<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

[ヒントは「公」。で、その答えは?]

「とりあえず、次回に書くであろうネタ...」

この日私はそんなことを書きましたが、結果はご覧の通り。ええ、次回どころかちっともですね。だからと言うわけではありませんが。。。そろそろ書かないと記憶からが消去されかねないので、ここらで続きなるものを書こうかと。

・・・

さて、焼き印の「PARMA」の文字で既にお分かりになっている御方もいるでしょうが、前回アップした写真の正体の発表です。

e0011761_249108.jpg

正解はプロシュートホルダー(ピオトジーニ社製)でした〜。

コヤツは、スペインのハモネロ(ハモンホルダー)で見られる、足をかけて...というタイプではなく、両脇から生ハムをガッシリ挟み込んで固定するタイプ。ゆえに、骨無し・骨付き(脚付き)、スペイン、イタリア、いずれの生ハムにも対応します。その出で立ちから、私はコヤツに「La Vergine di Norimberga(伊)」なる別名を与えました。

さて、そうなると当然その上に乗せるものが必要なわけで。

e0011761_3414835.jpg

ということで、はい、どーーーーん!!

およそ8〜9kgの肉塊は、やはり迫力があります。圧巻。それにしても、下に敷いた新聞の記事よ。発酵神のイタズラ?偶然にしてはちと出来過ぎのような気がするんですけど...(デジカメの画像を見るまで気づきませんでした)。

(続く)
[PR]
by taka-sare | 2009-10-30 00:00 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[携帯二景]

昨日は、弱なる雨と強なる風に負けず山中におりました。
気温自体はそれほど大した事はないのだけれど、如何せん台風通過後の風は猛烈で。
気が付けば、鼻水たらり涙じんわり。


e0011761_18278.jpg

人生楽ありゃ苦もあるさ。涙の後には虹も出る。

とは、かの有名なMKのエンディング曲に出てくる歌詞ですが...まさに、涙の後に虹が眼前の谷にアーチを描きました(実際はもっと大きく感動的だった!)。ちなみに出現時間はなんと2時!...とは流石にいかず(そう上手くはいかないね)。それでも12時だったから、結構イイ線いっているかも!?

と、虹に感動していたのも束の間。間もなくして、強風と共に暗雲が立ちこめ、再び鼻水と涙。なるほど、楽ありゃ苦もあるってわけねと、妙に納得した次第です。


e0011761_18279.jpg

彼の地は、この2日間で一気に落葉しました。現地の予報によると、彼の地は来週雪が降るかもしれないとのこと。間もなく冬ですなぁ。ならば風邪の予防にを食べるとしますかね。銘柄は...冬だけに富有か...(寒)
[PR]
by taka-sare | 2009-10-28 23:59 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[標識に隠された真実]

e0011761_17472812.jpg道路標識に求められるもの。それは、見た瞬間に理解出来るようなクールかつ的確な指示である。しかしそれに当てはまらない標識が存在する。例えば...昨日、出張先にて出会したこの標識。そう、誰もが一度は目にしているであろう「歩行者専用道路」を示す道路標識である。

幼き頃、私はこの標識を見る度、えも言われぬ違和感(不安感)を覚えていた。左腕のクネクネ具合もあるだろう。だが本質はそこではない。それはこの絵に「誘拐」を感じていたからに他ならない(事実、友人達も共通の認識をしていた)。今回、久しぶりにじっくり見てみたが、受けた印象は子供の頃に感じたそれと大して変わる事は無かった。



要は、この標識は行間が多過ぎなんですね。だから、見る者に必要以上にイメージを想起させてしまうわけです。言い換えれば、この標識(絵)は完全に記号化されていないってこと。もっとはっきり言えば、標識としては失格というわけですな。
しかしなんでまた、こんなにもストーリーを感じさせる絵を採用したのだろう。怪訝に思った私はちょいと調べてみました。するとこんな事実が明らかになりました。

・・・

今から数十年前のこと、あるカメラマンが近所の公園で遊んでいる子供たちの姿をカメラに収めていた。そんな中、父親と女の子が手をつないで歩いている姿に目が留まった。そこで彼は、その仲むつまじい親子の様子をカメラに収めた。
ちょうどその頃、政府が新たに歩行者専用道路の標識を制定しようと、そのデザインを広く一般に募集していた。そのことを知った彼は、公園で撮影したあの親子の写真を、デザイン原案として応募したのである。すると、これが見事採用になり、図案化されて現在の歩行者専用道路の標識に描かれた親子のイラストになったのだ。
ところが、それから数ヶ月後、自宅で新聞を読んでいたカメラマンは、何気なく社会面をめくった時、思わず息を飲んだ。その記事は「幼女誘拐殺人・容疑者捕まる」というもので、容疑者として公園で会ったあの父親と思った男の写真が載っていたのである。そして、その被害者は、あの時の公園で見た女の子だったのだ…。  つまり、あの「歩行者専用道路標識」は、誘拐犯が少女を連れ去ろうとする、まさにその瞬間が描かれたものだったのである。


・・・

なんとまぁ、そんな裏話があったとは。。。



...って、んなわけあるはずないやん!!

誰が考えたか知らんけど、よく考えるよね(笑)
そういえば、小学生の頃とか、この手の話っていっぱいあったよなぁ。
いやしかし、こんな話が実しやかに広まっていたとはね。。。
知らなかったなぁ(知ってた?)。

・・・

ちなみに、この標識にまつわる話は以下の通りです(これはホント)。

標識のデザインは国際的な統一規格である国際連合道路標識に基づいたものであり、起源はドイツである。ドイツでは、男性と子供ではなく女性と子供というデザインになっている。これは、1970年ごろ、西ドイツのグスタフ・ハイネマン大統領が「歩行者専用道路標識は誘拐犯を連想させる」と国内で当時使用されていたデザインに関して問題視する発言したことを受けて、デザインが変更されたためである。

やはり、子供の頃に抱いた印象は間違っていなかった模様。まぁ今見ても、子供が後ずさりしているように見えるもんなぁ。ちなみに、大人の絵の方にドイツ兵の匂いを感じていたのだけど(ヘルメットと軍服を着用しているように見える)、まんざら外れてはいなかったみたい(!?)。


* おまけ *
標識のホニャララな部分。きっと落書きされたんだろうね。
で、上に白いシールだかなんだかと貼ったんだろうけど。。。
これはこれでどうかと。。。(苦笑)



[PR]
by taka-sare | 2009-10-21 19:47 | 雑感 | Comments(4)

[暗示するものは]

e0011761_1949467.jpg

吉兆?それとも。。。
[PR]
by taka-sare | 2009-10-19 19:51 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

望遠鏡を覗いてみれば

e0011761_1471866.jpg
<クリックすると写真が大きくなります>


季節の移ろう音がする。

昨日、周囲のあちらこちらに顔を見せたコヤツラですが、その翌日は梨のつぶて。

追記
少しおりました。
[PR]
by taka-sare | 2009-10-16 14:07 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[いましばらく]

e0011761_231657.jpg


ここのところ、ドタバッタンな状況が続いておりまして...なかなか投稿する事がかなわず。

ようやく一段落付いたので、そろそろと思っていますが...さて。

とりあえず、次回に書くであろうネタに関連する写真を一枚アップして今宵は終了。
え?コイツの正体?ヒントは「公」。オフィシャルな場で使われました。
(分かった方は「ニヤリ」とほくそ笑んでおいてくださいませ・笑)
[PR]
by taka-sare | 2009-10-15 02:12 | 雑感 | Comments(4)

足長おじさん現る!?

e0011761_11221588.jpg

筆者近影。
足が長いにも程があるっ中年!(笑)

本日はこんな時間(今の時期だと影はこんな長さになるのね)から活動しております。
[PR]
by taka-sare | 2009-10-09 11:22 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[琥珀と亀]

e0011761_049478.jpg


10月1日は珈琲の日、そして、日本酒の日。
しかし、この日は出張の真っただ中。
残念だけど。今年は両方共妥協するしか無いなぁ。

と、諦めていたら。。。

天候不良の為(仕事の成果が上がらないということで)、出張期間が短縮となり。
なんと、この日に帰宅する事になりました。
超絶晴れ男だけに何か意図的な気がしないことも...
いや、もちろん偶然ですけどね。

ま、理由はともあれ、家に帰ってきてしまえばこっちのもんです。てなわけで、この日の晩は、山形から送られし(注:I氏からではありません)芋煮セットで作った芋煮をアテに仙亀をグビリ。んで、恒例のコーヒ−で〆。いやぁ至福なり。よもや、良き酒、良き珈琲を堪能出来るとは思っても無かったので、その思いたるや...てなもんです。

ちなみに珈琲の銘柄は、仙亀の酸味に合わせるべく(って程のことでもないけれど)マラウィ。心地良い酸と香り(紅茶香)が好印象。
[PR]
by taka-sare | 2009-10-02 23:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)