<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

[五里霧中]

今日は肉の日、誕生日...というわけで、ワタクシ、本日、一つ歳を重ねました。


e0011761_2063775.jpg

そんなめでたい日?なのに、本日は一日雨、雨、雨。超晴れ男なのに。

厄年街道真っ只中の面目躍如ってこと?(笑)

おまけに濃霧ときたもんだ。

五里霧中な人生を象徴してるってこと?(苦笑)



e0011761_2063750.jpg

不惑の仲間入りをしてから一年。相変わらず惑いまくりの日々ですが、霧の中、夢中に歩むのもまた良し。

何はともあれ。

また一年、色々な経験を重ねられたのは何ともありがたいこと。

また一歩、踏み出そう。
[PR]
by taka-sare | 2013-05-29 00:00 | 雑感 | Comments(2)

[エンレイソウ]

e0011761_11503090.jpg
(クリックすると大きくなります)

薄暗い林内に一筋、二筋の光が差し込む。その光の先にめをやると、花を咲かせたオオバナノエンレイソウ(多分)が。

中国では古くから薬草(胃腸薬等)として使われているらしく、延齢草根と呼ばれるそうな。この和名はそこからそのまま使われたというわけ。

じゃあ、気分が悪いときはエンレイソウを飲めば...と思いきや、エンレイソウには有毒成分が含まれているんだと。過度に服用すると中毒症状を引き起こすので、安易に手を出さない方が懸命。ま、薬と毒は紙一重だからね。使い方で延齢にも縮齢にもなるってことですな。

ちなみに、エンレイソウは花を咲かすまで少なくとも10年はかかり、寿命に至っては30~50年だっていうんだから、この「延齢」という名は、エンレイソウ自身の事を言っているように思えてなりません。
[PR]
by taka-sare | 2013-05-26 12:30 | Comments(2)

[木々怪々]

e0011761_1830198.jpg

伐採に次ぐ伐採に対し、樹木達が遂に反乱を起こす!?
[PR]
by taka-sare | 2013-05-23 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[夏日にお花見]

e0011761_16122843.jpg
忙しく時間がとれず...な日々を過ごしている中で出会ったのが、この光景。

特になんて事は無いシーンなんだけれど。

なんだかとても心に沁みて、しばしその場で花見をしてしまいました。
[PR]
by taka-sare | 2013-05-19 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[不景気知らず]

e0011761_16204329.jpg
鳥の世界は、クロジ(写真)は有れど、アカジ無し。

アヤカリタイものである。
[PR]
by taka-sare | 2013-05-11 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[最後の一葉、ならぬ]

e0011761_23324522.jpg
疲れはあるけれど、この種が飛び去るまでは頑張ろう。
[PR]
by taka-sare | 2013-05-09 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[お米の友]

妻は酒を飲まない。しかし、酒の肴は好んで食べる(事が多い)。例えば、塩辛などは好物中の好物。でもって、大のごはん好きときてるもんだから、一切れ二切れで一膳ペロリ。もしも酒飲みだったら...まぁ間違いなく一合なんて瞬殺だろう。(ザックリ言えば)液体か固体かの違いだからね。ちなみにワタクシは、米は液体、個体、どちらもイケル口。故に、塩辛と米を食しながら酒を飲む事も。

閑話休題。

そんなわけで(?)先日、塩辛が有名な地へ出張だったので、家に連れ帰りました。



e0011761_22272092.jpg
選んだのは、クライアントに薦められたコチラ。後から知ったのですが、ほぼ日で取り上げられていたのですね〜(詳細はコチラ)。



e0011761_22272965.jpg
そしてもう一種類。珍しく添加物を全く使ってないヤツを目にしたので。



e0011761_2227883.jpg
となれば、酒同様、米もそれなりのものを持って迎え撃たねばなりません。これがうまいことに、魚沼から連れ帰ってきたコヤツがあったのですなぁ。究極と言われる特Aランクをさらに上回る、門外不出?のSランク。もちろん、鍋で炊きましたとも。



e0011761_22265011.jpg
とある日の朝食風景。もう他に何もいりません。

ごちそうさまでした。
[PR]
by taka-sare | 2013-05-08 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[以心伝心]

先月末だったか。出張先から帰ると、珍しいことに妻が私にお土産があると言うではないですか。珍しいことに(あ、言葉に出しちゃった...)。

えー、中身は何だろう?と、手渡された袋を開けてみると。。。




e0011761_1713995.jpg

うおぉーーーっ!!マジで!?


思わず絶叫する私。そのリアクションに「えっ!?なに!?」と驚く妻。

なんでそんなに驚いたかと言うと。実はちょうどその前日辺りにネットでコレを見つけてですね。家に帰ったら「こんなのあるんだよ〜」って得意げに話をふるつもりだったんです。その矢先のまさかのカウンターパンチだったので、思わずビックリしてしまったというわけ。結構マニアックな品だしね〜。

んー、改めて書いてみると他愛の無い話だ(苦笑)

いやーしかし、実に絶妙なタイミングでした。
今度出張から帰ってきた時には、アレとかアレなんかがあったらいいなぁ...(笑)

・・・

あ、そうそう。これは「growerscup(グロワーズカップ)」って言います。ザックリ説明すると、ドリップバックの特殊バージョンといった感じかな(詳しくはWEBで)。1袋で2〜3杯分出来ます。豆のグレードは3種類。まだ1種類しか試していませんが、風味は結構本格的です。



e0011761_17125310.jpg
ご覧の通り薄っぺらなのでザックの中に入れても場所とらず。アウトドアシーンで珈琲は飲みたいけど道具は減らしたい、という時に使うと良いかも。

カップに注ぐ際、液体がこぼれやすい(というか結構飛び散る)のが難点といえば難点。まぁこれはコツを掴めば何とかなりそうだけど、ちょっと練習は必要そう。それも含めて、野外での利用がベターかなと。
[PR]
by taka-sare | 2013-05-03 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[まえとうしろ]

地元での夕暮れ時。の、正面と背後の風景(以下、クリックすると大きくなります)。


e0011761_13313298.jpg
うしろ。暮れる直前の夕日に照らされ、真っ赤に染まる高架橋。



e0011761_13533360.jpg
まえ。橋が真っ赤に染まったのは、地平線のみ雲がかかっていなかったからこそ。

マジックアワー直前に見られる色合いの変化は、ホント面白い。
[PR]
by taka-sare | 2013-05-01 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)