりました!(笑)
[PR]
by taka-sare | 2010-12-26 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[ヒートテックのCMに思う]

「霧の駅(近所)でユニクロ(ヒートテック)のCM撮影をやってるそうですよ」

山小屋生活中、同居していた若い衆にそう言われ柄にも無くミーハーしちゃった、とある秋の日。向かった現場には物々しい撮影用車両や大勢のスタッフが。その様子を「やっぱり業績がいいと違うのねぇ」と大人の(イヤラシイ?)視点で見たり「主役の役者は誰だ?」と子供の(ミーハー?)視点で見たり。

その際、偶々持っていた(隠し持っていた?)双眼鏡を駆使し、俳優を識別しようとするもメットを被っていて分からず。結局分からずじまいでその場を離れました。ま、その内CMで流れるだろうからその時でいいやと。ですが...お約束といいましょうか。その時の事をすっかり忘れていました。

・・・

ここのところ一気に寒くなったからでしょうか。先日ふとその事を思い出しまして。で、YouTubeで検索してみたところ...
おー、ありました、ありました。




あー、松田龍平だったのね。

松田氏はさておき。今年、ヒュッテを訪問してくれた方なら(特に車山から八島まで走った方なら)「あ、この道懐かしー」と思ったことでしょう。特に、両サイドがカラマツのストレートはヒュッテの近くですからねー。うーん、半年間良く通ったなー。

・・・

ヒートテックは確かに薄くて暖かいです。
特に懐が(アウトドアブランドのモノは良いお値段しますからね)。

でも...

いくら何でも、雪がちらつく霧ヶ峰でこの格好はちと無理があるのでは?
ていうか、それ以前に、雪が降る様な日にバイクは危険ですから。
ねぇ、ユニクロさん。

良い子の皆さんはどうぞ真似をなさらぬよう。
たとえヒートテックで暖かくなろうとも、確実に肝は冷やしますので。
[PR]
by taka-sare | 2010-12-21 00:00 | 雑感 | Comments(2)

[お客様に信州地物をご馳走になる]

先日、知人のSさん(お蕎麦屋じゃないよ)が友人を連れ宿泊に来てくれました。

このSさん。実は8月と9月にも宿泊して頂きまして。
ということは?
そう、今回で3度目の宿泊となるんです。
(同伴したご友人は8月に宿泊して頂きました)

いやー、もう感謝を表す言葉が見当たりませんです。はい。


e0011761_21454363.jpg

感謝の気持ちを込め、フォッカチャを2種(粉違い)作りました。
自作のトマトソースを添えて。
そして、珈琲2種もご馳走しました。

ところが。。。

少しはお返し出来たかな〜、と思ったのも束の間。
Sさん達からこれらのものを振る舞われてしまいました。


e0011761_2146645.jpg

信州産クロカワ(老茸)。食べ過ぎると尿が真っ黒になります。
苦味とコクがたまらない逸品。大人の味やねぇ。


e0011761_21455422.jpg

信州産マツタケ。今年は大豊作といわれていますが。。。
よもや山小屋で食べることが出来るとは。


e0011761_21453229.jpg

信州産きのこタップリのカボチャ宝刀、否、ほうとうまでご馳走になる。

いやしかし、信州にあるヒュッテの小屋番が東京の方から、信州産キノコをご馳走になるって。。。恐縮というかなんというか。いやはや。


e0011761_21451749.jpg

トドメは立石はRの水餃子。Sさんのご友人がわざわざ持ってきてくれました。
実はこのご友人、立石通でして(経緯を書くと長くなるのでこの場では割愛)。
店のラー油とパクチーを持ってくる辺りが流石です。。。(涙)

・・・

もてなすつもりが、逆にもてなされたこの夜。
縁に感謝したのは言うまでもありません。


<山小屋閉館まであと11日>
[PR]
by taka-sare | 2010-10-21 23:33 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[高地トレ、高地ダイエット]

1600m超の地に住むようになって早6ヶ月近くになりました。

1600mの地は平地に比べ酸素が4/5となるそうで。
普通に生活するだけでトレーニングになると言います。

「えー、ホントかよ?」

高橋尚子がトレーニング地として選んでいたボルダーならいざ知らず。
霧ヶ峰程度でそんなに効果が出るのかい?と、春先は正直半信半疑でした。

が。。。

5ヶ月経った今、その疑いはなくなりました。
そう、今ならハッキリ言えます。
高地トレーニングは効果が有りますよ、と。

例えば。

ワタクシ、当地に住むようになってから4ヶ月で6kg痩せました。

えー、山だから質素な食事なんでしょ?
いやいや、むしろ、下界にいた時よりもかなり食べています。
しなかった間食もしているし。
レトルト食品やカップ麺も結構食べているし。
酒も変わらず飲んでいるし(少し減ったかもしれないけど)。

昨年ビリーズブートキャンプやコアリズムを本気で三ヶ月やりましたが、その時ですらマイナス3kgが精一杯でした。なので、その効果たるや!ってなものんです。

6kgも痩せるとさすがに外見が変わるのか、久々に会う知人友人は皆「痩せたね」と言います。確かに、自分で見ても顎がシュッとしたのが分かります。ズボンもぶかぶかになり、ベルトの穴を1〜2つ程内側にしなければならなくなりました。

・・・

また、体重のみならず体力にも変化が。どうも酸素を効率よく使える身体になったらしく、以前に比べかなり息が切れなくなりました。

事実、昨日、用事があって地元に帰った際、1km強程の距離をちょっと早足で歩いてみたのですが、全く息が切れることがなく、恐い位スイスイ歩けてしまいました。なんか、排気量が変わったような、そんな感じです。

そんなわけですので、ダイエットをしたい方は是非、当地にお越し下さい。
効果の程は保証しますので。

但し、3ヶ月位は滞在してもらうことになりますが。。。
[PR]
by taka-sare | 2010-10-05 01:00 | スポーツ | Comments(0)