<   2013年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

[年度末]

怒濤の出張ラッシュをこなしている内に、気がつけば年度末。
(直近では37日中、休み1日、というのも。これはさすがにコタエマシタ...)

寒く雪深い地から帰ってきたら、関東は驚く程のぽかぽか陽気。

よーし、今週末は桜の木の下で一献だなー。と思っていたら...

え?なに、この寒さ。。。
ビミョーに雨も降ってるし。。。

もう、しょぼぼんですわ(超晴れ男なのにぃ)。

ま、でも春を愛でるのに天候は関係ないか。
と気を取り直し、夕刻前、ちょろっと近所を散歩してきました。



e0011761_21532929.jpg
霧雨まじりの曇天。やはり人気無し。だからこその幽玄さ、か。



e0011761_931199.jpg




e0011761_21525545.jpg
ちょろっとだけ、傾けてきました。中身はベタに日置桜(生もと雄町)。


凛とした空気をアテに飲む酒は、お神酒の如し。
来年度に向け、気が改まりました。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-31 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[東京ドーム]

e0011761_1239513.jpg

改装後、初めて目にした東京(駅)ドームの内側。

恥ずかしがりやの私は、柱の影からちょっと控えめにパチリ。
きっちり撮影したい人は、中空にかかっている網が気になるんだろうなぁ。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-29 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

[祝いの宴 〜15の夜〜]

付合いの古い友人の長男が、この度、無事高校に合格しました。

「希望校に受かったら、お祝いに旨しホルモンをご馳走するからね〜」

と、かねてから約束していた我が家。ということで今宵、長男をお借りして行ってきました。ホルモンと言えば、の、あのお店に。

以下、備忘録。



e0011761_23414020.jpg
小袋刺し。

e0011761_23412487.jpg
チレ刺し。

e0011761_2341971.jpg
塩モツ煮込み。

e0011761_23405220.jpg
ガツ刺し。

e0011761_80161.jpg
豚タントロ蒸し。

e0011761_23404079.jpg
梅ガツ。

e0011761_23402697.jpg
面脂。

e0011761_23401594.jpg
ハツサイコロ。

e0011761_2340526.jpg
レバー。

e0011761_23395317.jpg
非売品のセンマイ。

e0011761_23394248.jpg
シロコロ。

e0011761_23393185.jpg
ギャラ。

e0011761_2339826.jpg
ハラミ。

e0011761_23384758.jpg
阿波黒鶏のセセリ。

e0011761_23383199.jpg
コテッチャン。

e0011761_23381876.jpg
〆はやっぱりコレでしょ、のモンク。

あとは、ビピンパと上タンとシャーベット(マンゴー、ドラゴンフルーツ)。
いやー、食った食った、満足満足。

え?本当は自分の為に行ってないかって?

いやいや...

まさかね、そんなこと、言えない...(kiroro?)

・・・

友人宅にてオッサン達が飲んだくれている中でも、きっちり受験勉強をしていた長男K。改めて、希望校合格おめでとー。5年後は、一緒にマッコリを飲もう(あっという間だろうな〜)。


e0011761_048859.jpg

[PR]
by taka-sare | 2013-03-27 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[続:トンビは鷹]

e0011761_14465863.jpg
(クリックすると大きくなります)


この記事を投稿して以来、割と頻繁にトビを撮影するようになりました。いわゆる「トビ」の飛翔姿ではなく、いつもとは異なる一面を垣間みる事が出来る様な、そんな写真を撮りたくて。

なんで、こうなったのだろう。

うーん、何処にでもいて撮影しやすいからかな。魅力的な鷹な割に、随分と軽んじられているからかな。いやしかし、なかなか異なる一面を感じてもらえるような写真って撮れないもんですねぇ。腕はさておき。もちっと続けてみて、これは!って写真が撮れたら、この場で発表してみたいと思います。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-25 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[やっぱり枝が好き]

e0011761_2355834.jpg
(クリックすると大きくなります)

枝から雪面に下りたら、再び枝(の影)にとまってしまったコガラ、の画。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-23 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[くろ? いえ、カラーっす]

e0011761_2359862.jpg
カラスの羽をしっかり見た事ありますか?(クリックすると大きくなります)

カラスの羽って、光のあたり具合が良くて、でもって、きちんと見ないと黒一色に見えてしまいます。でも...実際は、他の鳥同様、色々な羽があって、赤やら青やら(光線具合で)結構カラフルで綺麗に見えるんですよね〜。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-22 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(4)

[コメットさーん]

2013年は2大彗星がやってくる。そう聞いてからずっと注目してきました。

3月はその内の一つ「パンスターズ彗星」が見頃を迎える月。しかし、生憎今月は出張続きで夜空を見上げる余裕がありませんでした(おまけに雪国が多く星が見えないし...)。

んー、これは縁が無いのかもなぁ...そう思い始めた頃...アフターファイヴに自由時間がある日が発生。それも、この日は雲が無いという、願ってもない絶好のチャンス。じゃあいつ行くの?今でしょ!てなわけで、行ってきました。コメットさんを探しに。

・・・

日没時、パンスターズ彗星は西の水平線近くで観察出来ます(日の出時は東)。が、この日私がいたのは、高い山々に囲まれた狭い谷地系の地。その条件をクリア出来る場所はまずありません。しかーし、私には勝算がありました。というのは、昨年この地にて、夕日観察に良いポイントを見つけていたから(確か、以前拙Blogで夕焼け写真を乗せた事がある)。結果的にですが、これがナイスなロケハンとなりました。

日没も間近に迫っていたので、急いでその場所へ車を走らせ彗星探しをスタート。

・・・

パンスターズ彗星は肉眼で見られる「肉眼彗星」。しかし、なかなか見つからないので、先ずは双眼鏡で探してみる事に。


e0011761_2312736.jpg
えーと、太陽を追っかけるように移動するんだっけか。で、月の下辺りにいるって話だから...



e0011761_23115652.jpg
あっ!いたぁっっ!!!

夕焼けの明るさが空に残っていると見つけにくくはあるけれど、なるほど確かに肉眼でも観察出来ますね〜。



e0011761_23114548.jpg
山に隠れる間近になると、かなり確り確認出来るように。ちょうど飛行機が画角に入ってきたので、ツーショットでパチリ(彗星の左に見える光が飛行機です)。

さ、今度は年末のアイソン彗星だ。ちなみに、こちらは日中でも観察出来る可能性があるらしく(月並みの明るさとも)、場合によっては歴史に残る彗星になるかもとのこと。楽しみだなー。


* 追記 *
二枚目の彗星写真。拡大したらもう一機、飛行機が写ってました。
てなわけで、スリーショット写真でした。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-20 00:34 | 自然・季節に触れて | Comments(4)

[雲上人]

先日、飛騨高山方面に足を運んだ際、もんの凄い好天に恵まれました。
こんな機会はそうはないので、仕事の後、雲上人になりに行きました。


e0011761_18553478.jpg
お手軽に雲上人になるには、それなりの対価が必要です。

(以下、写真をクリックすると大きくなります)



e0011761_16433868.jpg
私が乗った時は超満員でした。いやしかし、こんな山奥で、通勤ラッシュ時の埼京線の如き体験をしようとは...(苦笑)



e0011761_1643257.jpg
展望台より奥穂を望む。ご覧の通り雲一つ無し!そのおかげで、ワタクシ雲上人にはなれませんでした...



e0011761_16431221.jpg
日本には色々な山があり、それぞれに良さがあるけれど、北アルプスは凄みと言うか、やっぱり別格の感がありますねぇ。

いやしかし、この空気の澄みようといったらもう。おかげで、広角で撮影しても槍ヶ岳がクッキリ!(DPのチカラによるところも大いにあるけれど)
[PR]
by taka-sare | 2013-03-19 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[木漏れ日]

e0011761_1563879.jpg
一切のよどみの無いヒンヤリとした空気と、温かさを増した陽光と。
(クリックすると大きくなります)

心が洗われるかの様な、朝のひと時。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-17 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(4)

[残雪]

e0011761_2125543.jpg
急峻な地形だからこそ生み出された、美しも奇妙な雪景色。
[PR]
by taka-sare | 2013-03-16 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)