<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

[UMA]

先日、とある筋から「地元の川にてカワウソ(らしき)生き物がいた」という情報を得る。

ニホンカワウソは2012年に絶滅指定された。なので、もしそれがカワウソであるとするならば。。。コツメカワウソ等、ペットのかご脱け(もしくは投棄)個体ってことになる、のかな。でも万が一、絶滅していなかったら。。。いやいや、それはちょっと考えにくいか。

何れにせよ、この目で確認もしていないのに最初から決めてかかるってのは、フィールドワーカーとしてはあってはならない姿勢だよね。ということで、その川の様子を確認がてら、ちょいとばかり調査することに。

で、肝心の結果ですが。。。残念ながら、その日はそれらしき生物に巡り会う事は出来ず、でした(まぁ、そう都合よく見つかるもんではないよね)。さて、その生き物の正体や如何に。正体を暴くその日まで、これから時々様子を見に行こうかと思います。


e0011761_01383070.jpg
この日目にしたのはカワウソ。。。ではなく、カワウ、でした。とりあえず、この日はお手上げってことで。




[PR]
by taka-sare | 2014-01-31 06:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[無口]

e0011761_08224841.jpg
秋が深まると響き渡る、モズの喧しい声。いわゆる「モズの高鳴き」だが、それも冬の到来を合図にすっかりトーンダウン。今なんかホント静かなもので、その様子を見る度に「冬なんだなぁ」と実感します。

さて、あと幾つ寝れば、無口なモズが饒舌な「百舌鳥」になるだろうか。




[PR]
by taka-sare | 2014-01-29 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[鷹の目]

先日、車で移動している時のこと。某一級河川を望むと、ん?河畔林に何か(大型の鳥)がとまっているような。

やや、もしや、と、車を止め双眼鏡でその辺りを凝視してみると。。。



e0011761_08220436.jpg
おー、やっぱりオジロワシだ!(クリックすると拡大します)




e0011761_00564834.jpg
気付かれた!

ま、ワシタカ類は1km先の小さな生物さえ見分けるそうだから、とっくにバレていたんだろうけどね。こちらの様子を窺っていたので、素知らぬ顔で他の場所を見たりして注意を反らす。警戒が緩んだので、しばし、観察を続けたのでした。




[PR]
by taka-sare | 2014-01-27 06:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[鵜の目]

e0011761_10050816.jpg
(写真をクリックすると少し大きくなります)



鵜と聞いて連想する言葉といえば「鵜の目鷹の目」。周知の通り、熱心に物を探す様、鋭い目つきを意味する。確かに、カワウが川面をじぃーーっと見つめる姿は良く目にするので、その言葉に偽り無しである(ちなみに、鵜飼に使用されるのはウミウ)。でも、鋭い目つきというのはちょっと。。。お世辞にも。。。ね。だって見ての通り、まん丸おめめで、むしろ愛嬌がある感じだもん。まぁ、エメラルドグリーンで綺麗ではあるんだけどね(フォローのつもり?)。

で、ちょっと調べてみたところ。鋭い目つきの意味に関しては、鷹にお任せってことのようです。やはりそうだよねぇ。



e0011761_10051944.jpg
カワウ「おーい、タカサレの言う事を鵜呑みにするなよ〜」

と、目の前を通り過ぎながら、言ったとか言わなかったとか。




[PR]
by taka-sare | 2014-01-25 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[音の記憶]

e0011761_10453280.jpg
Facebookにて、友人がスピーカーを別のものに付け替えたと知り、自分も久しぶりにスピーカーを交換。基本的に、人の影響は受けない質なんだけどねー。どういうわけか、今回はモロに受けちゃいました(^^;)

・・・

これまで付けていたのが左。友人から譲り受けた、スイスはAcustik-Lab社の「Bolero Piccolo」。で、今回付け替えたのが右側、イギリスはMONITOR AUDIO社の「MONITOR2」。ちなみに、右のスピーカーは結婚時に購入したものです。

思えば、本当はB&W社の「CDM1」を買うつもりだったんです。で、オーディオショップにてその旨を店員に伝えると、だったらこっちがオススメだよと。それがこのスピーカーでした。

当時、国内ではあまり知られていないメーカーだったので、持参したCD(6枚)をかけながら、アンプやプレーヤー、そしてスピーカーの組み合わせを変えて確認させて頂きました。確か2時間は居たんじゃないかなぁ。その中で、予算の範囲で一番しっくりきたのが、オススメされたコレだったと。

しかしまぁ、他にお客がいないのを確認しながらとはいえ、我ながらようやったもんだ。いやはや、若かったなぁ、自分。そして、店員もそうだけど...妻がよくもまぁ付合ってくれたもんだ。若かったなぁ、お互い…(笑)

・・・

さて、コヤツの音はどんなもんだったっけ、と、日頃聴くCDをかけてみる。

「おっ!そうそう、こんな音だった」

ここしばらく写真左のスピーカーを使っていたので、両者の音の違い、キャラクターの違いがハッキリ分かる!なるほどなるほど。一方で、「あれ、こんな風な音を出すんだっけ」とも。まぁ、あれから自分もスピーカーも年も重ねたからねー。聴こえ方が変わるのは当然と言えば当然か。そういう記憶のズレというか、感じ方の変化ってのは、スピーカーに限らず色々あるんだろうな。



e0011761_15262198.jpg

オーディオ屋で視聴した中で、一番長くかけていたCDがコチラ「the amazing bud powell 1」。今でも、冒頭の「ジャッジャー ジャッジャー ジャッジャッ ジャッジャッジャッ」のフレーズが流れるや、あの日の光景、空気がハッキリと思い起こされます。おそらく、妻に至っては、あの長かった時間までもが…(苦笑)。音が関わった時の記憶の鮮明さって、凄いよね。




[PR]
by taka-sare | 2014-01-24 06:00 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

[ちとおかし、の、その後]

先ずは、過去記事のコチラをご覧あれ。

あー、そんなのあったね〜、と思ったあなた。
ありがとうございます。相当のタカサレ通です。

・・・

あれからおよそ6年。
先日近くに来たので、どうなっているか見に行ってみました。







e0011761_13283691.jpg
んー、さらにキテル感じになっていますが、建物はまだそこにありました。防犯上、いや安全の為か、ガラスが新たに入っています。んん?張り紙が増えてるぞ。。。ならばと、例によってズームイン!




e0011761_13284841.jpg
文面が変わっていました。

もはや注意のレベルを超えたからなのか、以前文頭にあった「頭上注意」がありません。「時たま」の文言も無くなっているので、打率(?)がアップしたのもしれません。確かに、屋根を見ると、さもありなんって感じだもんねぇ。

それなのに下にはチャリンコが。。。こんな所に置いてあって大丈夫なのかしら?それもこんなにも沢山。あ、もしかしたら、近付かせない為の措置なのか!?いやでも、それにしては綺麗なチャリだよなぁ。

まさか外観はフェイクで、中は凄く綺麗とか?
だとしたら、斬新な泥棒対策だな〜(んなわけない)。




[PR]
by taka-sare | 2014-01-22 06:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[サンポマスター]

先の土曜日、所用があり某地へ。この地へ足を運ぶのは久しぶりだったので、ちょいとばかり周辺を散策する事に。


e0011761_11385422.jpg
相変わらずの人出。道路や建物が整備され以前より統一感が出ましたね。知らない店もあちこちに。




e0011761_11374480.jpg
用事を済ませた後は、減ったお腹を埋めるべくコチラに。初訪問。入ってすぐの所に駄菓子屋スペース。その奥にイートインスペースがあります。ワタシが入った時は先客が2名おりました(タクシーの運ちゃんと中年リーマン)。



e0011761_11373151.jpg
市村正親氏やウォーターボーイズを含む、地元民に愛されてきた焼きそば。食べ応えのある太麺にウスターの風味が効いてます。これぞB級グルメ。大会の為に新開発されたもの達とは一線を画すオーラを放っています。サイズは「中」「大」「特大」の三種類。スタートが中というのがステキング。



e0011761_11375672.jpg
食事を済ませた後は、ちょっくら歩いてコチラへ。家紋で分かる通り、徳川家に縁ある寺院です。煩悩に満ちあふれた心身を清くすべく、護摩修行をば。。。




e0011761_11370532.jpg
始まりは1200年以上前という。こちらは写真で良く目にする慈恵堂。



e0011761_11371865.jpg
結局、修行はせず。今「やっぱりね〜」と言ったそこのあなた。正解です!(笑)。やっぱり、誘惑多き中で断ち切れてこそ本物(修行)ですよね!(と、なんとなくソレらしい事を言って誤摩化してる?)厄除については、本厄の時に諏訪大社で厄払いをしてもらっているので、あまり多くを求めず、ってことで、手を合わせその場を後にしました。

ちなみに。こちら山門から出てすぐの所に日枝神社があるのですが、この周辺の空気の流れ、雰囲気が半端無かった!いや、パワースポットとか気とか、そういうのはよく分からないけれど...これぞ神域という感じで、明からに空気が違うんです。言うなれば、霧ヶ峰の八島湿原から旧御射山神社へ向かう途中で感じるあの雰囲気。

フィールドワークをしていると、時々、ココは他とは違うぞ!と感じる(場合によっては畏怖してしまう)場所があるのですが、まさにソレでした。

以前ヒュッテみさやまに宿泊された方(考古学を研究されている)が、古の神社仏閣がある場所は全て同じ条件を満たしている(意味がある)と仰っていましたが、きっとここもそうなんだろうな。思わぬ発見。やっぱり歩いてなんぼだなー。

・・・

とか言いつつ、循環バスに乗って元の場所へ戻るワタクシ(笑)。いや、一度乗ってみたかったんですよ、小江戸循環バスなるものに(ホントですって!)。で、知らなかったんですが、運転手さんが観光案内をしてくれるんですね〜。城下町ゆえのクランクや極細道を通りながら、ポイント毎に歴史やら何やらをレクチャー。これがなかなかに楽しかった。いつもは車で通過していた場所ゆえ、とても新鮮で見直す良い機会になりました。これ、一度ぐるっと一周してみても良いかも。

やっぱりバス乗ってなんぼだなー(笑)




e0011761_11403230.jpg
戻った後は、小腹が減ったので道草食って肉食って、の言葉に従い(?)久々にコチラに立寄り焼き鳥(カシラ肉ですがここらの地域ではそう呼びます)をば。あぁ、しかしこれを食べるのは一体いつ以来かしら。。。



e0011761_11384049.jpg
その後は、こんな所を視察をしたり。。。(一応、珈琲マスター?ですから)



e0011761_11390776.jpg
夕日に照らされた傘達に見とれたり。。。



e0011761_11394618.jpg
名所「スカラ座」の前を通ったり。。。



e0011761_11400003.jpg
で、上映内容やスケジュールをチェックしたり。。。(タイピスト見たいなぁ)



e0011761_11391900.jpg
帰宅前に、これまた久々のカフェに立ち寄ったり。。。



e0011761_23071794.jpg
珈琲ブレイク。あ、焙煎や淹れ方が変わったのかな?(特に焙煎の方)。以前より、スッキリテイストになっていました。

・・・

行き当たりばったりの町散歩でしたが、それでも発見あれこれ。やっぱりサンポはイイネ。





[PR]
by taka-sare | 2014-01-20 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

[むーん]

e0011761_23402301.jpg

今夜の満月は今年最小なんだそうな。ちなみに、昨年6/14のスーパームーンと比べると、14%程小さいんだとか。言われてみればちょっと小さいかも...(ホントか?)せめて、この前のスーパームーンの写真があれば比べられるんだけど...(多分、無い)。むーん。




[PR]
by taka-sare | 2014-01-16 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[ブラボー カルロス・クライバー]

e0011761_00273724.jpg

買ってしまいました。「クラシック プレミアム」。

これまで、このディアゴ系のヤツには手を出した事はありませんでした。この「クラシック プレミアム」の発売が始まると知った時も、買う気は毛頭ありませんでした。だって、クラシックのCD、バイナウしていないやつ、まだまだあるからね。それなのに。。。買ってしまいました。。。だって、一発目の特集がカルロス・クライバーなんだもん(学生時代、英語の先生にクライバーの存在を教えてもらい、以来、好きな指揮者の一人になったんです)。

・・・

CDに収録されている演奏は、名演誉れ高き「ベートーヴェン5&7」そして「J.シュトラウスのこうもり序曲」と豪華絢爛。さらに、CD自体が「SHM-CD(スーパー・ハイ・マテリアルCD技術)採用」と素材にも余念がありません。いやー、これで800円って、もうお買い得感ありすぎ!

5番は、かの有名なグラモフォンレーベルのヤツを持っているので、聴き比べしてみましたが、なるほど、一聴瞭然!透明感や音の広がりが明らかに違います。え?プラシーボ?いやいやホントなんです。多分。。。(個人的には、グラモフォンの音の感じも好きだけどね)。

3曲聴いてみて、この音質の恩恵を一番受けているのは、こうもり序曲かも...と感じました。これを聴くためだけでも、購入してもいいんじゃないかなーと。クライバーファンはもちろん、クラシック音楽に興味のある方にもオススメです。




[PR]
by taka-sare | 2014-01-14 06:00 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

[風の通り道]

昨日、ちょいとばかり雪がちらつくかも...なんて報じられていたので、ちょっといい感じの空模様になるかもな〜、なんて思っていたら。案の定、夕刻頃、なかなかに表情豊かな空模様になっていました。とりわけ南と北の空が印象的だったので、それぞれをパチリパチリ。



e0011761_07511432.jpg
こっちが南方向。


e0011761_07514477.jpg
で、こっちが北方向。


この空模様を見て、今日は東京方面では降るかもしれないけれどコッチは降らないな、と確信。

・・・

ちなみに、以前紹介したあの写真と概ね同じ場所から撮影したのですが、なにか気付きませんか?

え?北の空の晴れている所が似ているって?

そうなんです。荒れ模様の日はこのパターンが少なくないんです(ま、言う程、定点観察をしているわけじゃないですが)。ってことは...あの辺りが風の流れが変わるエリアなんだろうね。実際、埼玉には「吹上」という名の町があるのですが、ここが土地の上昇気流や東京湾から吹く海風、そして赤城おろしがぶつかるエリア(天気が変わりやすい)ということから、その名が付けられたと言われています。なので、そう外してはいないんじゃないかなぁと。

東京ウォールや気温の変化等、昔とは条件が変わってきているので、当然「吹上」の地名が付けられた頃とは、境界線…すなわち風のぶつかる場所は変わっているんだろうね。これから、ここからの写真を撮り続ければ、その辺りの変化が分かって面白いかも。



[PR]
by taka-sare | 2014-01-10 06:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)