<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

セミ、ファイナル

錦織圭、残念ながら決勝進出ならず!

という話ではない。


e0011761_13294173.jpg

今週の始め、我が家の網戸にアブラゼミがとまった。それから間も無くして、今までソヨリとも吹かなかった風が吹き始め、以降、35℃を切る日が増え始めた。

ここ数日は、今まで皆無に近かった夕立が。

e0011761_13341370.jpg

昨日の朝、ベランダに出ると、干からびたセミの姿があった。そう言えば、我が家の周りからアブラゼミの鳴き声が聞こえなくなった。

蝉、ファイナル…

表舞台に出るまでの時間。出てからの時間。そして、表舞台におけるその存在感。セミの生涯は、打ち上げ花火のそれによく似てにいるような気がする。

夏の終わり。

e0011761_13382326.jpg

我が家のAirMac Expressが、それに呼応するかのように、突如その生涯に幕を下ろした(涙)

秋の始まり。

ふと、涼しげな風が吹き込んだのは気のせいか。



[PR]
by taka-sare | 2015-08-16 13:25 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

今朝のBGM

e0011761_1255458.jpg


<DUO/SARA GAZAREK & JOSH NELSON>

GONTITIが進行を務めるラジオ番組(NHK-FM)「世界の音楽快適セレクション」。幅広い音楽ジャンル、テーマ、軽妙なトークが好きで時間があれば聴いている番組なのですが、先日、その中で流れた一曲に妙に心を奪われまして。間もなくして、こちらのCDを購入した次第。

ボーカルのSARA氏は、高い歌唱力を持つ正統派シンガー。というのが第一印象。

とかく正統派の歌の上手い人って、味が無い、面白みにかける、等と言われがち。まぁ分からなくも無い。個性がある方が分かりやすいしね。けれど、彼女はさにあらず。単なる歌の上手い人ではありませぬ。

上質で自然体な歌と、そこに、そっと寄り添うJOSH氏のピアノ。

それが故にか、すぅっと深く心に染み渡るんです。聴けば聴くほどに。

調べると、7月にcotton clubでライブをしていたんですねぇ。
うーん、生で体験したかったなー。

以下、SARA氏のコメント。

「テクニックはあくまで表現のためのツールとして使うだけ。ガードが高く、操作されているように思わせないような誠実な取り組み方をすれば、楽曲と観客の両方と良好な関係を気付くことが出来ると思ってるの」。

さもありなん。

そう言えば冒頭のセリフ、指揮者、ムラヴィンスキーも似たような事を言ってたな。


*おまけ*
またコレかけてるの?と妻に言われぬよう、ボチボチ程々にしようかなと思っていたら、早速今日・・・(笑)
[PR]
by taka-sare | 2015-08-13 12:21 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)