<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

[古老が舞った夜]

石戸蒲ザクラは大正11年(1922)10月12日に国の指定を受けた天然記念物です。指定当時はかなりの巨木で、日本五大桜の一つに数えられていました。戦後はしだいに衰えを見せ、現在では1本の幹と、孫生えが残るだけとなりましたが、毎年4月10日前後には、白く可憐な花を咲かせ、見学者の目を楽しませています。なお、樹種は和名「カバザクラ」という世界でただ1本の品種で、最近の研究ではヤマザクラとエドヒガンの自然雑種と考えられています(引用:北本が大好き)。

先日紹介したこの舞台の主役、イブ・チュニック(通称)の踊りを観ながら、私はこの樹齢約800年の桜(カバザクラ)の姿を思い浮かべていた。

・・・

男性が舞台に登場。神聖な舞踊ということもあってか、清めながら静かに祈りを捧げる。お香の香りが会場の隅々にまで漂うと、場の雰囲気がガラリと変わった。会場は静まり返る。いい感じ。祈りが終わると先ずは器楽演奏。その後、三人の踊り子が登場となった。今回の目玉であるイブ・チュニックは、踊り子二人(孫と曾孫)に両脇を支えられながら舞台裏から登場。三人はステージ脇にある椅子に座り自らの出番を待っていた。最後のレゴン(踊り子)と称される彼女は、通訳の説明によれば今年で88歳(推定)。確かにどこからどうみても「おばあちゃん」そのもの。この老婆が本当に舞台で踊りを披露出来るのだろうか。失礼とは思いつつその思いを拭いさることは出来なかった。

曾孫(18歳)はさすがに若いだけあって踊りが生き生き。当然熟成はされていないものの、観ていて小気味よく感じられた。孫(44歳)は脂がのる年齢だけあり安定感は抜群。実に堂々としたものだった。とりわけ男性的な力強さが迸る様が印象に残った。

さて、それら親族の長であるイブ・チュニックはというと...女史は二人の手を借り椅子から立ち上がると、おぼつかない足取りで一人舞台の中心へ。大丈夫か?さらに不安が高まる。そんな中、女史はガムランの音に合わせ踊り始めた。すると...

その指はほとんど反らず、例のギョロギョロ(バリ舞踊特有の目の動き)も控えめ。身体も大きく動かない。やはりこの公演は「イブ・チュニックの踊りを観ることが出来た」という事実に価値があるのか?と、ちょっと不謹慎な思いを抱きつつ踊りを見続ける。すると直ぐ様あることに気がついた。なんと、小さな動きながらもガムランの高速でリズミカルな伴奏に女史の身体全体が見事に反応していたのである。合わせているのではなく、血肉、そして魂が自ずと反応する。そんな感じ。あらゆるリズムに動きがフワッと合うのでとても心地が良い。メリハリがしっかりと感じられるので間延びが無い。気付けば老体を心配する自分は消え去っていた。

会場でもらったパンフにある「教わったのではなく見て覚えてしまった」という女史の言葉が紹介されていた箇所を読んで、なるほどと思った。そうでなければきっとあの踊りは生まれないだろう。しかし、そう感じることが出来たのは、おそらく女史の動きが少なかったから。もし動きが激しかったら...ここまで内面にまで思いが至らなかったかもしれない。


* おまけ *

e0011761_23101649.jpg


会場でつい、このようなものを購入してしまいました。
さて、これは一体なんでしょう?
[PR]
by taka-sare | 2008-09-30 14:01 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(0)

[聖地巡礼]

遂にあの聖地へ行きました。

・・・

巡礼当日。朝起きると胃腸の調子がよくなかった。でもまぁ、そのうち調子が戻るだろうと楽観視。気にせず目的地へと向かうことにした。しかし、道中、快方に向かうどころか体調は悪くなる一方だった。そんな時、ふとこの歌が静かに頭の中で鳴り響いた。



この調子ではどうにもならんな。そう思った私は、この日同行する予定の友人宛に「体調悪し」という旨のメールを送った。勇気ある撤退もやむなしと考え始めた頃、友人からメールが返ってきた。そこにはこんな一文が書き記されていた。「とりあえず、倒れるトコまでいってみようか」。この一文に何故か気が楽になった私に、もう迷いは無かった。

・・・

昼過ぎ、聖地に到着。しかし友人の反応がどうも鈍い。さすがは下町育ち。これくらいでは驚かないのか。そう思いながら「ここが聖地だよ」と指差すと、友人はその方向を見て「えぇ!?ここがそうなの?」。やはりそう思うよね。

e0011761_16282619.jpg頭上にはミルクホールと書かれた看板。目の前には幾度となく見たあの暖簾が(この日は道路側を向いていた)。遂に...高ぶる思いを落ち着かせた後、カラカラと扉を開け暖簾をくぐる。中に入ると店主が優しく微笑み静かに「いらっしゃい」。カウンターには赤い電動ミルが(富士ローヤル製?)。奥の席に座り、珈琲とホットドックを注文。暫くすると、厨房から包丁でキャベツを千切りにしている音が聞こえてきました。...と、このまま描写を続けたい所ですが、ここは聖地。ゆえに説明はこれにて終了。当然写真も無し。後は訪れた人のみぞ知る、ということで。

この店の中の時間は外界よりも少し緩やかに流れているようです。そう思わせる雰囲気がそこにはありました。洒落た店でスペシャルティーコーヒーを堪能するのもいいですが、このような雰囲気の中で飲む珈琲はまた違う良さがあります。店が存在する内に、また訪れてみたいものです。今度はミルクホールのいわれの通り、ミルクでも注文してみようかな。

・・・

店を後にした我々は徒歩で北千住へ。とその前にデザートを食べに寄り道をすることに。

e0011761_16284233.jpgこの地に通うようになって足掛け9年。遂に道の角にある店の団子を口にする事が出来ました。この日食したのは「焼き(みたらし)」と「あんこ」。手で丸めそして扁平に潰した団子が串に3つ。みたらしは醤油をきかせた甘辛味。私はこの甘辛さ加減は初めての体験。備長炭?で程よく焼かれたことで外弾中柔となった団子はほんのり香ばしく、そして甘みあり。一方、あんこはやや塩をきかせた甘さ抑えめ風味。焼いていない為か団子はより柔らかく、ふわもち食感。試しにと、お土産に買って返り家で同じ団子を食べてみると...おぉ、こんなに違うのか。方々から「作り立てを是非!」と聞いていたがなるほどと納得。「これがあの!美味しいね」と頬張るみたらし団子狂の妻に「出来立ては全然違うんだよ」と私。すっかり地元民気取り。でも、本当にそうなんだもの。いずれにせよこの食感こそがこの団子の名を高めていると実感した次第です。他に豆餅があるようなので、今度はそれも食べてみよう。
[PR]
by taka-sare | 2008-09-25 17:52 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[隠された意味]

e0011761_1211952.jpg


いつも行く酒屋でこんなものを発見。

何ゆえ逆さまにラベルを貼ったのか...
もしや、手造りからかけ離れてしまった世の中に対するアンチテーゼ!?

真実は専務のみぞ知る。
...と、勝手に深読みする日曜日の夜。
[PR]
by taka-sare | 2008-09-21 23:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)

[解決ならず]

飲み残した泡盛を消費すべく立ち上げた祭り沖縄フェスタ。偶然にもその翌日、コラーゲン祭りを催している友人からお呼びがかかり、期せずして沖縄料理を食べる事に。お陰で祭りもこれでおしまいかと思いきや。肝心の泡盛りを持参し忘れた為、幕を下ろすことが出来なかったのはココに書いた通り。

というわけで先日、終止符を打つべく再度沖縄に因んだアテを作りました。


e0011761_3305955.jpg


毎度自画自賛で恐縮ですが...こいつは旨い、旨過ぎる。
いや、ちょっと言い過ぎか?でも、かなりいい線いっています。

こりゃあ酒がすすむわい、と心躍らせながら泡盛りのロックを喉に滑り込ませる。が...
あれ?途中で「なんか泡盛りはもういいや」って気分になってしまいました。
思えば季節は9月も半ば。夜は肌寒いこともしばしば。
どうやら、遅きに失してしまったようです。
名前はソーキなれど、解決とはいかず。

残念な思いのまま、この夏を締めくくるわけにはいきません。
そこで気を取り直し、もう一つの祭り「野菜祭り」も行う事に。


e0011761_3312291.jpg


2度に渡り頂いた色々な夏野菜も、いよいよ最後となりました。
祭りの最後は、ハショウガの甘酢漬けで締めることにしましょう。
[PR]
by taka-sare | 2008-09-20 04:30 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)

[もしもし亀よ]

自慢じゃないですが、我が地元には見所というべき見所はほとんどありません。
もしアド街ック天国でとりあげられても、きっとベスト30もネタが無いと思います。
(探せばあるのかもしれませんが)

そんな我が地元に、昨日の昼過ぎ、東京在住の知人Hさんがやってきました。
ちなみに、その知人は立石で「N」という飲食店を営んでいます。
ときたら目的先はただ一つ。
そうです。鉄博...ではなく、あの蕎麦屋しかありません。

友人よりその報を受けたのは当日の朝でした。日頃よりお世話になっているHさんが初訪問。となれば出迎えるしかないでしょう。ということで、私はその日にあった予定を全てキャンセルし(←単に暇だったという噂も)急いで蕎麦屋へと向かったのでした。

・・・

Hさんがひとしきり蕎麦屋酒を堪能した所でお店は中休みに。
すると、友人からHさんにこんな提案が。「折角ですから酒蔵見学に行きませんか?」
「でも蕎麦の仕込みがあるのでは?」と心配するHさん。それに対し「大丈夫ですから行きましょう」と友人。ということで急遽、店から程近い場所にある醸造元へ向かう事に。

タカサレ号を走らせる事10分ちょい。住宅地の中にひっそりと佇む蔵へ到着。
蔵周辺の環境。直営商店の内外観。店脇にある自販機。
そのどれもがHさんに刺激を与えたようで、両の目はキラキラ。
分かります、その気持ち。

事務所へと向かうと、友人は引き戸を開け「専務はいらっしゃいますか?」。
しばらくすると、奥から「ん?なに?」と面倒くさそうな(すみません)オーラを放ちながら専務が登場(訪問した人が必ず口にする「いつものあの感じ」です)。手みやげを渡しつつ「見学させて頂けませんか」と聞くと、頭をガシガシと掻きむしりながら「見るもんなんて何も無いよ」。その様子から「飛び込みだもんなぁ(実はアポなし)。そりゃあ無理な注文だわな」と思っていると...専務は前触れも無く我々を誘導し蔵の中を案内し始めました。

ポイントとなる場所では、そこにまつわる話をあれこれとしてくれる専務さん。
基本的に素っ気ない応対。しかしそれは過剰な表現をしないだけであって、言動のあちこちに実直さや優しさが見え隠れ。結局、終わってみれば結構な時間になっていました。
その後も、蔵の外で話を続ける専務さん。蔵は雑木林に囲まれているので大量の蚊が生息しています。今は酒造りが休みの期間。ゆえに蔵人は僅かしかいません。となれば蚊にとって我々は格好の栄養源なわけで。あっという間に顔と腕がボコボコになったのは言うまでもありません。ま、時間を割いて頂いた事を思えば、これしきの事は...(痒)。

その後、専務は「あっちのコンテナじゃないと開かないか」と呟くように言ったかと思うと、踵を返し先ほどいた場所へと歩を進めました。どこへ行くのかな?と思いつつ、カルガモの子供の如くその後ろを追いかける我々。すると専務は冷蔵庫の扉を開けると中へ入り「ん〜。何がいいかなぁ」。で、我々に中に入るよう促すと「一人一本ね」と瓶を我々に手渡しました。アポなし訪問だったのにも関わらず手みやげを頂き、皆、えぇ〜!?と困惑、感激、そして恐縮。そんな我々をよそに「39℃ね」「クリーム系の料理」「メロンの熟したやつ」「ナシもいいか」「これから出るリンゴもいいな」と要点をレクチャー。それを聞きながら頭の中でイメージを膨らませる私。思わず喉が鳴る。私でそうなのだから、同行の飲食店の主人二人は尚の事だったに違いない。

・・・

そろそろお暇させて頂きますと、蔵を後にしようとしたその瞬間、専務は我々を見送りながら静かに一言こう言いました。「二度とこういう事は無いように」。その言葉に皆苦笑。そして大笑い。その痺れる言葉と感謝の気持ちを胸に、我々は蔵を後にしました。
帰りにHさんが「専務はうちのおじさんとか親戚関係にそっくりだなぁ。ぶっきらぼうだけど、根が優しくて温かい。いい人だなぁ。」といったような事を言っていましたが、全くもって同感です。

酒が醸されし空間に立ち、その空気、雰囲気を味わい、色々な思いを馳せる。
その瞬間、そこで造られし酒が、ぐっと身近な存在に感じられ愛おしくなる。
そこが、日頃より愛飲する酒が生まれし場所なら尚の事。

酒に限らず、生産者と消費者との間にきちんとした繋がりがあれば、不誠実なことなんて出来ないよなぁ。お互いに。
帰りの道中、蚊に刺された箇所をぼりぼりと掻きながら、ふとそんな事を考える。
でも一番考えていたのは...いうまでも無し。

→ おまけ
[PR]
by taka-sare | 2008-09-18 23:59 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[神のみぞ知る!?]

Excite <WBC>渡辺恒雄氏「ワンちゃんに監督頼むしかない」(毎日jp)

おそらく、この記事を読んだ多くの方が「先ず貴方(読み方は自由)が土下座しろ!」とツッコミを入れたことでしょう。今更なので、わざわざこの場で彼の事をとやかく言うつもりは無いのですが(酒の肴なら話は別)...それでも何か突っ込みを入れたくなるナベツネ発言です。もしや、人気低落を憂いた野球界のドン(貪?)が風を吹き込むべくあえて放った言葉(略すと放言!?)なのでは?と思ったり思わなかったり...思わなかったり。

しかしまぁ王監督を「神」と称しながら、それを上から目線で語るナベツネ氏の大神っぷりは素晴らしい限りですね。まるでギリシャ神話におけるゼウスの如しです。雷を良く落とすし(参考:ゼウスは神々の王であると同時に雷を司る神でもある)。もしやWBCってwatanabe baseball classicの略だったのか!?

そんなナベツネ氏の言動を見聞きする度に思い出すこんな小咄があります。

・・・

かつて、クラシック音楽の世界にカラヤン、バーンスタインと言う大指揮者がいました。
ある日、カラヤンの弟子が彼にこう言いました。
「神は音楽の聖人としてバーンスタインを選ばれました」。
それを聞いたカラヤンは弟子に一言。
「...??? 私はそんな事を言った憶えは無いが?」

・・・

いやしかし、さすがのナベツネ氏も王監督の体調を知っていて、果たしてそんな無茶を言うでしょうかね。だって実際、長島氏のことは気にかけているのだから。ということは...。皆「ワンちゃん」と聞いて「王監督」の事を思い浮かべてしまっていますが、実はそうではないと考えられないでしょうか。じゃあ誰の事を言っているのか?私はすぐにピンと来ました。そうです、あの人物?です。

こんな感じで大団円!?
ソフトバンク繋がりですしね。

とりあえず...

見た目で決めるな。
心の目だ。

(参考:私はドコモユーザーです)
[PR]
by taka-sare | 2008-09-15 22:41 | ニュースを読んで | Comments(6)

[頂き物で過ごす一週間!?]

とある日の昼下がり。友人より「テビチ汁が君を待っている」との連絡が入りました。
沖縄フェスタ中に凄いタイミング。シンクロニシティ!?

e0011761_2552715.jpg[テビチ汁]
口に含むとすぅっと心身に染み渡る。いたずらに手を加えずに作られているのが好印象。見事な一皿なり。その他、焼き肉(内蔵、羊が中心)もご馳走になる。なのに...うっかりして泡盛りを持参し忘れてしまった。失敗。フェスタ中なのに後の祭りとはこれ如何に。


e0011761_2555323.jpg
食後に、東京から参加のAの手みやげ「豆大福」を頂く。出所は文京区。作り手はI氏。とのこと。
さすがはスイーツ探求者のおみやだけあり、小豆とエンドウ豆がいい具合。
甘さも過ぎず、で旨し。




e0011761_2561461.jpg[モロヘイヤの中華風スープ]
例の友人からまたもや野菜をあれこれ頂く。そこで、沖縄フェスタと同時開催で野菜祭りも地味に行う事に。その中から先ずはいち早く痛みそうなモロヘイヤを使って中華風スープを作ることに。モロヘイヤを使った料理の中ではこれが一番評判が良いかも。



e0011761_256299.jpg[サムギョプサル・チム(仮名)]
ヒモトウガラシは旬を過ぎているので皮がこわい(硬い)かも...と言われていたので、この時作ったこれに使う事に。ヒモトウガラシの風味(万願寺に似ているかな)がそうさせるのか、前回より大人の味に。家にあった浜納豆はこれにて終了。近々浜松に行くことがありそうなので、また仕入れてくるかな。


e0011761_2564533.jpg[睡龍 梅酒]
上の料理は相当酒を呼ぶのですが、この日は禁酒することに決めていたので、代わりにこれで我慢する事に。

とーろりとした〜うーめーしゅ〜♪

...って、酒じゃない、それ。
と、妻に突っ込みを受ける前に自分で突っ込みを入れる。
自分の中ではジュースにカテゴライズしていました。でもよく見たら梅「酒」と思いっきり酒の文字がありますね。

金色の文字が目立たなかったので気がつきませんでした(嘘)。
もしかすると、睡龍生もと純米を合わせたかったのかもしれません。

そして今日もまた・・・
[PR]
by taka-sare | 2008-09-13 11:18 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)

[急ごーや]

少し前に、最寄り駅前のケヤキ並木をねぐらにしていたムクドリ達が彼の地へと渡っていきました。間を置かずして、仰向けになり通行人を驚かす蝉の姿も無くなり。いよいよ秋色が濃ゆくなってきました。

と、そんなある日。ふと部屋を見ると...

夏に呑もうと用意していた手つかずの泡盛りがあるではないですか。否。あるのは知っていたのですが、なかなか呑む機会にめぐまれず、でして。そうこうしている内に、日々、秋らしさが強まってきたもんだからさぁ大変。ということで本日、暑さが残る内に呑んでおこうと、無理矢理?それらしいおかずを作る事に。

e0011761_23393575.jpg頂き物やら購入済みのゴーヤがあったので、ゴーヤチャンプルを作りました。思えばこの夏、一度も作っていませんでした(ソーメンチャンプルは作った)。合わせた泡盛りは濾過を極力抑えて造られし田嘉里酒造所のこいつ。折角なので琉球硝子(妻の私物)のグラスで頂きました。久しぶりに作った割にはなかなか上手に出来たのでは。ていうか、かなり旨かった。作った本人が言うのもなんですが。で、ウマウマ、ゴクゴクとやったのですが、冷たい酒を呑み慣れていないせいか(ビールは除く)たったこれだけの量なのに呑み尽くす事が出来ませんでした。なので、今週中にもう一度沖縄フェスタ?と称してそれに因んだおかずを作るとします。
[PR]
by taka-sare | 2008-09-09 23:52 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[夏の終わりに、秋の始まりに]

e0011761_13585830.jpg先日「TOKYO JAZZ FESTIVAL 2008」に行ってきました。お目当ては上原ひろみ。ある時から方向性に「?」と思うようになり暫く遠のいていたのですが...この時を機に、また気になる存在となりました。以来、いつかライヴで彼女の演奏を体験したいなぁと思っていました。先の武道館ライブは行けなかったので、ようやくこの日が来たかという思いで有楽町へ向かいました。

・・・

と、その前に腹が減ってはなんとやら。というわけで十条の中華屋「D」で腹ごなしをすることに。何故に十条?その理由は割愛。気になる方は私に直接聞いて下さい。
先ずは餃子をアテにビールを2杯(私)。その後、私は「認定揚州炒飯」を、妻は「五目うま煮そば」を食す。どういうわけか、私は幼稚園の頃から炒飯好きなんですよねぇ。

e0011761_1357720.jpge0011761_13571758.jpg








埼玉県民にとって近くて遠い東京(の街)十条。それは、埼京線で荒川を越える場合は、池袋か新宿まで直行してしまうからに他なりません。しかし...この街は通り過ぎるにはあまりにも勿体ない。そのくらいこの街は魅惑的な香りがぷんぷんします。それ以前に、商店街好きな私はもうそれだけで通う価値ありおりはべり、いまそ(す)がり。今回はその後に予定があったので散策しませんでしたが、今度は十条散策を目的に足を運んでみたいと思います。

・・・

私が観に行ったのは夜の部。上原の他、カミロが気になっていたから。
以下、ざくっと感想。

上原ひろみ HIROMI'S SONICBLOOM
ようやく彼女の生音に触れる事が出来た。CDで感じた通り、彼女の奏でる音には重苦しさ、かた苦しさは無い。粒が立ちチャーミング。その音色はとても心地良かった。

リシャール・ガリアーノ & ザ・タンガリア・カルテット
上原目当てが多かったのか、私の席(最後部)周辺はだらけムード。ジャズバイオリンの第一人者、寺井尚子(2日前に参加が決定)の名がアナウンスされても皆「???」。ま、かくいう私も彼女の演奏を聴くのは多分これが初めてなんですが。で、初めて聴いた感想は...相当数のライヴをこなしているな、対応力が素晴らしい、枠にとらわれない人なんだろうな、等々。とても良かった。ちなみに「誰それ」「知らない」と言っていた隣の上原通っぽいおじさん達はその音を聴くや「上手いなぁ」と関心していた。同感。
生アコーディオンを聴くのはこの時以来となるが、やっぱりアコーディオンは生で体験するに限る(他の楽器も同様ですが)。近くにいた若もん達が「酒場って感じ」と評していたが、確かに酒場で聴きたいと思った。彼らの世界観を満喫するには国際フォーラムAホールはちとデカ過ぎるかもしれない。それを証明するかのように、ステージに近い席からは何度も歓声があがっていた(後部座席とは熱気が全然違った)。

ミシェル・カミロ・トリオ
これも初めての生体験。ピアニストのカミロは背筋を伸ばしあまり動かず演奏するスタイル。しかし肩から先は目にも留まらぬ速度で打鍵。同じ超速打鍵でも上原とは違いこちらはパワー系。どんだけ三角筋、上腕筋、広背筋、僧帽筋が強いのよ、と興奮した。もしボクシングをやっていたらノーモーションで威力のあるパンチを打っていたに違いない。Aホールの広さを感じさせない演奏は、1にパッション2にパッション、3・4もパッション、5もパッションという具合で熱かった。とても素晴らしかったが、私にはちと重いかなと感じた。

...目的だった上原の感想が一番短いのは何故だろう。
[PR]
by taka-sare | 2008-09-02 03:08 | 音楽・芸能・芸術 | Comments(6)