<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

[山上の僕ら]

e0011761_1243752.jpg


27日は昼過ぎから吹雪。山小屋の周囲は一時視界が取れない状態になってしまいました。標高1600mってそういう所なんだよなぁと、改めて実感。

イヤー寒い寒い。でも、一週間で随分と慣れてきたかも。
[PR]
by taka-sare | 2010-04-27 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(4)

[送られ、贈られ]

早いもんで、山小屋生活開始まで、あと1日となりました。
本当に明日から?...と、未だ実感が無いタカサレであります。
ま、全てが未体験ゾーンなのだから仕方ないか。

・・・

先の壮行会の際、山小屋生活を始める我が家にと、友人達から色々な贈り物を頂きました。いやもう、うまい飯と酒だけでも胸一杯なのに。これ以上そんなことされたら涙が...

あれ?
出てこない...

ま、涙は下山する時まで、とっておくとしましょう。
それはさておき(?)、そんな皆の思いを忘れない為に
頂き物をこの場に書き残しておこうと思います。


e0011761_12171267.jpg

オシャレなログハウスに住む、K家から。ん〜流石はK家。やはりオシャレだ...。こちらのお宅(←旦那はある意味オタク・笑)、カッチョイイこだわりの品に溢れてるんです。とりあえず出窓に飾ればK家のようになるかな...あれ?ならないぞ。やはり俄仕込みじゃダメってことか(苦笑)。


e0011761_12173414.jpg

音楽鑑賞仲間のM家からは、是非山の中で聴いてみてと、クラシック音楽のCD2枚が。モーツァルトのピアコンは、ベーム&ウィーンフィルのコンビ、そしてギレリス。もう一枚は寺井尚子。へぇー、初のスタンダード集なんだねぇ。いずれもMらしいセレクトで痺れる。是非、山小屋で一緒に聴きましょう。

Nからはノートパソコン(VAIO)が。CDが寄りかかっているヤツがそうです。あの...我が家のどのパソコンよりも画面がでかくて速いんですけど...(一同、唖然)。んー、山小屋に行ってみるもんですなぁ(って、違うか)。


e0011761_12175040.jpg

そして...

仲間全員から、コヤツが贈呈されました。
デカイ...
ちなみに、私の足のサイズは26.0-26.5です。

山小屋行きの準備でバタバタしていたので、結局今日まで梱包を解く事ができませんでした。なので、あちらに着いたらまた改めてご紹介したいと思います。

他にも、諏訪探訪に付き合ってもらったり、ごちそうになったり。
皆様、本当に感謝感謝であります。

そんな思いを胸に、明朝、長野へと旅立ちます。
このご恩は1年忘れません。
え?たった1年??
はい、1年保証です。
ちなみに、山小屋にお布施を持ってくると、5年保証になります(笑)。

冗談はさておき、皆様、是非(冷やかしに)1度お越し下さいませ。
自家製のパンと珈琲を用意してお待ちしております。
[PR]
by taka-sare | 2010-04-18 13:24 | 雑感 | Comments(4)

[亀に始まり亀に...]

先日、ブログがきっかけで知り合ったYさんと初顔合わせ(呑み会)を行いました。

あれはブログを始めて間もない頃だったから、もうかれこれ5年近く前になるのか。あの時、Yさんのブログにコメントしてなければ、このような事に発展しなかったわけだ(案外、違う線で知り合っていたりして)。そう思うと、ネット社会も一概には馬鹿に出来ないな、なんて思ったり。

閑話休題。


e0011761_23445487.jpg

初顔合わせの場は日本酒が呑める(=飲める日本酒がある)店で。
丁度桜も満開の頃を迎えていたので。。。(強引!?)


e0011761_23451314.jpg

予定時刻より少々早く到着した私は先に入店。すると間もなくしてYさんと思わしき方(+1名)が入店。分かり易いように胸ポケに赤いバラをさしていたので直ぐに気付いてもらえました(嘘)。軽く挨拶を済ました後、先ずはビールで乾杯。お二人ともお酒はイケル口とのことなので、その後は日本酒オンリー(お燗)でいかせて頂きました(それを聞いて一安心とお近づきの印に亀カップをプレゼント)。

言葉を交わして間もなくして、お友達のKさんがYさんのブログに度々登場している人物と気付き。同時に何だか妙な爽快感に包まれました。パズルのピースが突如ビシッとハマった時の感じ?その後は、謎だったと言う私のプロフィールやら、山小屋の話やら、下部温泉の謎やら、パフュームと東方神起の人気についてやら、多種多様な話題をアテに燗酒をグビグビ。ちなみに。ワタクシ、食関係の仕事をしている人間と思われていたそうな(苦笑)。

・・・

お酒は、どぶ、鯉川、睡龍、秋鹿...てな具合にリレー。次は神亀かなぁと思いお二人に確認すると「あー、いいですねー」。すると「ひこ孫大吟醸です。ぬる燗にしました」といってお酒をテーブルに置く店員。あれ?そんなのは頼んでいないけれど...(酔っぱらってたんじゃないのって?いやいや全然)。何故?と店員に目で尋ねる私。すると「後ろのお客様から出すように言われましたので」と。え?誰がそんな大盤振る舞いを?と振り返ってみると...

私と背中合わせの所にいたのは...専務でした...(笑)

さらに言うと、後ろで盛り上がっていた一団はチーム神亀でした...(驚)

専務曰く「後ろでなんか変な話をしているヤツがいたからさぁ」。
え?変な話って?パフューム?(そんなわけないか)
あ、そう言えば、日本酒の事をちょっと語っちゃっていたかも...
あ、神亀についてもちょいとばかし...
うひゃー、だとしたら汗顔の至りだわな。

「壁に耳有り、障子に目有り、背中合わせに専務有り」

以後、心します(笑)。

・・・

いやしかし、縁というものは不思議なもので。
なんだか今回あった一連の出来事は、偶然ではなく必然だったとしか思えません。
良縁なのか、はたまた、腐れ縁なのか。
とりあえず、それが分かるまでお二人にはお付き合い頂ければと。

→ おまけ
[PR]
by taka-sare | 2010-04-15 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(6)

[魚介食べ納め?]

e0011761_23472128.jpg


4月末から長野へと旅立つ我が家(と言っても半年間ですが)。
そんな我々の為に、先日友人達が壮行会を開いてくれました。

何か食べたいものがある?
んー、山生活だから、ウンマイ魚介がいいかなぁー。

てことで、その日は三河湾からやってきた特選魚介がたんまり卓上に。どれもこれもとっても旨かったなぁ(あちこちから箸が伸び一瞬の内に消え去る。故に写真がこれしかない)。中でもこの日沁みたのは、クロダイの刺身とノドグロの蒸し。魚介食べ納めに相応しい(と言っても...以下略)十二分な旨さでした。皆さん感謝。お陰様でこれから半年間、羊だけで過ごせそうです(!?)。
[PR]
by taka-sare | 2010-04-12 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)

[初の]

先日は、友人に誘われ久しぶりに外呑み。
向かった先は...越中島と言えば、のあの店である。

・・・

この日はエラく寒かったので、潤しのビールは小グラスに。
いやーしかし、外呑みなんていつ以来だろうか(半年ぶり?)。
ちょっと思い出せないくらいだから、相当久しぶりなのだろう。
メニューを眺める行為も、なんだか新鮮な気分。

e0011761_9262288.jpg

e0011761_9263943.jpg

e0011761_9265591.jpg

e0011761_9272037.jpg

どこかのブログでも書いてありましたが、羊の塩茹で汁に通ずる旨味が!!
羊茹で係、ちょっとカンドー。
いやーしかし、すっぽんの滋養がいい具合に塩分と相俟って染み渡ること。
うーむ、これは外呑みでなければ得られないなぁ。


e0011761_9273317.jpg




e0011761_9274977.jpg

白湯がチェイサーってのがまたいい。


e0011761_928376.jpg

この日呑んだ銘柄は、長珍、山陰東郷、天穏、天遊琳...
あれま、時間が経ってしまい記憶があやふやだ。
その中で一番記憶に残っているのがこの天遊琳。


e0011761_928186.jpg

e0011761_928348.jpg


ラストを〆るのは、以前、某体操のお姉さんのブログで目にしたこの2種。
最後の一品がまた、酒を果てしなく要求する大変な困り者でした(笑)。

・・・

間もなく、しばらく(半年間)外呑みが出来ない身となる私。
ちとそれは辛い所ではありますが、とりあえずこの外呑みのお陰で頑張れそう...かな?
[PR]
by taka-sare | 2010-04-11 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[春なのに]

新天地に引っ越してから早ひと月ちょい。部屋も片付き、ようやく日常を取り戻しつつあります。そんな余裕ができたある日。窓から外見ると、家の前にある桜(並木)が満開の頃を迎えているではありませんか。それならばと、散歩がてらぶらり花見をすることに(注:酒を呑みながらではないです。いやマジで)。


e0011761_1281480.jpg

幹に張り付くように咲く桜。可憐でいいね。


e0011761_1385819.jpg

家の前はこんな感じ。


e0011761_1391461.jpg

夕日を浴び白色となった桜。凛としたというか。いつもとは違った印象にちょっとドキリ。


e0011761_1393359.jpg

桜は花もいいけれど、幹もまたいい。

・・・

e0011761_128058.jpg

テュエリー・ピュズラの「Sayonara pas pour tout lmonde 2006」

先日、新居を訪れてくれた友人が持ってきてた花見酒。ハチミツの香味。古酒的な香りも。リンゴも感じるかな?甘さの後に奇麗な酸がスッと。

さよなら、といえば...
引っ越して早々でなんですが、実は...
訳あって、桜散る頃、我が家は彼の地へと旅立つことになりました。
(だからこのワインを持ってきたのかな?)

「さよならは別れの言葉じゃなくて、再び逢うまでの遠い約束」

もしかすると、このワインにはそんなメッセージが込められていたのかもしれません。

...んなわけないか(笑)。
[PR]
by taka-sare | 2010-04-07 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(4)

[ちとおかし、否。]

先日、とある地でこんな光景に出会した。


e0011761_217236.jpg

このライン取り、私が歩いても結構気を使います。だったら...と想像に難くありません。ちとおかし、では済まされないです。例えば花壇。見栄えの為に置いているのかもしれないけど...黄色いガイドラインにかかっていなきゃいいってもんじゃないでしょーよ。ここに置いた人は、文字通り、足下が見えてないですな。


e0011761_2174065.jpg

これなんか悪ふざけにしか思えないんですけど。

この日は急いでいたので写真はこれしか撮れませんでしたが、もっと酷い箇所もありました。
歩道と車道の段差を無くしてバリアフリーにしたつもりかもしれないけど...これじゃあねぇ。

当地は昔からハリボテ(体裁だけ)の町づくりといわれてきたけれど...
[PR]
by taka-sare | 2010-04-06 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(4)

[点描、諏訪探訪]

今年から、信州は諏訪の町に深く関わる事に。
そこで、先日、友人を誘い諏訪の町探索に出かけました。
今回はその時の事をさらっとご紹介。

・・・

諏訪と言ったら諏訪大社でしょう(一度も訪れた事なし)。
ということで、先ずは上社へ。

e0011761_1431560.jpg

柄杓が金属製とは珍しいなと近づいてみると、口からお湯が。なるほどだからなのね。説明書きによると「明神湯」と言い、往古より諏訪明神ご愛用の温泉とされ、諏訪の温泉の基とも伝えられているそうな。


e0011761_1434361.jpg

敷地全体が飾った感じではなく、当時の雰囲気が垣間みられます。なので、絢爛豪華なものを期待していると肩すかしを食らうかもしれません。


e0011761_144048.jpg

あたかも像の足のよう。さすがに歴史があるだけあり、大木古木がそこかしこに。


e0011761_1441843.jpg

昼飯は、諏訪名物の「ハルピンラーメン」にて。ニンニクを寝かしに寝かしたというスープは思ったよりもスッキリ。派手さがない分、飽きがこなさそう。甘味のある感じ等、以前食したサンマー麺を思い起こさせるものがあります。


e0011761_1443589.jpg

午後は下社に足を運んでみました。上社は男性的、下社は女性的と言われますが、なんとなく分かるような気がします。社周りはこちらの方が整備されている印象(上社は大衆化されていないともいえる)。


e0011761_1445044.jpg

上諏訪の町から霧ケ峰高原内にある八島湿原へ。ほとんど雪がなく、湿原が凍っている以外は冬らしさを感じませんでした(特にこの日は好天に恵まれTシャツで活動できる程でした)。が、そうはいってもそこはさすがに標高1600m超の地。風が強い事もありちょっと寒い。

・・・

合間合間に主だった土産屋を冷やかしながら物色しながら、諏訪の町をザックリ巡る。
そのお陰で、なんとなく町の雰囲気や特色を把握出来ました。

諏訪は今年、7年に1度の御柱祭が催されます。
なので、かなり盛り上がっているんじゃないかと思っていたのですが。。。
予想に反し、町は静けさに包まれていました。
嵐の前の。。。というやつでしょうか。
いや、祭りは本来、外に向けるものではなくその地の為にあるもの。
多分そういうことなんだろなぁ。

・・・

日が暮れてきたので、夕飯を求めと贔屓の店へ(異市同県内)。


e0011761_145560.jpg

ファミリー用の盛り合わせ。レギュラーでこの内容。久々にサシの入った牛を喰らう。え?クドそう?私もそう思ったのですが、これが全く脂っぽくなくサラリ。食後、もたれは一切ありませんでした。


e0011761_1452021.jpg

厚切り馬刺。かなり旨い。ここまで厚切りな馬刺って食べた事がなかったけれど、なるほどって感じ。これはハマりますな。しかし凄い量だ(2人前)。と思っていたら「中途半端だったので、全部切っちゃいました」と店長。どうりで盛り沢山なわけだ〜。その店の名は「千曲屋(小海町)」と言います。どうぞよしなに。


e0011761_1453672.jpg

〆は石焼カレー。牛肉ゴロゴロ。散々食べた後だったけど、これが意外に食えてしまう。
いやー、しかしさすがに腹一杯だー。


...ん〜〜、全然点描じゃないな。
[PR]
by taka-sare | 2010-04-03 00:00 | 出先・旅先での一コマ | Comments(4)

[久々のパン焼き]

引っ越しやら出張やら新プロジェクトの準備やらで、しばしパン作りから遠のいていました。

んー、折角得た感覚が無くなってしまうのは惜しいよなぁ。
てなわけで、パン焼き修行を再開。

先日は新境地にチャレンジすべく、バターロールを作成。
これは成形が難しかったなぁ。
で、昨日は三種のパンを作成してみることに。

e0011761_0335269.jpg

先ずはおさらいの意味も込め、お尻パンを。久々にしてはなかなかいい成形。
改めて、飽きのこない秀逸なパンだなと実感。
一食すると地味(地味)な風味のパンなんですけれどね。


e0011761_034934.jpg

新境地のメロンパンにチャレンジしてみました。
初めてにしては、まずまずの出来ではないかなと。
クッキー生地を甘さ控えめにしたからか、小麦の風味が良く分かります。
正直なところ、私は菓子パンの類いがあまり得意ではないのですが
これは、噛んでいるうちにじわじわ味が出てきて。これなら食べられるなぁ。


e0011761_0342395.jpg

最後はこれまた新境地のベーグルにチャレンジ。
意外にすんなり捏ね作業が終わってしまう。
メロンパンの生地捏ね作業が、あまりにも手強かったせいかな?
穴が塞がったのはご愛嬌。ま、これはこれで可愛いと思うけど。
[PR]
by taka-sare | 2010-04-01 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)