<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

[いざ、長崎へ]

おかげ様で腰の具合は良好。今現在は無理な運動さえしなければ、ほぼ問題の無い状態まで回復しております。そこで先日、この時の恩を返すべく友人Tを食事に招待しました。

向かった先は、以前から一度連れて行くよと話していた店「N」。ここは長崎出身のご夫婦が営む、知る人ぞ知る長崎郷土料理の店です。「え!?ここ?」と思われる店構えゆえか、店先で躊躇した結果入らず帰ってしまう方も少なくないとか。なので、お客の多くはリピーターのようです。

夕方過ぎ、店内に入ると客は一組だけ。狙い通り。早速おつまみとメインを注文。調理場が落ち着いているので、こちらの食べるペースに合わせて食べ物が出てくる。それが心地よい。この店は昼は混雑しているのでこうはいきません。やはり夜来るに限りますね。って、夜にしか来た事が無いのですが(苦笑)。


e0011761_1274611.jpg

先ずはごま豆腐と南蛮漬けを。え?南蛮漬けは売り切れ?そりゃ残念。じゃあ餃子2人前も。ごま豆腐はピーナッツバターを彷彿とさせる風味。箸休めにしたり、スイーツとして食後に食べると良い感じ。




e0011761_1264018.jpg

餃子は薄皮に野菜たっぷりの餡が。この日は僅かに焼きが強かったけれど、基本的にいつも絶妙な加減に焼き上げられます。地味なんだけど何度食べても心がホッとする旨さ。エッジの効いた風味もいいけれどこれもまたいい。この店に来たらマストです。






e0011761_12351495.jpg

長崎話に花を咲かせていると、まずメイン第一弾「ちゃんぽん」が登場。相変わらず具(特に野菜)がたっぷりなのが嬉しい。胡椒をたっぷりかけてお召し上がり下さいとすすめられるが、私はそのままで食べ、時々胡椒を入れて食べるが好き。スープは日によって多少ぶれますが、基本(旨味はあるが非常にスッキリ)は変わらず。私は、ラーメンなどの汁は基本的にほとんど残します。でもこの店のものは麺と具を食べ終わった後も暫く啜ってしまいます。人によっては物足りない、コクが足りないと思うかもしれませんが、私は好きだなぁ。旨い日に当たれば最高です。胡椒を入れると輪郭がハッキリするので、物足りなく感じる人は最初からタップリ入れるといいかもしれません。


e0011761_12352969.jpg

真打ちの「皿うどん」が登場。店先には「ちゃんぽん」の看板がありますが、おそらくこちらの方が有名なのではなかろうか。

この店では人数分が一皿に乗せて供されます。ちなみにこれで二人前。四人前くらいになると40〜50cmの大皿に溢れんばかりに盛られるので圧巻です。初めて見た方は大抵その量に唖然とするのですが、風味が優しいので飽きずに食べられます(揚げ麺でかさ上げされていますしね)。
店では本場同様ウスターソースをかけて食べて下さいとすすめられますが、野菜の旨味がタップリなので何もかけないでも十分美味しいです。もちろんソースや酢をかけて食べるも良し。

決して良いとは言えない立地。薄暗くこじんまりとした店内(ごめんなさい)。人を遠ざける要素が満載なのに、それでも客は何度もこの店を訪れる。長崎出身の方がチャンポンと皿うどんを食べながら涙したという噂は本当なのかもしれません。
[PR]
by taka-sare | 2009-03-30 00:37 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[スイーツもパスタ!?]

紹介した本人が行かないのも何だかなぁと思い「マ・パティスリー」に行ってきました。

ついぞ先日、友人の息子さんが卒園の日を迎えたというので、以前から「食べてみたい」と言われていたバウムクーヘンをプレゼントすることに。と思っていたのですが、店頭にその姿はありませんでした。残念。そこで、代わりにマ・パティスリー限定という「ウンチャーラナンチャラ(失念)」というシンプルなスポンジケーキをお祝いにすることにしました(日本のお菓子に例えるならカステラに少し近いでしょうか、と店員)。で、折角だからとその後は自宅用に、未食のものを幾つかセレクトすることに。


e0011761_18583235.jpg[ノイエス]
オーストリアの生チーズ「トプフェン」が使われたレアチーズケーキ。土台に極薄スポンジがあり、その上にムース状のレアチーズケーキが乗るというシンプルな構成。口に含むと最初にチーズのコクや酸味が広がります。と思っていると直ぐさまシュワ〜ッと溶けてしまいます。溶けきる頃、舌の上にミルキーな風味が静かにフワッと現れるのが印象的。

しっかりとした骨格がウィーン菓子の特徴ですが、このケーキはその枠に入りません。だから商品名にこの名をつけたのかな(ノイエス=新しい)。ちなみに、このケーキにはルワンダを合わせてみました。決して悪くはないのですがマリアージュとは言えないかなぁ。じゃあ何が合うだろうと思案するも思い浮かばず。単なるレアチーズケーキなら見当がつくのですが、この食感となると...うーむ、難敵現る。宿題だなぁ。



e0011761_14323693.jpg[モンブラン]
コヤツも家に連れて帰る事に。以前この店で購入した栗のシロップ漬けが美味だったので。自家製マロンペーストは濃厚なので私は珈琲必須。ですがしつこさはありません(イタリア栗と和栗で作っていると思われる)。アフターに訪れる渋皮の風味が濃厚さを断ち切るからかな。土台になっているカリカリのメレンゲが食感にアクセントを与えてくれます。

合わせた珈琲はリントンとマラウィ。中のクリームを考えるとリントンに軍配があがるか。しかし栗の風味に焦点を合わせると...。これも宿題ですね(会員の皆さま。栗の風味には何が一番合うか。これは秋以降に会でとり上げますので)。

モンブランは500年の歴史を持つといわれるだけあり、その姿は多種多様ですが...ノイエスのそれは強いて言うならば「アンジェリーナ」の系統に近いかもしれません。まぁ、アンジェリーナは、ウィーン出身の菓子職人が開いた店ですからね。何かしら通じるものがあるのかもしれません。ちなみに。ご存知?の通り、モンブランはイタリアの「ヴェルミセル」が、フランスにそして世界へと伝わったお菓子と言われています。それを考えると、ノイエスのように細い糸状のペーストが本来の姿なのかもしれません。伝統を大事にする野沢シェフ。それ故にこの太さにしたのでは?と勝手に想像していますが...さて真実や如何に?(ヴェルミセル:極細パスタの意)

・・・

e0011761_1859174.jpgパスタと言えば、訳あって、我が家には今、多種多様なパスタが大量にあります。そこで、手を変え品を変え頂いているのですが...例えばこの日は、ペンネグラタン(底に薄切りジャガイモ。その上に小さく刻んだアンチョビ、短冊に切ったネギ。チーズはブレンド)を作りました...なかなか底が見えてきません(価格高騰のご時世を考えると、贅沢な悩みですね)。パスタ料理のネタが少ないので、最近はパスタを使ったレシピを漁っているのですが、なかなかピンとくるものに出会えず難儀しております。ということなので、もし何かおすすめレシピがありましたら教えて下さいませ。
[PR]
by taka-sare | 2009-03-26 16:27 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)

[マ・パティスリー]

伊勢丹新宿店本館(B1F)に「マ・パティスリー」なるコーナーがあります。そこでは、厳選された人気店やパティシエを毎週紹介しているそうですが、そこに、この場で何度か(バウムクーヘンやアプフェルシュトゥルーデルの話で)紹介したウィーン菓子店「コンディトライ・ノイエス@青葉台」が出店します。

以前ブログで書いた通り、ここのパティシエは高校時代の同級生ということもあり、陰ながらこのお店を応援しております...とはいっても当時は面識が無かったんですけれどね(ただ、わけあってお互い相手の事は知っていた)...ゆえに、この場で紹介した次第。

全種類食べた事があるわけではないので全てに当てはまるかどうかは分かりませんが、これまでの経験からすると...こちらのお菓子は、クドさがなく、2〜3口目くらいから素材の風味がじんわりと口内に広がるのが特徴で、私はそこが気に入っています。なので、甘いものがあまり得意ではない方や素材の風味をじっくり楽しむ方に特にお勧め。事実、以前「ウィーン菓子は甘くてちょっとね...」と難色を示していた方にすすめたところ、ここのものは大丈夫と言ってもらえました。

人によっては「何だか物足りない」「パンチが無い」等と感じるかもしれませんが、まぁそれはそれ。好みは人それぞれですからね。何れにせよ品質は保証しますので、興味がある方や新宿方面に足を運ぶ機会がある方は是非一度足を運んでみて下さい。

期間は3/18(水)~24(火)までです。。。って昨日からじゃん!
ちなみに、22日(日)の15:00からはパティシエ自らが接客するそうです。

あ、私のハンドルネームを言っても通じませんので。念の為(本名でギリギリかも?)。
[PR]
by taka-sare | 2009-03-18 23:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[怪我に光明]

桜の花が咲く前に腰痛話に花?が咲く今日この頃。皆様、如何お過ごしでしょうか?

さて、腰が痛いのは相も変わらずなのですが...腰に張っていたバネの本数が減った、もしくは緩くなってきたと言いましょうか。一昨日辺りから、回復の兆しが現れてきました。
とりあえず、世の卒業シーズンに合わせてか、私もアシモから卒業のようです(但し、長時間同じ格好で座らなければ、の話ですが)。一時の歩けなかった事を思うと、大いなる進歩。行動範囲がグッと広がったのが何より嬉しい。

e0011761_13155372.jpg

今現在の心象風景。


この調子で足繁く整体に通えば、予想よりも早く、日常生活に支障のない程度まで状態を戻せそうです。ということで、今日もいつもの接骨院に行く事にしたのですが...

夕方。車に乗り込みいざ行かんとエンジンをかけると・・・あれ?
何度かキーをまわすも一向にかかる気配がない。あちゃー、もしかしてガス欠!?(人生初)
近頃構っていなかったとはいえ、考えられないミスです。やれやれ何やってんだか(結局この日は整体出来ず)。

車が無いと接骨院に行けないので、明日にはなんとかせんとなぁ。とほほ。折角の機会だから、これまた人生初となるJAFを呼んでみようかなぁ。生活圏に呼ぶのは恥ずかしいけど(ちょっと楽しみかも?)。
しかしまぁ、人間に次いで車までガス欠とはね...いやはや。
何だか全体的にメンテナンスが行き届いていないなぁ、自分。猛省。
[PR]
by taka-sare | 2009-03-17 23:59 | 雑感 | Comments(4)

[怪我の功名!?]

腰を痛めた翌日から出張でした。

マッサージのおかげもあってか、全く動けない状態からは抜け出した?ので、半ば強行で出張先へと向かいました。が。やはり現実はそう甘くはなく。日に日に状態は悪化し、出張最終日には歩くことが困難な状態になってしまいました(整体師の「保って2日です」の言葉に偽り無し)。その時の歩き姿といったらもう。例えて言うなら...アシモ初号機のそれに等しく速度はそれ以下といった具合でした。いやホント。アシモ現行機のパフォーマンスなんて夢のまた夢。

さて、そんな状態ですから自力で帰れるわけも無く。こりゃ困ったと思案。「でも休みながら行けば何とかなるかも?(出張先は神奈川と東京の県境周辺)。そこで荷物を持って試しに歩いみると...それはかなり困難な道と思い知ることに。じゃあどうするよと再び思案。こうなったらもう恥も外聞もありません。ということで「友人に車で迎えに来てもらう」というカードを切ることに。

友人Tに「大荷物を搬送してもらいたいんだけど」と依頼のメールをすると「分かった。仕事が終わったら迎えにいくよ」という有り難い返事が。曰く「今日で良かったよ。他の日だったら無理だった」。いやぁラッキーでした。日頃の行いの良さってこういう時に現れるものですねぇ(!?)。ちなみに。待ち合わせ場所に迎えに来てくれた時、友人に後光が射して見えたのは言うまでもありません(嘘。いや、半分くらいはホントかも)。おかげでダメージを受けること無く帰宅が出来ました。感謝。この恩は一升、否、一生忘れることはないでしょう。多分。きっと。

・・・

友人が迎えに来るまでの間、礼の品をと、ご当地ならではの土産を物色。とはいえ、歩き回ることは困難なので、待ち合わせ場所である橋本駅に隣接する「me we」なるビルの地下の土産菓子売り場で事を済ますことに。フロアをウロウロ(フラフラ)していると、一件だけホワイトデーとは一切無縁な店(煎餅屋)を発見。その潔よさに惹かれ近づいてみると...なんとあの「津久井せんべい」じゃないですか。

* 津久井せんべい *
津久井湖畔にある煎餅屋。看板商品の「ブランデー煎餅」は一部で有名。ちなみに、タカサレは数年前この地を訪れた際この店の存在を知る。以来ずーっと気になっていた。


閑話休題。

Q:「気になっていた」ということは...一度も試していないの?
A:はい。

確かにいつもの私なら、モノは試しにと迷わず試していることでしょう。しかしこれに限ってはこれまで機会があったにもかかわらず手を出さずにいました。それは...実際に訪問してみれば分かるかと思いますが...店の看板(リンク先参照)とデカデカと掲げられた「内閣総理大臣賞受賞」の文字が凄いから。だってこういうのをドーンと全面的に押し出している店って、大抵、店主が面倒だったりするじゃないですか。それを思うとね。例え美味だとしても敬遠したくなるわけで。そんなわけで、津久井せんべいは、私の中では幻の煎餅として位置づけられることになったのでした。

その幻の未体験せんべいが突如目の前に現れたわけです。ときたら、そりゃーもう試さないわけにはいきませんわな。ということで直ぐさま物色開始。すると...店員のおばさんが接近し「良かったらどうぞ」。見るとその手には、かの有名?な「ブランデーせんべい」が。「これがあの!」と思わず興奮(でも腰が痛くて感情が表に出ない)。当然断ることなく試食。なるほどこれがそうなのかーと感慨深げに(そして真剣に)味わっていると、次々に試食を勧め始めるおばさん。この機会にと言われるがままに試食する私(試食したのは「ブランデー」「コーヒー」「コショー」「あまから」「カレー」の5種)。

結論から言うと、看板のブランデーせんべいは好みが大きく分かれるかなと思いました。但し、煎餅自体は品質が良く美味しいです。クドさがないのも好印象。こいつはアミノ酸等とかを使っていないなとパッケージをひっくり返し原材料を確認してみると、やはり余計なものは一切使われていませんでした。材料本来の風味に好感を持った旨を伝えると「うちは材料にこだわっていまして。使っている米は田圃を指定しているんですよ」と店員。なるほどねぇ。

・・・

礼にと選んだ煎餅は以下の三種。

e0011761_14404472.jpg
「珈琲」の名のつくものはとりあえず試すことにしている私。ということでこれは迷わず入手。味は...どうだったっけ?いや、店先で試食したのですが、その後に次々と食べさせられた為ハッキリと覚えていないのです(苦笑)。自分用にも買ったので後でじっくり味わうとしよう。後学のため珈琲に合うかも試さねば。



e0011761_14412151.jpg
店員曰く「人気商品」というこの2種。「あまから」は甘さと辛さのバランスがなかなか良い。「コショー」は挽きたての鮮烈さあり。いずれもアミノ酸等が使われていないから、米及びまぶされたフレイバーを純粋に楽しめる。これを食べると市販のものが如何に作られた風味かがよく分かります。




試食した範囲で感じたのは、受賞した商品より「あまから」や「コショー」などノーマルなものの方が煎餅の良さが分かっていいなということ。なので、もし津久井せんべいを試す機会があるならば、それらを軸に試してみることをお勧めします。

いやしかし、縁というものは何がきっかけで繋がるか分からないもんですね。今回なんかは、腰を痛めていなかったらこの煎餅(店)に辿り着くことは無かったわけですから。いやはや、腰も痛めてみるもんですわ(いや、痛めない方がいいです)。
[PR]
by taka-sare | 2009-03-16 02:23 | 出先・旅先での一コマ | Comments(4)

[春の息吹]

e0011761_23373013.jpg


春の日和に桜(混種)が咲き、桜の匂いに誘われ虫がやってきた。
(そして、そんな光景に誘われ私もやってきた)

突然気温が上がった所為だろうか。
空の向こうでは、積乱雲が発達しかかっている。

いよいよ春ですねぇ。
[PR]
by taka-sare | 2009-03-10 23:53 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[凝り性の行く末]

昨日の朝。起きた時から気になっていた腰痛。
それが、ある時を境に急激に酷くなった。

こりゃーただ事ではなさそうだなぁと思うも、こなさなければならない用事があったので、身体に鞭を打ち車で某所へと向かう(この後、これがトドメを刺す行為になることを知る)。

用事を済ませた後、再び車に乗る。すると腰全体にかつて経験した事の無い激痛が走る。これまでに何度か腰は痛めているし、職業病みたいなところもある。ゆえに、大抵の痛みには耐えられるし対処出来る。しかし今回はそういう範疇を超えていた。ついには、歩くのも困難になるほど身動きがとれなくなってしまいギブアップ。

ということで、妻に頼んで知人がすすめる接骨院に連れて行ってもらうことにした。

担当の先生は背面の筋肉を触って一言「物凄いことになってますね」。なんでも、脹脛から、大腿部、臀部、背中とB面筋肉全てがガチガチに凝り固まっているらしく。その疲労の蓄積具合が尋常では無いとのことだった。曰く「いつ足がつってもおかしくない状態なんですが。。。つったりしません?」。先生には「つった事はありません」と答えたが、今思うと実は背面全てがつりかかっている状態だったのかもしれない。

一朝一夕では回復は望めないというので「ということは、週一くらいのペースで通わなくてはダメですかねぇ」と聞くと、とんでも無い!という表情で「今はとにかく可能な限り続けた方がいいです」と言われてしまう。まぁ確かに鉄は熱いうちに打てといいますが(?)...うーん、良くはないとは思っていたがそんなに酷いのか。しかし、マッサージをしてもらい直ぐに、自分の身体が如何にヨロシクない状態であったかということを理解した。こりゃあごっついパワフル系男子でなければほぐせ無いだろう。とにかく凄い張り方なのである。

今私の身体は車でいうところのサスが全て効かなくなっている状態。となると、外部からの衝撃は人類のアキレス腱とも言える腰椎周辺に集まるわけですな。当然ダメージはハンパね−わけで、歩けなくもなるわけです。そんなわけで、今後暫くは痛飲...ではなく通院とストレッチを続ける日々となりそうです。ま、いい機会なので、とことんメンテに励むとします(凝り性)。今回のような痛みはもうこりごりなので(コリだけに?)。
[PR]
by taka-sare | 2009-03-08 13:07 | 雑感 | Comments(6)