<   2014年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

備えあれば憂いなし

e0011761_00083791.jpg
現在、主に使用しているザックの雨蓋の裏には、このような記載があります。いわゆるエマージェンシーコールやサインの出し方。もしもの時はコレを見て対応すればいいわけです。

でも、訓練なくして、緊急事態の時に冷静でいるのってなかなか難しいもの。なので、雨蓋を開ける時にはなるべく目を通すようにしています。ま、この知識は使わないに越した事は無いんですけどねー。





e0011761_00084892.jpg
おーい!

例えば、こんな感じでサインを出していたら緊急事態発生!助けが必要って訳です。






e0011761_14404364.jpg
ん?これは??

手を振ったり片手を下ろすと「N」と思われかねないので、サインは確実に!ちなみに、このカワウの場合、そっぽを向いているのでエマージェンシーではないと思われます・笑(なんかマタドールに見えなくも)。



[PR]
by taka-sare | 2014-04-30 14:46 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

やっぱりルックスか!?

ご存知かもしれませんが、シメという鳥がいます。コヤツがですね、見ての通り?の面構えゆえか、多くの方に「シメって人相(鳥相?)が悪いよねぇ~」「くちばしが凶悪そうだよね~」と言われます。よく見たら、愛らしいところもあるんだけどねー。

まぁ確かに、くちばしはペンチみたいで怖いのは否めない。

でも。。。一方、同じ仲間のイカルは可愛いと言われる事しばしば。ゆえにか、かつては、キオスクのシャッターに可愛く描かれた事もありました(実際のところは、鳴き声がキオスクと聞こえるから、との理由もあったみたい)。

やっぱり、ルックスは大事ってことか…

e0011761_22524210.jpg
んー、やっぱりコワイ顔だ(^^;)




[PR]
by taka-sare | 2014-04-25 06:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

日々是精進

行く先々でコチドリに出会す今日この頃。

あの元気溢れる鳴き声をあちこちで耳にすると、いよいよ初夏だなぁ〜と、自然と嬉しくなってしまう自分がいます。

そんなコチドリの姿を写真に残したく。何度も試みてはみるのですが...コチドリの飛翔スピードがこれが非常に速くてですね。そして急にコースを変えるもんで。これがなかなかハードルが高いんです(基本、手持ち撮影だし)。

・・・

でも、そうはいってもいられない時もあるわけで。なので、己の限界値を伸ばすべく、日々努力をしている次第です。例えばこの日も。。。




e0011761_19265409.jpg
コチドリがやってきましたー!(次に来そうなコースを先読みしつつ、状況に応じてシャッタースピードや露出を小刻合わせる)。




e0011761_19263481.jpg
で、直近に来た時にシューティング。今の自分にはこれが限界であります。




[PR]
by taka-sare | 2014-04-23 20:57 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

私が本家です

先日はニュウナイスズメを取り上げました。ときたら、本家?元祖?の「スズメ」を取り上げないわけにはいかないでしょー。ってことで、今回はスズメにご登場願うとしましょう。


e0011761_16175215.jpg
ニュウアルスズメ、もとい、スズメ。食事後だったようで、良く見るとお口が少々汚れています。

そうそう、いつも思うんだけど、スズメってモミアゲとあご髭があるように見えるよね。うーん、ソンブレロが似合いそうだ(笑)。なるほど、だからか。ニュウナイスズメが垢抜けたように見えるのは。




e0011761_16181411.jpg
こうやって斜め後ろから見れば、ニュウナイスズメに見えなくも…ないか(^^;)




e0011761_16243402.jpg
こちとら渋さで勝負よ・・・的な写真を一枚。ちょっとカッコイイかも。



[PR]
by taka-sare | 2014-04-21 18:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

チョメチョメ詣で

5週続いた某県詣ででしたが、昨夜で無事完走となりました。

某県にはちょくちょく行くけれど、こんなに連続でというのは初めて。
おかげで、冬から春へと移行する某県の自然を肌で感じられました。

いやー、色々大変だったけれど、これは良い経験だったなー。

そんな5週間であった事を書こうと何度か試みたのですが、あまりの多さに挫折しました(我ながらなんてテケトーな・・・)。そんなわけで、超抜粋で駆け足報告をば。さて某県とはどこか?前半で分かればかなりの通です!





e0011761_12185697.jpg
とある日、その1。

雪解けが一気に進み、山肌にエッジが見られるように。雲の様子からも、季節が狭間にあることを感じることが出来ます(写真はクリックすると拡大します)。






e0011761_15401535.jpg
とある日、その2。

海の向こうからPMナンチャラが大量に飛んできて間もない頃。こんなものがフワリフワリと飛んできました。良く見ると、日本のものではないような。。。先回りしたカラスが杉の上で猛烈に警戒していました。春だねぇ。





e0011761_15534793.jpg
とある日、その3。

雪解けが著しく進んだある日。予想に反しイヌワシが出現。驚いたのは私だけではなかったらしく、彼方此方からトビやカラスがスクランブル。画角内に収まりませんでしたが、他にもサシバやクマタカの姿も。合計5種(内、ワシタカは4種)の鳥が入り乱れ。あれは滅多に見られない物凄い光景だった。冷静に観察しましたが、内心は大興奮。

・・・

某県はラーメンでも有名な地。ということで。。。


e0011761_12202261.jpg
豚骨ラーメン




e0011761_12085680.jpg
中華そば。




e0011761_12111162.jpg
大油ラーメン




e0011761_12094405.jpg
アブラ過多ブラ。。。

古くは熱病や炎症を癒す為に唱えられてたという呪文である。おかげで、一度も体調を崩す事無く、無事5週間を過ごす事が出来ました。




e0011761_12144625.jpg
ご当地おやつをアテにご当地ビールなんて日も。





e0011761_12100707.jpg
what's NIIGATA

[PR]
by taka-sare | 2014-04-20 16:31 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

スズメはスズメでも

スズメ...のようだけどスズメではない、似て非なる声が聞こえたので、これはもしやと見上げると…



e0011761_2047137.jpg
おっ!やっぱりニュウナイスズメだ!



e0011761_2047925.jpg
いわゆるスズメとの違いは、上面の色と頬の黒い斑点。染めた?という位パッと見て分かるオレンジ色。そして、頬の斑点が無いのが特徴です。


ちなみに。「ニュウナイ」の由来は諸説ありますが、私が好きな説はコレ。

・鈴の穴・
 鈴の穴「ニュウ」が無いから、ニュウ無いスズメ。
 (顔の斑点を鈴の穴「にゅう」と見なして)
[PR]
by taka-sare | 2014-04-18 06:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

続:壊れかけのRadio

ひょんな事から我が家にやってきた、BOSEの「Wave Radio/CD」。

それからというものの、ラジオはBOSE君で聴くようになりました(CDは家にオーディオがあるので使わず)。が…暫くすると重低音が気になるように。

BOSEのこのシリーズは、小柄な筐体から迫力のある音を出すってのが売りの一つ。なので、まぁそんなもんなのかもしれません。それにしても、こんなにブーミーだったっかなぁ。

ともあれ、気になってトークや音楽に集中出来ないってのは困りもんです。そこで、音質改善を図るべく、BOSE君にちょっと手を加える事にしました。




e0011761_00240063.jpg
先ずはこんな感じにガバッと開けてみる。なんと、3本のネジを取るだけで内部にアクセスが出来てしまうというシンプルさ(潔さ)。簡単!そして感嘆!

ただ、前面(スピーカー部下辺り)にあるツメでガッチリ固定されているので、ちょっとしたコツと器具は必要です。もし無理して開けようものなら、まず間違いなく「壊れかけの」じゃなく「壊れた」Radioになります。なので、そこだけは要注意ということで。って、ま、普通は開けないか。




e0011761_00240764.jpg
このシリーズは、小さい筐体の中にパイプオルガンの如き共鳴管が仕込まれています。それがパワフルサウンドを生み出していると。であれば、ここを細工すれば重低音を抑えられるんじゃない?

ならばってことで、その共鳴管の出口にあたる部分(ペンチで指し示している穴)に、緩衝材(ウレタン)を適当に突っ込んでみることに。

さーて、音はどう変わったかな〜。

おー!!

緩衝材の効果は歴然で、気になっていたブーミーさはかなり解消されました。そのおかげか、予想以上に高音から中音域がクリアに聞こえるようになり、かなり聴きやすくなりました。良かった、これでラジオに集中出来るぞ。

細かく調整すれば、さらに良いバランスになるだろうな。でも、そこまでやるつもりはなし。ということで、改良はこれにて終了。

この機種をお持ちで重低音が気になる方は、試してみる価値はあると思います。但し、自分で開けちゃうと保証外になるので、その際は自己責任で。


[PR]
by taka-sare | 2014-04-16 06:00 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

壊れかけのRadio

先日、我が家に壊れかけのRadioがやってきた。正確に言うならば、壊れかけのWave Radio/CD、である。

かつて、姉夫妻の新居祝いにとプレゼントしたコヤツ。ここのところ調子が悪いとは聞いたけれど、先日、ついにCDが聴けなくなったとの連絡が。修理することも考えたらしいけれど、早急に必要だったので、これを機に新型に買い替えたとのことでした。

聞けば、ラジオは普通に聞けるとのこと。ならば...ってことで、前任者のコチラは我が家が引き取ることに。



e0011761_00235224.jpg
帰宅後、先ずは動作確認。なるほど、ラジオは問題なく聴ける。念のため、CDもチェック。キュルキュルキュル。。。あ、確かにデータを読み取らないね。この感じだと、CDプレーヤのピックアップが故障している可能性が高いかも。もしくは、駆動部の劣化とか?

何れにせよ、部分的な故障のようなので、修理に出せばすぐに直りそうだ。あぁでも、これってもう数世代も前の機種だから、場合によってはパーツが無いかもなー。まぁなにはともあれ、BOSEに送って見積もりを出してもらうとしよう。

そう思いながら、念のため、他のCDを入れてプレイボタンを押して見る。すると...

ピロピロピロピロピロ・・・♪♪

あれ?普通に読み取ってる...
じゃあ、もう1枚他のCDを...

ジャァーーッ ジャァーーンッ♪

んー、なんか、調子取り戻しちゃったみたい。

・・・

その後、極まれにエラーが出る事があったけれど、基本的には問題ナッシング。もしやこれって「BOSE丸儲け!」ってやつ?

お後がよろしいようで…(^^;)




[PR]
by taka-sare | 2014-04-14 00:00 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

雪国の春 

e0011761_12392065.jpg
雪解けが進む某地にて。谷の中の雪崩斜面に目をやると、カタクリがひっそりと咲いていました。大群生地も圧巻でいいけれど、こういうのもグッと来るものがあります。

開花期間が短いことから、別名「春の妖精」と呼ばれるカタクリ。さもありなんといったところか。




e0011761_12394044.jpg

地上から一転、上空をみやれば、そこには海を渡ってきたサシバの姿が。「ピックイー」という鳴き声を耳にすると、新年度の始まりを感じずにはいられません。



e0011761_12392944.jpg
雪がまだ残る某地ですが、いよいよ本格的に春が到来したようです。


[PR]
by taka-sare | 2014-04-12 13:11 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

花見でいっぱいいっぱい

日置桜で一杯やっていた夜。「満開の頃は終わってしまったけれど、やっぱり地元の桜は愛でておきたいなぁ」と、ふと思い立つ。

天気予報を見ると、翌朝は晴れの予報。ならば、早起きして朝焼けの頃の桜を見に行ってみるかな。えーっと、今時分だと日の出は5:30頃だから・・・もう数時間後には起きないとダメじゃん!

「まぁ来年もあるんだから、無理して行かなくてもいいんじゃない?」

ん? なんか、耳元でブラックスワンが囁いた様な...

誘惑に一瞬心が揺れるワタシ。でも、この日は「やっぱり見ておきたい!」という思いが勝りまして。結局、翌朝は地元の桜を見に行く事にしたのでした。

んー、自分って、こんなに頑張るヤツだったっけ?(笑)

・・・

日の出前に家を出発。チャリで目的地へと向かう。周囲はまだ暗かったので、日が差し込むまで、しばし野鳥の声を聞きながら待つことに。




e0011761_00101478.jpg
木々に朝日が差し込み始めるや、モノトーンだった景色が徐々に艶やかに。赤みがかったピンク色がとても印象的(以下、写真をクリックすると拡大します)。



e0011761_00441055.jpg
宴会中のカラス達。花びらを巻上げながら大騒ぎ。

「お客さーん、もうクローズですよーーー!」




e0011761_00382871.jpg
散歩をすることしばし。ようやく日が奥まで差し込むように。





e0011761_00381907.jpg
陽光に照らされた桜。色味がふんわり。空気が少し水分を含んでいるからか?




e0011761_00385601.jpg
だいぶ散ってしまったが、この雰囲気も嫌いではない。




e0011761_00383533.jpg
桜色に染まる地面。この頃ならではの光景。




e0011761_00381025.jpg
陽光が全ての桜に行き渡る。1日の始まり。





[PR]
by taka-sare | 2014-04-09 07:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)