<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

[46/51]

e0011761_23541720.jpg


46/51?

何の数字??

はい、これは「直近51日中46日出張していました」という数字であります。

・・・

いやぁ、慣れているとは言え、このジプシー生活はなかなかに大変でした。

まぁでも、おかげで「今年の季節の移り変わりは、例年とはちょいと違うぞ」という違和感を、ダイレクトに感じる事が出来たので、いきものがかりとしては良かったかなと。

ちなみに。

写真はジプシー生活で良く目にした鳥の一つ。

鳥達は今、次世代を残すべく、活気づいています。
渡り鳥も、海を渡ってやってきました。
桜は咲いていませんが、春は確実にやって来ています。
[PR]
by taka-sare | 2012-03-31 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[マスター、ブラックを]

先週は新潟でミッションをこなした後、車で岐阜へと移動。その道中。富山インターを下り一般道へという段で夕飯時となったので、適当なところで食事を済ます事に。

さて、富山と言ったら...と、同行者と共にしばし思案。

条件は、先を急ぐので簡単に済ませられる店であること。しかし、ネット検索するも適当な店はヒットせず。じゃあと岐阜へと車を走らせながら探すもこちらも...

んじゃあ、もうアレしかないかねぇ。と、一つの答えに至る。

と思った矢先、まさに、な店が目の前に現れる。
こりゃもう決まりだね。ということで、いざ入店。

・・・

入った店は、かの有名な富山ブラック。そう、あの塩っぱくて有名なラーメンであります。ちなみに私は初挑戦。同行者は過去に一度体験済み(もう二度と食べる事は無いと思っていたけれど、敢えての再挑戦とのことでした)。



e0011761_1329476.jpg
メニューを見ると、予想に反し「醤油、豚骨、塩、ブラック」の4種があるじゃないですか。そこで、お店の方に何がオススメか聞くと、帰ってきた答えは「ブラックと豚骨」。思わず、悪評だらけの(ゴメン県民の皆様)ブラックは避けて豚骨に...と行きそうになったけれど、折角ご当地に来てそれもなぁ。まぁ一度は体験しなきゃね。ということで、食べてみましたよ、富山ブラックなるものを。

結論から言うと、なるほど塩っぱいね、こりゃ。確かに労働食だわ。
でも、豚骨スープで割られているからか、言われていた程の強烈さは無かった。

んー、みんなちょっと大袈裟では?と思っていると、同行者曰く「本当はもっと黒くて、塩っぱくて、胡椒が強烈にかかっていて...」。

話を聞くと、どうやら、豚骨スープで割るスタイルはこの店ならではの模様。
(そういえば、この店、豚肉を売りにしてたもんな)
まぁ、とはいっても、十分に塩っぱいんだけどね。

生憎、この日、胃もたれだった私。
その塩気は、結構なダメージを与えてくれました。
(じゃあ食うなよ!というコメントはナシで)



e0011761_1330015.jpg
だのに、何故、歯を食いしばり。俺は食うのか。豚のサガリを...

富山ブラックと並んで「オススメ」と言われたもんで....
(サガリを勧めらて引きサガルことなんて私には出来ませんです、はい)

ちなみに、さがりそのものの味は悪くないんだけど
これがまた結構塩っぱくてね。
そして、量がまた多くてね。

それでも...



e0011761_13301412.jpg
富山産のキリンに見張られていたので、頑張って全部食べましたとも。

うぅ、胃が、胃があぁぁぁ...(我ながら阿呆だ)

・・・

あ、そうそう。

食べている最中、地元の方と思わしき働くお兄さんが入ってきたのだけど、その方は迷わず「醤油ラーメン、大盛りで!」と注文していました。。。


やっぱり地元の人も。。。
それとも偶々?
[PR]
by taka-sare | 2012-03-27 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[はるぴん]

e0011761_23185550.jpg
出張中立ち寄った松本にて、つい買ってしまったお土産がコレ。諏訪っ子なら知らない人はいないと言われるハルピンラーメン。

懐かしさのあまりつい手にしたら、土産屋のおばちゃんが「それイチオシよ」と。さらに「お客さんから聞いたんだけど、もうお店は無いらしいのよ」。

え?
そうなの??
いやいや、あそこは諏訪っ子の拠り所だから、絶対潰れないでしょ。

タカサレ「いや、それは無いと思います」
おばさま「あら、そうなの?お客さん、私より随分詳しいのねぇ」
タカサレ「実はちょいと住んでいた事があるものですから」
おばさま「あらいやだ、どうりで〜」

そんな感じで、しばし長野ローカル話で盛り上がったのでした。



e0011761_23181655.jpg
で、帰宅翌日、早速食べてみる。

ふむふむ、なるほどなるほど。
なかなか正確に再現しているじゃないの。

十分懐かしさを味わえました。
[PR]
by taka-sare | 2012-03-26 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[交換時期がやってきた。やぁやぁ嫌やぁ]

主に使っているアウトドア用品達が、ぼちぼち引退の時期を向かえ始めています。

まぁ、どれも使い始めてから概ね15年(前後)くらい経ちますからねぇ。
使用環境も劣悪だし。よくぞここまで頑張ってくれたという思いで一杯です。

が。

こちらにも懐事情ってぇもんがありましてね。
次々に引退されてしまうとオーナーの私は非常に困ってしまうわけですよ。

なので、あの手この手、色んな手を駆使して必死に引き止めにかかるわけですが。
私の思惑を他所に、彼らは思い思いに去っていってしまいます(涙)

そして今回もまた...



e0011761_1325274.jpg
我が愛用のスノーシュー。MSRのデナリ。

靴を固定するストラップが劣化しているのは分かっていました。が、事前に再チェックすると想像以上に状態がよろしくない。そこで、急いで予備のストラップを注文するも...残念ながら使用日までに発送が間に合ないとのこと。うーんこの状態じゃあねぇ。でもまぁ無いよりはましか。ということで、とりあえずフィールドに持参することにしました。しかし、やはり自然はそんなに甘くはなく...ストラップは冷気にあたるや一気に硬化。そして直ぐに全てがポキポキと折れ。我がスノーシューは全く使い物にならなくなってしまいました。

予想はしていたとは言え、よもやここまでとは。。。トホホ。
ま、ここまで放置していた自分がいけないんだけどね。


e0011761_1332336.jpg
帰宅すると注文していたストラップが届いていました。ちなみにこのパーツ。最近、なかなか取り扱っている店が無く。探すのに苦労しました(参考:ようやく見つけた店はコチラ。所在地は三条って、そらなかなか見つからないわけだ。インターネットは偉大ですな)。



e0011761_133920.jpg
これらを、スノーシュー本体に取り付けて...



e0011761_1334296.jpg
無事、現役復帰を果たす!

・・・

スノーシューを入手しようとした若き日の頃。アウトドアの大先輩に相談した際、強く薦められたのがこのMSR製の品(デナリ)でした。あれから十数年経ちますが、未だに、他社のものはもちろん、同社の新製品にも負けないパフォーマンスを見(魅)せてくれます。

おそらく、iPod同様、プロトタイプが既に完成度の高いものだったんだろうな。

・・・

日本各地、色々な雪質や地形で使ってきた経験から言うと、登坂やトラバース、道なき道を歩くなら間違いなくMSRの製品が頭一つ抜けていると思います。とにかくトラクション(雪面への食いつき)が素晴らしい。他社の製品も幾つか使った事がありますが、MSRのように踏ん張りが利かず、そのせいで心身共に消耗するというシーンが少なからずありました。

丈夫で構造がシンプルというところもフィールドでは強み。予備のストラップ(持ち運び&交換がラク)さえあれば、おそらく困る事はほとんどないんじゃないかなと。

これからスノーシューをとお考えの方。オススメです。
[PR]
by taka-sare | 2012-03-25 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[週末、心と体を整える]

2月から始まった長期ジプシー生活も、ようやく中盤戦が終了。
いよいよ後半戦に突入、という段になった。

ふぅ、なかなかにタフでストイックな日々だった...

いやいや、過去形で語るにはまだ早いな。
なんてったって、あと2週間あるのだから。

しかし、慣れているからとは言え、さすがにガス欠気味の感は否めない。
ということで、一昨日の夜は地元のおそば屋さんでアナゴ天せいろ&ベンテン娘に癒され。んでもって、昨日は都内を散歩をし、心身のバランスを整えたのでした。


e0011761_1394070.jpg
ちょっと早い花見をば。そぼ濡れる桜はまた色気が合って美しいね。



e0011761_1392720.jpg
狭い路地を見ると何故かときめく自分。商店でナムルやゲソ天などの総菜を買ってみる。



e0011761_1391086.jpg
いいなぁ、この喫茶店の看板。中も長居出来そうな素敵な空間。この日はスルー。



e0011761_1385998.jpg
ん?うまさ仕込み中??



e0011761_1384639.jpg
で、気がつけば、レバーをほおばり。



e0011761_1381850.jpg
テッチャンを焼き。



e0011761_1383083.jpg
マスターからサービスとハツを頂いたり(これがメチャ旨!)。

その他、ありとあらゆる部位の内蔵を食すこと2時間。乱れたホルモンバランスを整えることに専念した結果、店を出る頃には、疲れは消え去り、お肌はプルプル(おなかじゃないよ)となっていたのでした。

・・・

そんなわけで、辛いこともあるけれど。私は元気です!(あの台詞のパクリ?)
[PR]
by taka-sare | 2012-03-18 16:19 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[潔い人生]

e0011761_12121746.jpg
先日、出張先にて、その地に詳しい仕事仲間から「人生」なるラーメン屋を紹介される。聞けば、地元はもとより、その筋に広く知られた歴史ある店との事。

ならばと、夕方その店を目指すも、これがなかなかたどり着けない。暗中、細道やクネクネ道を通り、何度か周辺を彷徨い、ようやく辿り着く。まさに人生そのもの。着いてみればなんて事ないところがまた。

・・・

店頭には赤提灯。店内は昭和レトロで、見た目は飲み屋?ってな具合。

こんなところに客は来るのかい?

と思わせる雰囲気。されど、間もなくして店内は満席に(すげーな、おい)。客層を見ると、赤ん坊連れの家族から学生、サラリーマン等々、老若男女多種多様。いやー、地元の様々な人に愛されているんだなぁ。

店内中央に鎮座する達磨ストーブは現役で、広い店内が柔らかな暖かさに包まれている。やっぱりいいね、薪ストーブって。

で、店員が合間合間に薪をくべる姿を見つつ、ラーメンが出てくるのを待っていると...



e0011761_1212164.jpg
出てきました、その名も「人生ラーメン」。

麺は細ちぢれ。具は二種のネギのみ。言わば素ラーメン。ここのおやっさん、見た目が濃く、中身も一癖も二癖もありそうなんだけど(失礼)作り出すラーメンは非常にシンプル。そして非常に丁寧に作られています。味はというと、あっさりの中にもコクがあり、食べ進めるうちにちょうど良くなるといった内容。近頃の、一口目でガツンとくる(過剰なコク、過剰な粘性)ラーメンは、一回食べればしばらくいいやと思う事しばしばですが、これならちょくちょく食べに行きたくなりそうだ。食事中、ひっきりなしに訪れる、常連と思わしき客達のように。

ちなみに、このラーメン、値段はなんと400円。曰く、儲けるつもりはないんだそうな。
[PR]
by taka-sare | 2012-03-17 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[3.11]

e0011761_1626115.jpg
3月某日。福島県某地にて。



年にいくつかある、決して忘れることのない特別な日。

その中には、当然のことながら、良き思い出として記憶に残っているものもあれば

悲しき思い出として残っている日もある。

昨年、3/11は後者となった。

どのように記憶されているか。それは、言うに及ばず...である。

・・・

この一年、実際に被災した方々に話を聞く機会が幾つかあった。彼らの思いは、こちらが思う以上に様々で、その都度、改めて色々と考えさせられたものだった。あれから一年。今日は、これまでの日々を思い返す日にしたいと思う。

e0011761_16231847.jpg
約一年後、仕事で福島某地を訪れた。写真は宿泊地から見た海。日は昇り、そして、落ちていく。何事も無かったかのように、淡々と。気がつくと目の前の景色が滲んでいた。

この日、朝日が昇った後ほどなくして地面が鳴り、そして大地が激しく縦に揺れた(茨城県沖で震度5弱の地震発生)。震災は過去のものではなく現在進行形。揺れの中、その思いを改めて強くした。
[PR]
by taka-sare | 2012-03-11 23:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)

[冬と春の狭間にて]

e0011761_23204032.jpg
雪は普段は見落としがちなフィールドサインを浮き彫りにさせる。例えば足跡。普段は見ることの出来ない動物達の行動が、雪上に記録されます。

この日訪れた地に多く刻まれていたのはウサギの足跡。足跡はフットプリントと言いますが、この日の足跡は、シャチハタなみの見事なプリント具合でした(ウサギの足跡って良く目にするけれど、足裏の構造が分かる程のものって結構無いんですよね)。


e0011761_23124626.jpg
何かハプニングが起きたのか!?な、動きのある足跡。足跡って、見る者の想像力を否応なしにかき立てます。


e0011761_23115640.jpg
雪に覆われ白一色となった林に映える樹皮の色や模様。冬は、他の季節では素通りしがちな事や物にハッとすること多し。


e0011761_23105640.jpg
落広樹の影って何だか血管みたいだ。

・・・

ついぞ先日までフワッフワだった雪質も、気がつけば、表面カリカリ中シャーベットな状態に(例えるならガリガリ君?)。肌をなでる冷気、光の色。変わりつつある様々な事象に、冬の終焉と春の到来を感じる今日この頃。
[PR]
by taka-sare | 2012-03-10 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[似て非なる]

e0011761_20293022.jpg
ゴジュウカラ(詳しくはWEBで)風なハクセキレイ。
[PR]
by taka-sare | 2012-03-04 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(2)