<   2014年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

幼きツバメに教わる

「キビーーッ、キビーーッて鳴く鳥は何ぃ〜?」

先日、若き友人T君(齢4歳)より、電話で質問を受けた。

聞いた瞬間「それはツバメだな!」と確信したけれど、電話相談のオジサン、声が聞こえたその時の状況を確認することに。うん、どうやら間違いないようだ。

・・・

時々、各方面から鳥に関する質問を頂戴する私。その中で多いのは「この声の主はなーに?」。確かに、鳥の声って、耳馴染まないと難しいですからねぇ(慣れても難しいやついるしね)。で、その質問に答えるべく、その時聴いた鳥の声真似をしてもらうわけですが。。。

猫八さんならともかく、いざ声真似をしようとしても、そう上手く出来るもんではありません。もし上手く出来たとしても、聴こえ方って人それぞれですからね(例えば「コケコッコー」と「クックドゥードゥルドゥー」のような差が出る事もあるわけで)。そんなわけで、声真似を聴いても「んん?」となる事も少なくありません(えっ、言い訳?)。

事実、霧ヶ峰の山小屋で管理人をやっていた頃、訪れたお客様に質問されることが何度かあったのですが、ビシッと答えられた事は多くありませんでした(^^;)

・・・

しかーし!
今回の若き友人の声真似は素晴らしかった。
それはもう、思わず唸ってしまった程に。

これまでの経験から、ツバメは「ツピーーッ」という鳴き真似が自然かと思っていたけれど、いざ声に出して見ると「キビーーッ」と表現した方が、より本物に近付くと言うか。雰囲気が出るんだなー、これが。特に、ちょっと遠くから聞こえてきた時なんかはね。うーん、先入観にとらわれない子供の、なんと感覚の鋭き事か。とても勉強になりました。

ちなみに。電話相談のオジサン。その日は何度も「キビーーッ!」と鳴き真似をしてみては、地味に感動していたのはここだけの秘密です(笑)





e0011761_17474407.jpg
幼きツバメ




e0011761_17475045.jpg
餌をねだる様子は、人も鳥もみな同じ





e0011761_17483745.jpg
親鳥は、ちょっと離れたところで様子見
ごめんなさい。すぐ立ち去りますー。




e0011761_20160321.jpg
この家庭は三兄弟みたい





e0011761_17484064.jpg
来る未来を見据える(?)



[PR]
by taka-sare | 2014-05-31 09:53 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

その正体は、若い〇〇〇

さて、先日アップした写真ですが。正面にまわって見ると。。。



e0011761_17473432.jpg
そう、その正体は、若きツバメでした



数日前のこと。こじんまりとした林の中から、幼きツバメのような声が聞こえてきたので、そちらの方へ歩いて行きました。で、声の辺りを見上げてみると。。。、うわっと、予想以上に近くにいるじゃないですか!




e0011761_17483593.jpg
もう一羽、巣立ち雛が近くにやってきました。全てがまだあどけなく。警戒心よりも好奇心の方が勝っている模様。




e0011761_17482303.jpg
と、突然1羽が急に忙しなく羽ばたき始める





e0011761_17482074.jpg
少し間を置いて、二羽が同じ方向を凝視





e0011761_17480376.jpg
シンクロ。て、ことは。。。




e0011761_17475701.jpg
大騒ぎ





e0011761_17475387.jpg
幼鳥のもとに親がやってきて餌を奥までグイッと。ここまで念入りにするのは、インコ等を飼っていた経験のある方なら分かるかと。そう、スポイトで餌をあげるあんな感じ。まぁでも、ただ見ているだけだとちょいと苦しくなるね(^^;)。

鳥達は、順々に巣立ちの季節がやってきています。



[PR]
by taka-sare | 2014-05-26 19:07 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

【予告編】明日はコヤツが主役です

e0011761_23512965.jpg
林の中で潜むコヤツの正体や如何に!?




[PR]
by taka-sare | 2014-05-24 23:52 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

履歴書用の写真を撮影してみた

何かと悪く言われてしまうカラス。でも、実際はなかなか愛いヤツなんですよねぇ。ってことで、イメージアップに繋がりそうな写真を撮影するべく、これまで何度かトライしてきたのですが。これがなかなか上手くいかないもんでして。

うーん、どうしたらいいんだろう。

ちょっと行き詰まり気味になっていた自分。ところが先日。「あ、この雰囲気ならいいかも!?」というシーンに遭遇しました。それがこれ。



e0011761_23440024.jpg
なんかブロマイドっぽい


ちょっと鷹のような雰囲気が無いわけでもなく。それでいて、なんだか可愛らしい。もし履歴書にこの写真が貼ってあったら、結構、好印象だと思うんだけど。。。どうでしょう?





e0011761_23441965.jpg
一方、印象が悪い例はコチラ。ていうか怖い、怖過ぎです(^^;)


カラスの濡れ羽色、なる言葉があります。確かに、濡れると一層、黒色の美しさが際立つと思います。が。これを見て思いました。カラスは濡れすぎない方がいいかなと(笑)。まぁ、そこは頭の良いカラスです。彼らの行水が短いのは、案外、それを考えての事なのかもしれません(笑)。



[PR]
by taka-sare | 2014-05-23 04:46 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

モノクロームエフェクト

e0011761_16193107.jpg

ピピンッという鳴き声と共に飛来したハクセキレイ。こちらの方へ歩を進め始めたので、いつもの同化の術(?)を使い、しばらく様子を見ることに。すると、456レンズの撮影最短距離辺りでスッと立ち止まり、コチラを凝視。

写真を撮るつもりは全く無かったのだけれども、あたかも「さぁ、撮っても良くてよ」と言わんばかりの様子だったので、ならばと、静かにカメラを構え、控えめにパチリとした次第。

いやしかし、品のある美しき立ち姿だったなー。

モノクロームの如きこの雰囲気が、より一層、美しさを際立たせていたのかもしれない。


[PR]
by taka-sare | 2014-05-20 21:17 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

尻尾きりとは

e0011761_23430810.jpg
ニホンカナヘビ(クリックすると拡大します)


その名の通り(?)日本固有種のコヤツ。トカゲっぽいですがトカゲにあらず(一般的には「トカゲ」で一纏めにされることしばし)。そんなニホンカナヘビですが、コヤツも「トカゲの尻尾切り」を行います。

そういえば、トカゲの尻尾切りという言葉。本家「トカゲ」は、まぁ生え変わるとは言え、自身の一部を切り捨てているんですよねぇ。一方、人間のお偉いさんはと言うと。。。我が身を切らず。

御仁達には、トカゲの爪の垢を煎じて飲んでもらいたいものであります。

[PR]
by taka-sare | 2014-05-19 06:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

影の薄い蝶

e0011761_08442904.jpg
(クリックすると拡大します)


もう、そういう時期になったんだなぁ、そう思うキッカケとなる生き物の一つがこれ、ウスバシロチョウ。相変わらずのステンドグラスっぷり。影は薄いも、存在感はなかなかのもんです。



[PR]
by taka-sare | 2014-05-17 08:38 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

恋の駆け引き

某日。ミッションを遂行する為、森の中に潜伏していると、普段聞く事の無いヤマガラの鳴き声が聞こえてきました。

んー、何やら甘ったるい感じの声だなぁ…と、声の方向を凝視したところ、いました!その声の主が。で、しばらく様子を見ていると。間もなくして、向かって右側の方から別個体がやってきました。



e0011761_00181480.jpg


e0011761_00182056.jpg
あ、虫をくわえている。ってことは、求愛給仕か!やはり、あの声はそういうことだったのね。




e0011761_00182437.jpg
左側の雌と思われる個体は、くちばしを開きながら、早く早く!と言わんばかりに身をプルプル震わせています。





e0011761_00182862.jpg
はい、あーーーん。




e0011761_00183213.jpg
で、あげると思いきや。。。いきなり飛去ってしまいました。おまけに、虫、落としているし。え、なに?これって焦らしプレイなの?それともまさか、直前で怖じけ付いた?

むぅー、鳥の世界も、恋の駆け引きは奥深いのかもしれません。
果たして、この後、この2羽は上手くいったのか?

ともあれ、残されたヤマガラの、呆気にとられた様な表情がとても印象的でした(笑)。




[PR]
by taka-sare | 2014-05-15 00:42 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

続:やっぱりルックスか。。。

この前話題にあげたシメ。その際、仲間のイカルは「可愛いと言われることもしばしば」と書きました。では、本人(本鳥)にご登場頂きますので、皆さん、ご自身の目で判断してみてください。


e0011761_23512110.jpg
やっぱりコッチの方が一般受けするよなぁ。



ちなみに。囀りが「キヨスク」と鳴く(聞きなせる)からキャラクターに使った、とはJR。うーん、まぁ分からなくはないけれど、自分の中では「KEY COFFEE」なんだよなぁ。

珈琲好きだからそう聞こえるんじゃない?

いえいえ。聞けばもう、そうとしか聞こえなくなりますので!


[PR]
by taka-sare | 2014-05-14 00:38 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

時には目先を変えて

時々、感覚を取り戻すため、鳥以外のものを観察、ないし、撮影してリフレッシュ。この日もまた。



e0011761_16594408.jpg
トォー キィー オォーーーーー!(古い?)





e0011761_17000089.jpg
スーパーシティ、ならぬ、ドバトが舞い上がる。





e0011761_17000454.jpg
スイッチ一つで真っ赤に燃え上がる(やけに近くまで来たなー)。






e0011761_17000804.jpg
おっ、もしや。。。と思って待ち構えると。。。






e0011761_17001755.jpg
キタ、顔文字!





e0011761_16595653.jpg
あ、手前に急降下するチョウゲンボウが!





e0011761_16594088.jpg
一瞬にして我に返る。リフレッシュ効果は大いにあった模様!(ホントか!?)





[PR]
by taka-sare | 2014-05-12 20:24 | 自然・季節に触れて | Comments(0)