<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

[時代]

先日、都内某所にて若き友人とデート。なかなか無い機会だったので、散歩がてら近隣にあるカフェを巡ることに。いやそれにしても、カフェ巡りなんていつ以来だろうか。



e0011761_01245904.jpg
一件目に選んだのは、この日一番の目的であった、言わずと知れた有名店。割と最近になって今年で閉店と知ってですね。これは、なんとしても足を運ばねばと思ってたんです。店に着くと、別れを惜しむ(ほとんどがそうだと思われる)お客で一杯。運良く席が空いていたので、静かに席におさまりました。

マスター、お客、時代。それらの歴史が積み重ねられ、熟成され、醸し出される、この店にならではの雰囲気、空気感。扉を開けた瞬間、異世界に足を運んだかの様な、扉が閉まると、外界(表参道の喧噪)から切り離されたかのような、この感覚。

この類いの店は、強制されなくとも自ずと言葉は少なくなる。目はマスターの手元へ、耳は静かに流れるBGMや、ソーサーにスプーンが乗せられる時に出るカチャっとした音へ。ほの暗い店内がそう思わせるのだろうか。大倉陶園製カップが、艶かしい美しさを放っている。これらが全て合わさって、この店の珈琲の味となっているんだろう。

若き日に感じた、喫茶店を訪れる人ってのは、珈琲のみならず、きっとこの感覚を味わいにきているのだろうな、という思い。それを明確に思い出すひと時でした。

近年、品質の高い珈琲を提供する店は増えました。が、この感覚を味わえるお店は減っている。それは、時代故、なのか。それとも。

若き友人が生まれる前にオープンしたこのお店。
果たして、その目には、その肌には、どう映ったのか、どう感じたのか。

・・・

滞在中も次から次へとお客が訪れていたので、頃合いを見て店を後にし次のお店へ。


e0011761_01251327.jpg
ちょっと迷い道くねくね、の後、ようやく見つけましたこのお店。メインストリートからちょっと引っ込んだところにあるココは、今も大家が住む古民家。その1階部分を貸して頂いているのだとか。目立つ看板もなく、店に入るには小さな中庭を通る必要がある。なるほど、そのこころはきっと…若きマスターにその辺りをちょっと聞いてみたところ、やはりの回答。店内はシンプルかつモダン。でも和のテイストを邪魔していない、過去と現在を上手く融合させた、といった感じ。

お客様との会話を大事にしていきたいというマスター。気さくに色々な話をしてくれ、楽しい時間を過ごす事が出来ました。ちょいと茶の世界の雰囲気もあり、大坊さんからの余韻を壊す事なく。テイクアウト専門の店ですが、ゆったり。


e0011761_01254331.jpg
珈琲はエスプレッソがメイン。マシンはチンバリです。この日は寒かったので、カプチーノをドッピオで。風味は、島根でいえば、VITAではなくROSSOの方向性です。

・・・

この後、ハンターな店に足を運んで、この日のカフェ巡りは〆。こちらはまさに「今」を代表するお店でした。注文したグァテマラのパカマラN、冷めた時の甘さが印象的。美味しかったです。

今回訪れた店は全てが三者三様。色々な時代が垣間みられて、とても面白かった。
友人は、珈琲三昧で大変だったかもしれないけれど(笑)

ま、でも、そんな時代があったねと、いつか話せる日がくるよ。
笑いながら。きっと。



[PR]
by taka-sare | 2013-12-29 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[くりぷれ]

ここのところ、旨いラーメンを食べたり、カフェ巡りをしたり、ウィーン菓子のお店で飲食しながらライブを楽しんだり、東京ドームで夢を見たりと、一人満喫しているワタクシ。なんか、自分だけ楽しんで申し訳ないなーと思い。妻にもちぃとは良い思いをしてもらいたく、秘密裏にドライエージドビーフを取り寄せました。

で、クリスマスの翌日(天の邪鬼じゃけん)夕飯に気合いを入れて焼きました。


e0011761_23132648.jpg
勝負の時に使う鉄フライパン(3.2mm厚)で、カツンと焼いた後、低温に保ったオーブンで寝かせる事しばし。



e0011761_23164457.jpg
でけた!自分を褒めるのは主義ではないのだけれど、これはホント、パーフェクトに近しい出来。肉焼きを研究してきた甲斐があった。付け合わせはカリフラワーのマッシュポテト。いや、マジで旨過ぎ。妻からも、今年のベスト3に入るとの評価を頂きました。やったぜ。



e0011761_23130034.jpg
合わせた酒、その壱。LAGUNITASのIPA。



e0011761_23131323.jpg
合わせた酒、その弐。三井の寿のイタリアンラベル。珍しく、クリスマスっぽさを演出してみました。


e0011761_23371279.jpg
デザートはノイエスのシュトレン。かつて食したビゴのそれは、旨いは旨いんだけど風味がリッチ過ぎて沢山は食べられなかった(やっぱフランス菓子になっちゃうんだろうね)。けれど、これはバランスが素晴らしく全然食べ飽きない。珈琲を合わせたけれど、白ワインでもいいかも。さすがは、オーストリア&ドイツで修行したシェフの店、といったところか。素晴らしいです。




[PR]
by taka-sare | 2013-12-27 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[大きな卵を味わう]

e0011761_23391267.jpg
2013年12月24日の夜。生まれて初めて行った東京ドーム。



e0011761_23392235.jpg
アーティスト達の憧・夢である東京ドームは、この日、Dream Landと化していました。



[PR]
by taka-sare | 2013-12-26 00:00 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

[ミスター・ロボット]

e0011761_18231997.jpg
トンネルの前にある案内板。いつ見てもロボットにしか見えないんだよなぁ@岩手県某地。

今度、この地を訪れるのはいつになるだろうか。

Domo arigato, Mr. Roboto
Mata au hi made

・・・

The problem's plain to see
Too much technology
Machines to save our lives
Machines dehumanize

問題は明確になった
テクノロジー過多なんだ
機械はボクらの暮らしを守ってくれるけど
機械は人間性を失わせてしまった

・・・

今の時代に聴くと、深いなぁ。





[PR]
by taka-sare | 2013-12-22 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

[相棒 〜シーズン16〜]

e0011761_08224717.jpg

SORELのスノーブーツ。カリブー。
雪中でフィールドワークを行う上で、頼りになる足下の相棒。

この相棒との付き合いは、もうかれこれ15〜6年になるか。

四季を問わず、自分の使用環境はかなり特殊でハード。なので、頑強なアウトドアグッズと言えど、数年で使い物にならなく事が少なくない。しかし、このスノーブーツはいまだ現役。強く、そして優しい(懐に)ヤツである。

さすがにインナー(指先や踵辺り)はヘタってきたので、今シーズンは交換しようかな。でも、品薄でなかなか入手出来ないんだよねぇ。靴そのものは、スノーシールとかでケアをしていけば、まだしばらく良好な関係を続けていけそうだ。使いはじめの頃、手入れを怠ってさえいなければ、もっと長持ちしたろうな。




[PR]
by taka-sare | 2013-12-20 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[巨星がまた一つ]

ジャズ・ギタリスト巨匠、ジム・ホールが83歳で死去(TOWER RECORDS ONLINE)

来年、年明け早々に、ブルーノート東京にて、ロン・カーターと共に出演が決まっていたんですね。名盤の誉れ高い「Alone Together」の2人の出演とあって、楽しみにしていた方も多かっただろうな。

e0011761_23123340.jpg

今宵は、追悼の意を込めジムのCDを聴こう…そう思い手にしたのはコチラ。パットメセニーとのDUOアルバム、その名もの「JIM HALL & PAT METHENY」。ってまぁ、あたかもセレクトしたかのような言い回しですが...実はワタクシ、ジムホールのCDはこれしか持っていないんです(^^;)

あこがれの大先輩と演奏するパットメセニー。さぞかし嬉しく楽しかったに違いない。しかし、新旧の名ギタリストの共演は、基本、静かに進んで行きます。これを「淡々とした単調な演奏」と感じるか「渋く味わい深い演奏」と感じるかは聴き手次第。僕はと言うと、正直なところ、若い頃はそれほどでもなかったんだけれど、ここ最近はちょっと印象が変わった(後者寄り)...そんな気がします。

しょっちゅうは聴かないけれど、時々、思い出したかのように手に取っている。このアルバムはそんな存在です。手に取る時は大抵、時刻は22〜23時頃。そして、ちょっと度数の高めなアルコールを欲している。アンプのボリュームは絞り気味。後は、ゆるり、音楽と酒に身を預ける。そして、今宵もまた。。。

・・・

アルバムを聴いた後は、70年代に残した彼の代表的なこの1曲をば。実はこれまで通しで聴いた事がなかったんですよね。ということで、これを機に。ご冥福をお祈り致します。









[PR]
by taka-sare | 2013-12-11 00:00 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

[近付き、遠さを知る]

e0011761_15571222.jpg
久しぶりに達人とフィールドワーク。

駆出しの頃、頂の高さどころか、頂がどこにあるのか皆目見当がつかなかった。あれから17年。経験を積み重ね、割といい線まで来たと自負出来るようになった。

今回、達人と共に歩き、その感覚は勘違いではないということが分かった。同時に、その頂がどの位の距離にあるのかも。

とりあえず、長い緩斜面は走破し終えたってところかなぁ。




[PR]
by taka-sare | 2013-12-05 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[海を見て、山を知る]

海(特に湾において)は、周囲にある様々な「今」を映し出すディスプレイだ。

と、先日、思う。


e0011761_23461864.jpg


e0011761_23553717.jpg
空を映し、陸の植生を映し、海中海底の様子を映し。そして、海上を通る風の流れや潮の流れをも映し出す。その描き映し出す様は実に多彩。一つとして同じものは無い。


e0011761_23452215.jpg


e0011761_23454036.jpg
そんな刻一刻と変化する海の色や様子を見ていると、次第に、その周辺の自然環境が、今どのような状態にあるのか、あまり意識をせずとも、窺い知ることが出来るようになってくる(ような気になっているだけかもしれないけど)。経験を重ねていけば、山を見ずとも、近くの山でお目当ての鳥が、どのタイミングで、どの場所を飛ぶのか、ということも予測することだって可能となる。

…って、さすがにそれは言い過ぎかな。

いや、でも、言い過ぎってこともないか。(どっちやねん!)

何れにせよ、海は様々な情報を携えており、耳を傾ける者には雄弁に語りかけてくれる存在なのは確かである。

e0011761_20430048.jpg


[PR]
by taka-sare | 2013-12-01 15:56 | 自然・季節に触れて | Comments(0)