<   2012年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

[渋味、を味わう]

先の土曜日、とあるミッションをこなすため某地へドライブに行ってきました。



e0011761_99065.jpg
冬直前の八島ヶ原湿原。雲が低く足早に流れていたこともあってか、そこには、枯れの美の究極系とも言える世界が広がっていました(以下、写真をクリックすると大きくなります)。

新緑や草紅葉に覆われた霧ヶ峰もいいけれど、この時期の雰囲気はまた、他に変え難き良さがあるんだよなぁ。八島湿原や旧御射山神社周辺は特にね。雪に覆われた時期もまた然り。やはりここは季節ごとに訪れたい地だな。



e0011761_11552355.jpg
ちなみに、7月末に訪れたときはこんな感じ。うん、夏もやっぱりいいね。



e0011761_992760.jpg
茶色主体の中、紅一点のマユミ。植物達が燃やす最後の炎のように見えなくも。マユミの実がその色を失う頃、当地の生き物達は、来る冬、そしてその先の春の為、本格的に備えに入ります。



e0011761_993891.jpg
湿原散策後、ヒュッテみさやまに立寄り珈琲ブレイク。小屋番の三井君にブツを手渡す(ミッションその1をクリア)。その後、蒔きストーブにあたりながら、音楽やら何やら、色々な話を。

小屋を発つ直前、小鳥の群れが警戒声を発していたので、もしやと空を見上げたら...やはり、そこには下方を注視しながら旋回する鷹(ハイタカ?)の姿がありました!

え?その時の鷹の写真?

はい、デジイチは肩にかけていました。400mmレンズも持ってきていました。でも撮れませんでした。だって...出発前に400mmレンズから50mmレンズに変えていたんだもん...(クッ)。「こういう時に限ってシャッターチャンスが訪れるんだよね〜」なーんて言っていた矢先のことだったので、思わず苦笑しちゃいましたよ。いやはや。

・・・

旧御射山神社に立ち寄った後、観音沢から八島ビジターセンター付近へと至るトレッキングコースを散策してみることに。



e0011761_991139.jpg
観音沢の紅葉は間もなく終了ですねぇ...個人的にはこの位の渋さも好み。



e0011761_910078.jpg
観音沢は広葉樹と針葉樹が入り交じっているので、色のバリエーションが豊か。こりゃ、ピーク時はさぞかし美しいことだろうなー。



e0011761_9203750.jpg
コース中程。針葉樹と広葉樹の間を歩く。高低差が少なく気持ちのよいトレッキングルート。



e0011761_9205374.jpg
谷側を望む。なるほど、確かに運が良ければ熊に遭遇しそうな場所だ。400mmレンズを外していたので、もしかしたら...と思っていたけれど、この日は残念ながらシャッターチャンスは訪れず。



e0011761_921689.jpg
トレッキングルートが終わりビーナスラインをチョビッと歩くと八島ビジターセンターに着きます。所要時間はゆっくり歩いて1時間くらいかな。観音沢トレッキングは中級者向きだけど、このルートはキツくないので万人向け。程よく変化も合って気持ちの良いコースです。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-30 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[スペシャリテ]

この場で何度か紹介している「ソバプロ」なるプロジェクト。

そのプロジェクトの舞台、小海町に足を運ぶ際、ほぼ毎回お世話になっている食事処があります。その名は「千曲屋」さん。つい先日も、通い農業の際お世話になりました。

・・・

さて、今日は何を食べようかな〜。とメニューを手に取ろうとすると...
ん?何やら見た事の無いメニューがあるではないですか。

えーと、なになに。1日限定5食だと?

千曲屋さんを知って十数年。そう言われちゃあ頼まない訳にいかないでしょ。
ということで、もちろん頼みましたとも。


「さぁ、見せてもらおうか。千曲屋さんの限定メニューとやらを!」





e0011761_2210862.jpg
それがコレ。「シャア専用 ローストビーフ丼(エンレイ茸のスープ付き)」。

千曲屋店主が自信を持って送り出すローストビーフ。それが美しくご飯を包み込んでいます。その様はまるでローストビーフで作られたドーム球場!!

で、味ですが...これが、ね。中のご飯に仕事がしてあって、ローストビーフと合うのなんの。そして、ご飯のほんのり温かい温度が肉の風味をアップさせています。頂部には、千曲屋さんが自家栽培しているという山わさびが。これがまた爽やかでいい具合。もう、あっという間にペロリ完食でありました。

途中、店主が顔出しをしてくれたので聞いてみた所、納得するまで何度も試作を行ったとのこと。さらには、このメニューの為に皿まで新調したのだとか。いやぁ、さすが千曲屋さんの店主です。

・・・

ちなみにこのメニュー。小海町のイベント(10/13〜21)に合わせて作ったもので、期間限定(10月末日までの予定)なんだとか。

うー、てことは、もう食べられないのかー。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-24 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[一点の曇り無し]

e0011761_18593711.jpg
昨夕、あまりにも雲が無いので、買い物途中に寄り道していつもの夕暮れビューポイントへ。

しかし、予想以上に夕日が落ちるのが早く。
機を逃してしまいました。

・・・

で、とりあえずといい加減にシャッターを切ったのがこの写真。この1枚を見て思い出すのは、旅先の竹富島でお会いした京都在住の老カメラマンの言葉。

「夕焼けはですな、雨が降った後とか、雲が出た時がいいんですな」

もちろん、雲が無い空もいいんだけれどね。でも、やっぱり、雲があった方が画にはなるよなぁ...と、一人ごちるタカサレでありました。


* おまけ *
この写真、富士山が写っているんですが分かりましたか?
(クリックすると少々大きくなります)
[PR]
by taka-sare | 2012-10-23 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[紅葉に高揚]

e0011761_17592132.jpg
紅葉シーズン、先頭を切ってその身を赤く染めるのは、ハゼノキなどのウルシの類。このツタウルシもまた、その中の一つ。

今の時期、木々の葉はまだ緑色を多く残す。ゆえに、紅い葉は森の中で圧倒的な存在感を示します。補色の関係にあるから尚の事。

今は、緑色から黄色へ、そして朱色へと移行する最中。
紅葉は、この移ろう様子がまたいい。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-21 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[天高く]

e0011761_18444777.jpg
(クリックするとおおきくなります)

秋の空は、雲の表情が多様、かつ繊細なのがいいね。青が淡いのがまた。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-20 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[枯れの美]

e0011761_2330877.jpg
ふと目に留まった、一枚の葉。

枯れ行く前に見せる、凄みと言うか、美しさと言うか。
対峙すると、刹那、時間が止まったかの様な錯覚に陥ってしまう。

この時も、気がつけば、その様に見入られている自分がいた。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-18 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[肯?否?]

e0011761_849375.jpg
珈琲に関するものは、とりあえず一度は試してみる事にしているワタクシ。ということで、最近ちょくちょく耳目に触れるコヤツを飲んでみる事に。

珈琲に含まれるポリフェノールは、緑茶や紅茶の約2倍。
さらに、珈琲生豆から抽出した液体は、焙煎したものの約2倍。
おまけに、カフェインレス。

おぅ、なんか凄く体に良さそーね。

で、飲んでみた感想ですが...

なんともどっちつかずな微妙な香味。
うーん、これならトウモロコシ茶を飲みたいなぁ。

個人的には、生の豆、もしくは、焙煎が生焼け状態の香味といいますか(珈琲の世界で言うところの、マイナス要素の香味)。その部分が気になってしまって、杯がすすみません。

これを飲んだら疲れが吹っ飛ぶとか、視力が回復するとか、そんな魔法の液体ならちょっと考えるかもしれませんが...(いや、それはそれで怪しくて飲まないだろうけど)スミマセン、僕にはちょっと...でした。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-15 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[天界の花火大会]

e0011761_2219234.jpg
シシウド@八島湿原(クリックすると大きくなります)

闇夜にフワッと浮かび上がるシシウド。
その様は、あたかも花火のよう。

諏訪の花火大会は一度は見てみたい。
けれど、混雑を考えるとねぇ。。。

そんな御方は、是非、夜の霧ヶ峰へ。

とりわけ、八島湿原から旧御射山神社辺りがオススメ。
そこでは、静かに、そして、厳かに、花火大会が催されています。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-10 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[かんろ]

e0011761_2371344.jpg
今日は二十四節気の甘露。ということで、ちょびっと残っていたコチラをグビリ。

え?カンロ違い?

ま、日本酒がますます美味しい季節になったということで。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-08 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[ファイン]

以前、紹介したアウトドアパンツ。その後、色々なシーンで使っていますが、想像以上のパフォーマンスにかなり満足しています(オススメした友人の一人はその後購入した)。が、この前、ポケットのファスナー部に付いているタブ(の手で持つ部分)が、突如スルリと抜けるトラブルが発生しました。


e0011761_1627214.jpg
この、黒い樹脂の部分ね。


構造上、そうなりかねないなーとは思っていました。でも、半年でってのは想定外。ユ○クロやコロ○ビアならまだしも、ファイントラックでこれは無いんじゃないの〜?

メーカーに次の商品を作る際に生かしてもらいたいので、後日、購入したお店に行って事情を説明。店員の話の感じからすると、有料での交換になる模様。ちょっと解せない感もありましたが、気に入っている商品なので、替えのパーツを取り寄せてもらう事に。

過日、購入店より一本の電話。用件は「タブの形状がマイナーチェンジしたとのことなので、2本発注しておきました」といった内容。ナイス気遣い!でもまぁ、左右で形状が違っていてもそんなに気にならないけれどね〜...なんて思っていると、続けて「メーカー様より、お値段はかからないとのことです」と。

おぉ、パーツ代無料ですか!ま、当たり前といえば当たり前かもしれないけれど(大した金額じゃないだろうし)それでもこういう対応は嬉しいもの。一番は自社の商品へのプライドが感じられたところかな。昔、使い古したカリマーのザックを、メーカーが無料で修理してくれたのを思い出しました。



e0011761_16265391.jpg
早速交換。どこがマイナーチェンジしたのかなーと比べてみると...あ、タブの表面がツルリとしている。

んー、前のイボイボしている加工の方が、指のかかりが良いような気がするけれど...変えた意味があるのかなぁ。この方が紐との圧着性が良くなって抜けにくくなるとか?そこのところ、どうなんでしょう?fine trackさん。
[PR]
by taka-sare | 2012-10-02 00:00 | 雑感 | Comments(4)