<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

[いざ、ゲイシャの世界へ]

一度は学んでおこうと思っていたゲイシャの世界。しかし、凝り性な自分の事。一度手を出したら最後。とことんまで極めなくては気が済まなくなることは必至。だったら...

そう思い、これまで一切手を出さずにいたのですが。
遂に昨日、禁断の領域に足を踏み入れてしまいました。

そのゲイシャの名は...







エスメラルダ




出身は...





パナマでございます。




???




e0011761_102378.jpg

はい、珈琲の話ですが...何か?(笑)

近年、珈琲業界を震撼させた豆がありました。それは、パナマはエスメラルダ農園が産する豆(ゲイシャ種)でした。以来「ゲイシャ」という品種は一気に脚光を浴びることとなったのですが...。そうなると当然、熾烈な奪い合いになるわけで。そうなると当然、価格が否応無しに高騰するわけで。業界人が震撼するほどの香味とあれば、珈琲好きとしては一度は試してみたくなるというもの。されど、そこまでの状態になってしまうと「何だかなぁ」という気になってしまうのですよねぇ。私の場合。

そんなわけで、暫くの間は静観していたのですが。ようやく超異常な状態は脱したようなので(価格を含め相変わらずの感はありますが...)ちと、手を出してみてもいいかなと思い。この日に至った次第であります。

で、肝心の香味はどうだったの?

折角なので比較用にパナマの別農園の豆を用意し、両者をカッピングしてみました。
で、その結果ですが...「へぇー!!」って感じでした。って全く分からないですね。

数あるスペシャルティ珈琲の中でも際立った香味で、なるほど確かに面白いです。同じパナマでもこうも違うのかと言うほどの差があります。特に印象的なのは爽快で華やかな「酸」。もはやジュースと言ってもいいくらいで、珈琲はフルーツということを思い出させるくらいの鮮烈さがあります。アフターにシトラスを想起させる香味と微かな甘さ。おそらく、従来ある珈琲をイメージしていたら「え?これ珈琲なの?」となるかもしれません。まさしくこれは希有な特徴を持っている珈琲です。どのくらい突出しているかと言いますと...。そうですねぇ。一度飲めば誰がやってもブラインドで当てられるくらい、とでも言っておきましょうか。

いやね論より証拠。これは実際に飲んでもらうしかないです。
もし機会があれば一度お試しあれ(但し、いい状態のものを)。


* 写真の珈琲はカッピング中の光景。なので中身はアイスではなくホットです
[PR]
by taka-sare | 2009-07-30 02:09 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)

[土曜のウチの日]

午前中に所用を済ませた後は、思いつくまま行動。

e0011761_1282330.jpg

家人の希望により、某蕎麦屋で「冷やし湯葉蕎麦2009」を食す。
試作品を含め、これまで色々と食べてきましたが...これ、かなり旨いっす。

・言うまでもないが揚げ湯葉が旨い
・湯葉と梅の相性はやはり素敵
・揚げ湯葉のクリスピーな食感がアクセントになっている
・揚げの風味が全体の風味に奥深さを与えている
・大葉と茗荷の存在はおまけではなく生きている
・色々な要素が盛りだくさん(一見混沌とした環境)なのに旨くバランスがとれている

ファーストインプレッションはこんなところでしょうか。揚げ湯葉が入った事で、グッとまとまりが生まれましたね。特筆すべきは、蕎麦が最後までダレないってところ。この2009版は、ある意味完成系と言ってもいいかもしれません。
ただし。呑めない時は頼むべからず。さもないと...旨さの他、かなりの苦痛を味わうことになります。見ての通り、色々な酒を呑むことを想定しているとしか思えない構成なので(この店、そんなのばっかり)。大体なんなのさ、この湯葉の多さは!(笑)。ちなみに、私は完全にモダエリスタと化していました。そう、呑めなかったのです。いやはや。


e0011761_12121660.jpg

その後、ふらりコチラへドライブ〜。すると目的地直前で。。。土日が提灯ナントカ祭りとのことで(エエカゲン)、蔵造りの通りは完全通行止めになっておりました(コインパーキングはそのエリア内にある)。そいつは知らんかった〜。いつも使う市役所駐車場も混んでいるようだったので、ならばと秘密の場所へスルスルリ〜。車を停め、蔵造りへと歩を進める。祭りに加え、連ドラ「つばさ」の舞台になっているので、かなりの混雑を覚悟しましたが...予想に反し蔵造りの通りは普段通り。


e0011761_1285130.jpg

普段は車の往来が激しいこの通り。ゆえに、こんなカットはなかなか撮れません。で一枚パチリ。目的の、キムチ、ベーグル、珈琲豆を入手すると逃げるようにこの地を後に。だってメチャクチャ暑い中、目の前の店でコエドビール(生?)が売られているんだもの。


e0011761_1211312.jpg

写真はカボチャベーグル。他2種購入。ベーグル先生のモノとの違いを確認。


e0011761_1293831.jpg

祭りと言えば一週間ちょい前の話になりますが、遂に我が住みし町の祭りに行きました。

え?遂に?

はい、実はこの地に越してきて9年になるのですが、何故かいつも出張が入ってしまい、これまで一度も行った事が無かったんです。なので、何だかとっても新鮮で。つい予定より多くビールを呑んでしまいました(言い訳)。ていうか。この辺り自体、駅の反対側にあることもあってか、じっくり歩いた事は一度もありませんでした。

wikipedeiaによると、そこそこの荷物を抱えて江戸・日本橋を出立した旅人が、およそ1日歩き通して日暮れどきを迎え、宿を求めるのがこの辺りだったのだとか。それもあってか、中山道六十九次の中で栄えていた宿場町と言われていたそうですが...今や当時の活気は見る影も無く。全国各地でよく目にする寂れた商店街と化しています。もう少し歴史を生かした町づくりにすればなぁと思いますが...住人の出入りが激しい現状では、地域愛が生まれにくいから難しいだろうなぁ。

そんな事を思いながら飲んだせいでしょうか。
この日飲んだビールは、何だかちょっと苦く感じられました・・・(!?)
[PR]
by taka-sare | 2009-07-26 16:36 | 雑感 | Comments(4)

[ココハドコ?]

タカサレ恒例、写真で語る「ココハドコ?」。
今回はこんな所に行っていましたが・・・
さて、ここは一体どの都道府県でしょう。
(三枚目以内に分かった方は達人です)

e0011761_1811556.jpg

何やら道路脇にポツンと・・・

君子じゃないので、当然近寄ってみる。




e0011761_1813865.jpg

で、購入してみる。

ちなみに、この正体は馬肉の煮込み。
おお、ヘモグロビンなる風味よ。



e0011761_181548.jpg
馬ホルの...なんてのもありました。

そう。こちらは馬肉の専門店でした。
販売しているのはこの2品のみ。
流石は馬食文化のある地。潔いメニューですなぁ。



e0011761_1821071.jpg

馬肉の他、当地ではこれもあちらこちらで見かけます。

食べ比べると製造元によって結構風味が異なって面白いんですよね。

珈琲に合います。





e0011761_1822629.jpg

この季節、当地を車で走ると必ず見かけます。
但しこの県でも、ごく局地でしか見られません。

通称「ババヘラ」。
その実態は「路上アイス屋」。といったところでしょうか。
味はイチゴとメロンの2種...と思いきや。
メニューは1つしかありません。
ゆえに「一つ下さい!」の言葉と同時に仕込みが始まります。


e0011761_182384.jpg
で、完成した品がコチラ。2種のアイスを旨く使った薔薇盛り。これは「ババ」のスキルによって出来映えが違うらしく。場合によっては、薔薇盛りにならないこともあるのだとか。味は昔懐かしの「アイシー(←知ってます?)」風。アイシー風なので、ご覧の通り暑いと直ぐに溶けてしまします。

→ 正解はこちら
[PR]
by taka-sare | 2009-07-19 19:03 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[けんもほろろ]

先に書いたキジの話。ちと下(シモ)の話題に傾いてしまったなぁと、今更ながら。

下の句あれば上の句あり。百人一首じゃないけれど、下の話を書いたなら、やはり上の話も欲しいところ。え?シモ違い??まぁネタがキジだけに、カミは必要ってことで。

さて、おふざけはこのくらいにして本題に。

・・・

キジは飛ぶのが苦手。ゆえに飛翔姿はなんとも間の抜けた感があります。しかし、いざ走り出すとイメージは一転。高速で駆け抜けるその様は圧巻の一言。それはまるで、ディズニーアニメに出てくるロードランナーさながらであります。

自然の中にいると、不意に彼らに出会すことがしばしばあります。

大抵の場合は、早い段階でこちらに気付き逃げ去ってくれるのですが。
しかし、中には気付かずそのままコチラに向かって来る場合があります。

「おーい、早く気づいてくれぇ〜!」

そんな時は、のんきに近づいてくるキジに、こう「念」を送ることにしています。
真偽はさておき、これで気付くやつもいるので。
しかしその多くは、気付かずさらにこちらにトコトコと。

出来るなら脅すような真似はしたくありません。しかしそうなっては仕方がありません。
その際は、分かりやすく自身の存在をアピールし、退散してもらうことにしています。
これでほとんどのヤツは逃げさってくれるのですが。。。
あろうことか、ごく稀に「ドドドドドド!!」とコチラに突進してくるヤツもおりまして。

こうなるとさぁ大変。
相手はボルトの如き俊足ランナーゆえ、避けようにも避けられず。
ただただ、立ち尽くし事の次第を見守る事しか出来ません。

図体、声ともでかいキジが目の前をビュンっとくるわけです。
分かっていても心臓はバクバク。
大げさ?
いやホント、経験すると分かりますが、本当にビビりますって。

そんな事があるので、キジを見かけたときは必ず一言云ってやるのです。
おまえら、ホント勘弁してもらいたいもんだよね、と。
しかし、そんな事を言っても当然どこ吹く風のコヤツら。
これぞまさに「けんもほろろ」。
[PR]
by taka-sare | 2009-07-18 23:59 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[わんだーねいちゃー3]

e0011761_2351641.jpg

性懲りも無く(手抜き?)自然シリーズ第三弾。

・・・

「キジを撃ってきます」

いつだったか、自然の中で、同伴者にこう言ってその場を立ち去ろうとした事がありました。すると相手の方、怪訝な顔をして「えっ?キジですか!?」。

え〜?ダメですか??と戸惑う私。直後「あっ!もしや。。。」

そこで私は、これが「とある事」を意味する隠語だという事を伝えました。

・・・

はい、ココ笑う所です。
まぁ笑うと言うより、苦笑ものの話ですけど(笑)

ご存知の方も多いと思いますが一応説明をしておきますと...そう「キジを撃つ」とは、山中等で用を足す事(概ね大の方)を意味する隠語なんです(実際にキジを撃つ姿が、用を足す姿に類似するところからきていると言われる)。女性における「花を摘む」と同じですね。

この隠れた意味を知らなかった同伴者は、純粋に「え?キジを撃ちに行くって...」と思ったわけです。タカサレは突然何を言い出すのかとね。一方の私は、通じると疑わずにこの言葉を使っているので「えー、ダメなの〜?」と焦ったというわけです。

ともあれ、言葉の意味を説明した時の、可笑しさ、切なさと言ったらもう。だって「ということはですね...。はいそうです。いま私は、かなりさし迫った状態なわけなんです」と、わざわざ丁寧に説明しているようなもんですから。もうどんな羞恥プレーやねん!って感じですよ。もっとも、説明を受けた方は、尚の事だったでしょうけど(笑)。

ちなみに。この時、額に脂汗を滲ませながら説明したのは言うまでもありません。

・・・

久しぶりに雉肉食べたくなりました。
こんな話の後に言うのもなんですか...
[PR]
by taka-sare | 2009-07-17 00:25 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[わんだーねいちゃー2]

e0011761_13461150.jpg

目の前をスルスル〜っと横切ろうとしたコヤツ。おいおいスルーするなよ〜!っとカメラを向けると...ご覧の通り身構えてこちらをひと睨み。

噛まれちゃシャレにならないので、少し距離を置く。するとその隙に土の中へ。。。

蛇の道は蛇...(ちと違うな。まぁでも、そんなところか)。
そちらの考えている事はお見通し蛇〜と、先回りし土を掘り起こす(酷い!)。


e0011761_13503545.jpg

暗がりに逃げ込んだつもりが明るみに晒され思わず

「まぶしぃ〜!」

...と言ったとか言わなかったとか。


e0011761_13464565.jpg

そんな仕打ちに再び身構えるコヤツ。蛇はお金の神様と言われますが...こんな事をしていたら、ますますお金に縁(円)遠くなってしまうなぁ(汗)。

・・・

こっちじゃなくて、あっちのマムシが喰いたい今日この頃。


* 今日のなぞかけ *
ヘビとかけまして、噺家と解きます。そのこころは?
「どちらもかまれると痛いです」
[PR]
by taka-sare | 2009-07-15 17:10 | 自然・季節に触れて | Comments(6)

[わんだーねいちゃー]

昨日の昼頃のこと。背後からブ〜ンと何やら飛んで来るヤツがいました。

羽音、飛び方、シルエットからするとカメムシか?
そう思い、ふとそちらを見やると...







e0011761_0404031.jpg

エチオピアな色をしたコヤツが、目の前の車にとまりました。

ん?予想通りカメムシだけど...一体何ヤツ?

虫(のみならずだけど)には明るくない私。そこで、早速その正体を調べてみる。すると「ヒメハサミツノカメムシ(Acanthosoma forficula)」という事が判明しました。

名前に「ヒメ」と付くからにはと思い、さらに調べて見ると...やはり「ハサミツノカメムシ」なるヤツが存在しました。両者の違いは、大きさの他、両肩に鮮明に赤色が出るか否か。また、お尻にある赤いハサミ状のものが、平行になっているかハの字になっているか。なのだとか(いずれも後者が本種の特徴)。

・・・

はい、全く役に立たない知識でどーもすいません(苦笑)。
ではお詫びに、もうちょっと面白いネタをば。

この大きなハサミは何の意味が有ると思いますか?
正解は「交尾の際、♀を挟んで逃がさないようにするため」なんだって。
へぇ〜〜、面白いなぁ(え?そんなことない?)。

ってことは?
そう、このハサミを持っているのは♂だけなんだそうな。
[PR]
by taka-sare | 2009-07-14 00:00 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[豚ホルでホット一息]

(続き)

黙々とカツ丼を食べていると、一作業を終えたらしき主人が調理場から顔を出し。以後、談笑タイムと相成りました。

その中で驚いたのは、ちょっと前に大病を患い1年半ほど店を閉じていたということでした。ある時期からパタッとコチラの情報が途絶えていたのですが、そうかその為だったのかと一人納得。まだ本調子ではないんですけれどねぇ...という御主人に、ともあれここまで回復されて何よりでしたと私。

そういう事情があってなのか、最近はお弁当が中心とのことでした。実際、この時店内で食べていたのは我が家のみ。それもあってか、その後も色々と気さくに話をしてくれました。そこで、来店前から気になっていたある事を切り出すことに。

「あの〜、こちらではホルモンも出されていると伝え聞いているのですが...」

(ここで一応説明しておきますと...寄居は養豚が盛んな町なのです。カツ丼、ホルモン、味噌漬け豚、カシラなどが名物となっているのはそれが故)

すると「えーっと。ちょっと待って」と言い店主に確認する女将。で「ちょうど一人前だけありました」と。それを聞いて「わー、じゃあかなりラッキーでしたねぇ。実はワタクシ、大のホルモン好きでして」と言うと「うんそうかも。確かにお客さんはラッキーかもしれないね〜」。なんでも、以前は常備していたそうですが、再開してからは土曜のみ(それも毎週ではないらしい)しか出していないのだそう。実は当初の予定では平日に訪れる予定だったのですよね。でも何か感ずる所がありまして...敢えてこの日を選んだのです。うーむ、何たる巡り合わせだろうか。これもまたホルモン神のお導きなのか!?

・・・

家に帰り、早速購入した豚ホルを食べる事に。以前は辛ダレに漬けて販売していたそうですが、それだと(多かれ少なかれ)ドリップが出てどうしても味がぼやけてしまうので、最近はセパレートにしたとのこと。ちなみにこの辛ダレ。会話の中から私が余程のホルモン好きと理解したのか、通常1袋のところ特別に2袋も頂いてしまいました(笑)。


e0011761_0572039.jpg
タレの中にホルモンを投入し軽く揉み込み網でジュジュッ。表面がいい具合に焼けた所でもう一度タレに漬け再度ジュジュッ。脂の香りと唐辛子の香りが渾然一体となって辺りを覆い尽くす。この匂いだけで、ビール一本、燗酒一合イケルぜ。









e0011761_0574214.jpg

店主曰く「最近の辛ダレは甘いのばかりでね。きちんとした辛さがあるものがほとんどないんですよ」。その時に舐めさせてくれたのがこの辛ダレでした。ひと舐めすると確かに最近のものには無い辛さが。すると「3回続けて舐めると味が分かると思います」と。試してみると確かに、奥からググッと旨味が感じられます。なるほど〜と思っているとさらに「カツ丼にちょっとつけて食べても面白いですよ。豚バラに使ったら最高」。実際豚カツにつけて試してみると...お、豚の旨味・甘みの輪郭が明確に感じられるように(他の店の豚カツに合うかは不明)。

そんなことがあったので、豚ホルにも良い相性を見せるんだろうなと思っていましたが...その相性は予想以上でした。何といいましょうか。ホルモンの脂の甘さがマスキングされず上手く引き立つんです。これを知ると確かにホルモンには甘ダレじゃないなと納得です。

焼き鳥(カシラ)で有名な東松山で使われる辛みそ。これに影響を与えたのが寄居の辛ダレと言われているそうですが...なるほどこれなら影響を受けるかもしれないなと思った次第。

サニーレタスサンチュに巻いて食べると、これまた堪りません。
当然、ビール&にごり酒は進むよ、何処までも〜♪ってな具合で。
この夜、トントン拍子で酒が進んだのは言うまでもありません。豚だけに。

(おしまい)
[PR]
by taka-sare | 2009-07-13 02:24 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)

[トンでもないカツ丼に会いに]

何故だろう。カツ丼がオレを呼んでいる気がする。
というわけで、昨日は埼玉県は寄居町へと車を走らせました。

「え?寄居町でカツ丼?」

そう、寄居は知る人ぞ知るカツ丼が名物な町なのです。

「ていうか、寄居って何処にあんの?」

はい、埼玉県北西部に位置します。秩父、長瀞の手前(東側)くらいにあると言えばイメージが湧くでしょうか?ちなみに、映画「ノン子36歳」の舞台になったのが寄居町らしいので(知らなかった)興味が有る方は。

・・・

e0011761_11105486.jpg
途中、小腹が減ったので、熊谷辺りで「いがまんじゅう」を食す。これ、限られたエリアでしかお目にかかれないので、同じ埼玉県民でも知らない人が多いそうな。かくいう私は、口にするのはこれで2度目です。1度目は9年前に発祥の地?に住む友人がお土産に持ってきてくれました(もうそんなに経つのか...)



e0011761_11111970.jpg

饅頭を赤飯が覆う二層構造。友人が持ってきたものはもっと大きく、さらにインパクトが大きかったと記憶しています。見た目の奇抜さに反し味は素朴で食べやすいのですが...やっぱり不思議な食べ物だなぁ。






軽く?腹ごしらえをした後、目的地へGO!

寄居で名を馳せている店と言えば「今井屋」と「まるい食堂」の2店なのですが、実はわたくしこれまで寄居のカツ丼は一度も食べた事がありません。一時期、仕事で通っていたんですけどね。てなわけで、両方の店が気になるのですが、さすがにカツ丼2杯はキツい。ていうか無理(今「フッ」と笑ったそこの君。そりゃあ君なら食えるだろうけどね・笑)。じゃあどっちにする?


e0011761_13443173.jpg
で、選んだのがコチラ「まるい食堂」さん。この写真を見るとコジャレタ感じの店に思えるかもしれませんが、さにあらず。情報無しに初訪問したら、先ず一回は通り過ぎてしまうこと必至。事実、私は一度通り過ぎてしまいました(笑)。興味が有る方は是非、ご自身の目でお確かめを。





店内は2テーブル、8席のこじんまりとした空間。
ご主人、女将さん共々、気さくで親切。イゴゴチ良し。
いいなぁこういう雰囲気。

「カツ丼でいいのかな?」
「はい」

そんな会話を交わし、暫く待つと、噂のカツ丼がやってまいりました。



e0011761_11113318.jpg

これが「寄居のカツ丼」。噂通り、キャベツ無し、卵無し。トンカツのみの潔さ!

コチラの店では国産豚のヒレカツを使用。それが三枚。タレは甘辛といった具合。甘辛風味のベースは醤油と砂糖。初めての体験なのに何だか懐かしく感じるのは、煎餅を想起させるからだろうか。甘いのはあまり得意では無い私ですが、これは問題なく食べられます。きっと塩梅の良さだろうな。丼を持つ手が震えるほど?米の量が尋常じゃなく、かつ(シャレじゃないよ)具は肉のみなので、途中食べ疲れもしましたが、クドさが一切無いのでもたれることはありませんでした。いやー食った食った。


つづく(時間がないので・苦笑)
[PR]
by taka-sare | 2009-07-05 14:23 | 飲む・食べる・呑む | Comments(8)

[愛す珈琲]

e0011761_12728.jpg


旨い、旨すぎる!

と聞いて十万石まんじゅうを思い浮かべた貴方はなかなかの埼玉通。
ちなみに、十万石まんじゅうの包み紙の絵は棟方志功によるものです。
(豆知識:十万石まんじゅうと棟方志功)。

閑話休題。

わざわざBLOGに書く事でもないのですが。
今さっき作りしアイスコーヒー(独自にブレンド)が予想以上に美味しくて。
その感動を自分の中だけで消化出来ず、ついその思いを公開した次第です。
長年作っていますが、店で飲んだものも含め、ベスト5いやベスト3に入る出来です。

興味が有る方は、どうぞ私に注文されたし!?
[PR]
by taka-sare | 2009-07-04 23:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)