タグ:今日は何の日? ( 33 ) タグの人気記事

[日々是口実]

先日、結婚13周年を迎えました。

好日、ときたら...そう、口実です。というわけで、この日は、なんか旨いもんでも食べにいくか、と。ところが。あろうことか、その日は出張から帰宅する日になってしまいました。それも、そんなに早く帰る事が出来ないときたもんだ。

まー、そんなら今年は家で食べるとするか。

と、思ったけれど。一応、出張から帰る際、妻に電話。をしたら、どういうわけかラーメンでも食べる?みたいな流れになり。結局、この日の夜は、ラーメン屋で日本シリーズを見ながら、つけ麺で祝!となった次第であります。まぁ、こういうのもまた良し。


e0011761_2033938.jpg
この日は、妻が好きなつけ麺でお祝い!

・・・

でも、それもどうかね。ということで、後日、仕切り直しをば。
はい、口実、大事です。


e0011761_207118.jpg
そんなわけで、13周年記念その2はイタリアンのお店にて。たらふく食って、飲んで、お祝いとした次第。
[PR]
by taka-sare | 2013-11-05 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[10/1]

昨日は10月1日。

ということで、夜、妻と映画を見に行きました。
我が家が足を運ぶ映画館、毎月1日はオール千円なもんで。。。(^^;)

見に行ったのは「風立ちぬ」。
ぼちぼち、ほとぼりが冷めた頃かなと思って。
(感想はあるけれど、ここでは割愛)



e0011761_22595662.jpg
帰宅後、「日本酒の日」であると同時に「珈琲の日」でもあるので、お約束な感じの写真を一枚パチリ。

ちなみに。某運動会に持って行った般若湯はコレです。

気がつけば、残りあとわずか。
枯れ葉が落ち切る頃、きっとこのお酒も無くなる事でしょう。
いや、今はまだ秋。それも初秋(関東はね)。おそらくそれよりも前に...




[PR]
by taka-sare | 2013-10-02 00:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[五里霧中]

今日は肉の日、誕生日...というわけで、ワタクシ、本日、一つ歳を重ねました。


e0011761_2063775.jpg

そんなめでたい日?なのに、本日は一日雨、雨、雨。超晴れ男なのに。

厄年街道真っ只中の面目躍如ってこと?(笑)

おまけに濃霧ときたもんだ。

五里霧中な人生を象徴してるってこと?(苦笑)



e0011761_2063750.jpg

不惑の仲間入りをしてから一年。相変わらず惑いまくりの日々ですが、霧の中、夢中に歩むのもまた良し。

何はともあれ。

また一年、色々な経験を重ねられたのは何ともありがたいこと。

また一歩、踏み出そう。
[PR]
by taka-sare | 2013-05-29 00:00 | 雑感 | Comments(2)

[静かな夜]

前略(長いので前文はカットしちゃいました)。我が家は最近、イベントの時期は特に何もせず静かに過ごす事が多いです。でも...イベント好き、そして、飲み食い好きな私。となると、そうは言っても何かしたくなるわけで(笑)。

つーわけで、先のクリスマスイヴは、細やかながらハレな雰囲気を楽しむ事に。


e0011761_234037.jpg
我が家は人混みが苦手なので、世が賑わっている時は大抵は自宅で飲み食いしています。クリスマスイヴも例に漏れず。

何故か食べる機会を失っていた千曲屋ハンバーグがあったので、これは良い機会と冷凍庫からサルベージ。クリスマスバージョンにすべく、初挑戦の特製和風ソースを作成。焼きもこれまで以上に気合いを入れて。結果...激ウマ!いやホント、あまりの旨さに唸りっぱなしでした。自分で言うのもなんですが...千曲屋ビーフの旨味を存分に(お店以上に)引き出す事が出来たと思います。最高の焼き方とは?と、研究&イメトレしてきた甲斐があったなぁ(大げさ)。

ちなみに、先日紹介したドレッシングですが、ジャガイモに最高。


e0011761_23395028.jpg
デザートはパネトーネ@ノイエス(高校時代の同級生が営む店)。最初はシュトレンにしようかと思いましたが、今回は初モノにしてみました。


e0011761_2339414.jpg
これぞパネトーネという独特の風味!(いやそんなに知らないんですが)。この日は珈琲に合わせましたが、これは白ワインに合わせた方がよりいいかも。やっぱりイタリアワインがいいかなぁ。パネトーネはまだ若い感があるので、もう少し熟成させてから合わせてみようっと。

・・・

んー、傍観とか言いながら、結局はイベントに乗せられているような...(笑)


* 追記 *
年明け後、このパネトーネに白ワインを合わせてみたところ、素晴らしいマリアージュでした。これは癖になるかも。
[PR]
by taka-sare | 2012-12-26 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[終末?それとも?]

マヤ暦がどうのこうのと盛り上がっている(いないか...)今日この頃。皆さんは如何お過ごしでしょうか。

なんでも、いよいよX-DAYが!という段になって、計算ミスが見つかったとか、新たに計算して出た日が、古代エジプトの滅亡説がいう日と同じだったとか。

真実と思うか、マヤかしと思うか。それは、貴方次第ですが...

まぁフィールドワークをしている身としてはですね。日々どう転んでもおかしくない状況の連続なので、改めてそう言われてもなぁ〜、みたいな?

とりあえず、終末かどうかはさておき、週末であることは確かということで。

e0011761_2251596.jpg
(クリックすると大きくなります)

終われば始まる。始まれば終わる。その繰り返し。
ってことを、枯れ葉を見ながら思う、2012年12月21日。
[PR]
by taka-sare | 2012-12-22 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[かんろ]

e0011761_2371344.jpg
今日は二十四節気の甘露。ということで、ちょびっと残っていたコチラをグビリ。

え?カンロ違い?

ま、日本酒がますます美味しい季節になったということで。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-08 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[十五夜]

e0011761_083882.jpg
台風通過の最中(もなかじゃないよ)。
最後の最後で中秋の名月が顔を出しました。

強風の中、手持ちで撮ったので、ブレ等はご容赦あれ。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-01 00:10 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[3.11]

e0011761_1626115.jpg
3月某日。福島県某地にて。



年にいくつかある、決して忘れることのない特別な日。

その中には、当然のことながら、良き思い出として記憶に残っているものもあれば

悲しき思い出として残っている日もある。

昨年、3/11は後者となった。

どのように記憶されているか。それは、言うに及ばず...である。

・・・

この一年、実際に被災した方々に話を聞く機会が幾つかあった。彼らの思いは、こちらが思う以上に様々で、その都度、改めて色々と考えさせられたものだった。あれから一年。今日は、これまでの日々を思い返す日にしたいと思う。

e0011761_16231847.jpg
約一年後、仕事で福島某地を訪れた。写真は宿泊地から見た海。日は昇り、そして、落ちていく。何事も無かったかのように、淡々と。気がつくと目の前の景色が滲んでいた。

この日、朝日が昇った後ほどなくして地面が鳴り、そして大地が激しく縦に揺れた(茨城県沖で震度5弱の地震発生)。震災は過去のものではなく現在進行形。揺れの中、その思いを改めて強くした。
[PR]
by taka-sare | 2012-03-11 23:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

[雲があろうとも、雨が降ろうとも]

久しぶりに「今日は何の日」ネタで。

・・・

本日、11月11日は、いつの日にも増していろんな日になっているのだけど(
参照:過去記事)...その数多ある中に「中央自動車道開通(1982)」というものがあります。

中央自動車道。
んでもって、今日、といえば。
そう、私は昨年見た、あの満月を思わずにはいられません。



e0011761_22364612.jpg
ヒュッテみさやまでみた満月@下諏訪(2010)



バードウオッチングに使うスコープにコンデジをあてて撮っただけでこのクオリティー!この事実に改めて、1600m超の地の、そして、霧ヶ峰の空気の美しさに震える程に感動したのを、今でも昨日の事のよう覚えています。

月が怖いくらいに近く、そして、光が強く。今思えば、それは感動ではなく畏怖だったかもしれません。自然の中で何度か体験しましたが...あまりに美しいものは...自らの器に受け止めきれなくなると、畏を覚え、怖を覚えるものです。

・・・

日本全国、様々な素敵な月夜を見てきた私があえて言います。
この月夜を知らずして、日本人を語るなかれ!...と。

おいおい、ちょっと大げさも過ぎるんじゃ無いの〜〜?

いやいや、これはマジです。

氷点下になった晩秋の八島ヶ原湿原で見た満月の妖艶なる美しさ。
私は、あの体験を一生忘れる事はないでしょう。
(私の、感動の自然体験ベスト10に入ってます)



e0011761_2236243.jpg
満月前夜の月@自宅。


あの月ほど近くはありませんが、これはこれでとても美しき月夜でした。時に、下界の月夜は自然に溢れた環境でない月夜に劣るといったような声を聞く事がありますが...さに非ず。美しいものは、いかなる場面でも美しいものです。

自然溢るる場所で感動するのは当たり前。

これは体験談ですが...

東京で感動出来ないなら、自然溢れる場所に行っても本当の感動は得られません。返せば、本当の感動を知る人は、東京ででしか味わえない感動を覚えます。たとえ月が雲に隠れていても。その時、その様々な組み合わせが有ったからこそ得られる様々な事象。それらに感動を覚える自分でありたいと、この日に改めて思った月夜の晩。

...おっと。

今宵は酒の力もあってか、ちと語り過ぎましたな。
ま、そこは、満月の力ということでお許しあれ。
[PR]
by taka-sare | 2011-11-11 23:11 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[灯台下暗し!?]

先日、結婚9周年を迎えた。

私「どこかに食べにいく?」
妻「家でのんびりでいいのでは?」
私「これを機に、あのイタリアンに行ってみない?」
妻「あー、それもいいかもねー」
私「昨夜出かけたから今夜はゆっくりしたいね。じゃあランチでどう?」
妻「そうしよう」

そんな会話をしたのが、結婚記念日当日の昼前。はい、ユルでテケトーです。

ま、そんなわけで、以前から一度は行ってみようと話していた地元(正式には隣町)のイタリアンに足を運ぶ事に。ちなみに、この店は地元の人間にもあまり認知されていないのか、ネットで検索してもほとんど引っ掛かる事がありません(このネット全盛時代に)。もっとも、我が家もこの地に住んで9年になるけれど、その存在を知ったのはつい最近でしたけれど(それも名前だけ。店自体は見た事が無かった)。

店は駅から歩いて直ぐの場所にありました。が、生活動線から外れていました(モヤさまで言うところのモヤっているエリア)。どうりで気付かなかったわけだ、と2人で納得。

店内は飾り気の無いこじんまりとした空間。私は「いかにも!」な設え(分かりますかね?)は好みではないので、これは褒め言葉と捉えて頂ければ。初訪問だったので、先ずはちょいと時間をかけてメニューに目を通す。んー、あれもこれも食べてみたいなぁとかなり悩む。ま、近所なんだからまた来ればいいじゃん。そう自信を納得させ結局、パスタ1品、リゾット1品、前菜的なもの1品を頼む事にしました(妻の希望を優先)。


e0011761_223323.jpg

先ずは自家製ピクルスをば。妻はピクルス好き。


e0011761_2235150.jpg

ボロネーゼ(タリアテッレ)。


e0011761_22459.jpg

海鮮のウンチャラナンチャラ(失念)。


結果から言えば「良」。特にこの日の気分にリゾットはドンピシャでした。ともあれ妻が気に入ってくれたのが良かった。この感じからするときっと他の品も...と期待を膨らませながら店内に掲げられた黒板に目を向けると(ディナータイム用メニュー)...うわ、試してみたいものが目白押しじゃないですか(鹿のナンチャラとか臓物のウンチャラとかをアテにワインを飲みたい!)。店名を和訳すると「職人」。その名に偽り無しか!?それを確かめる為にも、こりゃー、一度夜に足を運ばなきゃいかんなぁ。てなわけで、お会計を済ませた後、店主に「美味しかったです。今度は夜に来ます」と宣言をして店をあとにした次第。
[PR]
by taka-sare | 2009-11-01 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)