<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

[出会いのもの]

先日、友人から「○○日の夜、うちに来ない?」との誘いがありました。
曰く、C(共通の友人)が一時帰国しているから一緒に飯を食おう、とのこと。
運良くその日は出張から帰る日。なので「是非」と返事。

Cと会うのはかなり久しぶり。そこで、出張先で気の利いた土産物を買って帰ることにしました(出張先は長野県は佐久周辺)。うーん、何がいいかなぁ。帰国するのは久しぶりのはずだろうからなぁ。ならば、日本ならではのものがいいかな?...とあれこれ考えた末、結局マトンを土産にすることにしました。

え?何故にマトン?

それは
以前長野に住む友人から「家の近くの精肉店で売っているマトンが、安くてなかなか旨いんですよ」と聞いた。以来、いつかそのマトンを食べたいと思っていた。それから月日が経った。偶然にも今回の出張先がそのお店の直近だった。今回行う宴で炭火を熾すと聞いていた。
から。

私は、自分がときめかないものは人の土産にしません。
でもって、上記のストーリーがあったら、もうマトンしかないですよねぇ。
え?単に自分が食べたかっただけ?
はいそうですけど、それがなにか?

とはいえ、私も一応常識人(一応と付記するところが悲しい)。そこで、一応ホスト役の友人に、どんなもんだろうかと聞いてみることに。すると「よしそれをメインにしよう。とりあえず2kgあればいいんじゃない」。ということで、大いなる?後押しを受けた私は仕事帰りにブツを入手。のち、高速道路を爆走し(イメージ)皆の待つ会場へと向かったのでした。

・・・

21:00、友人宅に到着。しかし、友人Cの姿はありませんでした。
どうしたのと聞けば、都合が悪くなり来られなくなったとのこと。
あれま、そりゃー残念。まぁでも仕方がありません。
というわけで、結局この日はいつもの面子での食事会になりました。


e0011761_16574233.jpg


先ずは炭火で焼かれたホタテをば。
お好みで自家製ブルターニュ風ソースをかけて召し上がれ。
さすがはフランスで修行経験のある友人が作りしソース。
ホタテの旨味を生かしておりますな。旨し。
ベロがオレンジってことは、こいつはメス。
だからどうってことはないのですが...ただなんとなく。
あそうそう。「フランスで〜」は友人談ですので(笑)

e0011761_16575435.jpg


続いては、お得意の煮込み...いや、なにか雰囲気が違う。そこで、底なし沼に沈むものをすくい出すと、タンやらなにやら魅惑的な部位がゴロゴロと。うひょ。
で、結局、食べた人間がその底なし沼にはまるというオチ。

トドメは待ちに待った?マトンの登場。
タレに漬かっているので、きっとジンギスカン用なのでしょう。
でも我々はそのままで。はやる気持ちを抑え炭火でジュジュッ。
で、ハフハフと頬張る。

e0011761_1658655.jpg


なるほど、所謂ヨロシクナイ羊臭はありません。
(まぁあれは保存等のせいであって、羊のせいじゃないんですけどね)
肉を噛むと口内から鼻腔にかけて、草の香りがフワリと漂います。
そう、出来の良いサイレージを食んだ時に香る、あの爽やかな香りが。
これはいいです。って、サイレージを食んだことはないけど。

マトンに良い思いを抱いていなかった友人の母と私の妻が「マトンに対するイメージが変わった」「これなら食べられる」と言い、そして、その横で友人のお子さん達が肉に喰らいついていた。と書けばどの程度のものかが分かって頂けるかと。もちろんこれ以上のマトンはいくつもあるでしょう。でも、コストパフォーマンスを考えたらこれはかなりのものです。注文を受けてから切り分けたり(マトンは違うかも?)真空パックしたりすることを考えると、なおそう思います。紹介してくれた友人が「日常で食べるにはこれで十分」と言ってたのも納得です。いや十二分か。

で、そんなマトンに出会ったら。当然「アレ」も飲みたくなるわけで。
ということで、先ずは「日置桜」をグビリ。うはは、と笑いが止まらず。
暫く日置桜と羊の共演を楽しんだ後、今度は小笹屋竹鶴にご登場願うことに。

程よく焼けたマトンを頬張り咀嚼した後、熱々に燗をした竹鶴を口内に滑りこませる。すると...今度は...

→ どうなった?
[PR]
by taka-sare | 2008-05-31 18:57 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)

[ちとおかし2]

ちとおかし第二弾。
今月はこんな”ちとおかし”に出会しました。

・・・

先ずはこれ。山梨県某所にて。
河川脇にある公園にマムシに注意!!なる看板が。文字の周りには何かが書いてあるようだけど...遠目ではよく分からない。そこで看板に近づいてみると...


e0011761_1654882.jpg


えーと...
ま、無視...ということで。
というのは冗談で。
オバQもビックリの毛が6本。で、胴体はミミ...
いやいや、うん、どこからどう見てもマムシです。
ちなみに。この下には「これで事故が起きても当方は一切責任をとりません」といったような記述が長々とありましたが...これじゃあちょっとねぇ(苦笑)。だったらせめて、子供の頃に見たカッパの絵くらい(分かる?)夢に出てうなされそうなやつを書いてもらわねば...


続いては、秋田県某所にて。
温泉施設の看板を見ると...
ん?


e0011761_1653213.jpg


効きそー!?(酸が効くー!!っCMありましたね)
ま、水に流しましょう。


最後は最近見たこれ。長野県某所のローカル線にて。


e0011761_166350.jpg


「停車?」「あ、じゃあ停車で...」
みたいな?

いや、これは、運転手に注意を促す為の標識なんですけどね。確か。
(鉄の方、間違っていたら訂正お願いします)
でも、なんかいいんですよねぇ(ロケーションがまたいいんです)。
一般的に、標識って無機質だったり高圧的だったりするからでしょうか。
このクエスチョンマークの形も好きだなぁ。
[PR]
by taka-sare | 2008-05-26 23:59 | 出先・旅先での一コマ | Comments(7)

[酒肴を凝らす]

5/16夕方、前回未遂に終わった「煮貝を食す会」を行う為、再びブツを入手。
で、その日の夜、出張先から帰宅。のち、タッチアンドゴーで友人宅へ。

1860年頃、駿河から採れたてのあわびを醤油に浸し、馬の背に乗せ運んだところ、甲府へ着く頃には味がよく染み、最高においしいあわびに仕上がったとされる煮貝の起源。以来、あわびの煮貝は山国「山梨」の名産となっています

と、老舗「みな与」のサイトにある通り、煮貝は山梨の代表的な名産・土産物となっています。しかしその割には、煮貝に対してあまりいい話を聞いたことがありません。

何故?やはり「名物にうまいものなし」なのか?

それを確かめるべく、前回、実際に食べてみたわけですが...
体調や食材のコンディション、食べ方等、諸々の条件で印象というのはガラリと変わってしまうこともありますゆえ、もう一度確かめてみようと思った次第(好き嫌い関係なく、初めてのものは複数回試すのが私の流儀)。さて、その結果や如何に。


e0011761_1022429.jpg[煮貝]

先ずは身の部分から。旨し。
柔らかく、かつ弾力あり。食感も良し。
次いで肝。旨し。

結論:名物に旨いものあり。


前回は、上に記した話(馬で輸送した話)に習い、あえて常温で持ち帰ったので(帰宅後冷蔵庫で保存。一日経たのち食す)、今回は冷蔵保存で持ち帰り(帰宅後冷蔵庫で保存。一時間経たのち食す)その違いが風味にどう影響を与えるかを確かめてみました。で、その結果ですが...これは想像以上でした。特に肝は歴然たる差がありました。内包する磯の風味が明らかに違うのです。実は前回、肝の後味に磯臭さがやや感じられたのですが、今回はそのようなことは全く無く。むしろ清涼感すら感じられました。

購入時、みな与の店員は必ず「決して温かいところには置かないで下さい」「出来るだけお早めにお召し上がりください」と念を押すように説明するのですが、なるほど、この差を知っているからこその言葉だったのか、と深く納得。

ということなので、もし、みな与の煮貝を食す機会がありましたら、可能な限り「賞味期限1日(出来るだけ早く)、冷蔵保存、出来るだけ薄切り」を守ることをお奨めします。

・ ・・

その昔、山に囲まれ新鮮な魚介類など到底口に出来ない甲州の人々に、生の味を生かした方法であわびを食してもらいたい。そう考えた当店6代目は、伊豆下流の網元と共に加工研究を重ね、「煮貝」の製法を完成し、江戸末期の頃より甲府に入ったと伝えられています。塩漬けの魚しか食べることの出来なかった山国の民の強い憧れが生んだ「あわびの煮貝」。甲府の歴史に思いを馳せながら、豊潤な味わいと柔らかな歯ごたえをご堪能ください(みな与のホームページより引用)。

煮貝に限らず、内陸という、海から離れた土地があるからこそ生まれた食べ物は幾つもあります。それらを食するときは、ここに書かれているように、その歴史に思いを馳せながら食すとまたひと味違ったものとなるかもしれません。

え?我々?そりゃーもちろん、歴史に思いを馳せ...ることなく。
「うまい」「いいね」と言いながら、ただひたすら酒を飲んでいましたとさ。

→ その後はこんなアテでだらだらと...
[PR]
by taka-sare | 2008-05-25 12:06 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)

[隠されしものとは]

今年になって仕事で通うようになった山梨県は下部温泉郷。
ここに来ると必ず「かくし最中」なる文字を目にします。

e0011761_2174269.jpg[かくし最中]

下部温泉は信玄の隠し湯として(武田信玄が川中島の戦いにおいて、上杉謙信から受けた刀傷を癒しに訪れたと言い伝えられている)、昔から湯治に利用されてきた。ゆえに、このような名前がつけられた(のだろう)。


さて、この「かくし最中」。初めて見て以来ずっと気になっていたことがありました。それは、この「かくし」の正体。いくら歴史的背景から名付けられたとは言え、「かくし」と銘打った以上、何も入っていないってことはないでしょうから。
以後、「あの最中の中(なんだかややこしい)には一体何が隠されているのだろう」と頭を悩ますことに(大げさ)。

だったら買って調べればいいじゃん。
まぁ確かにその通りなのですが...買うほどでもないかなぁと思いまして。
で結局、謎は放置されたままになったのでした。

...と思っていたら。

先日、下部温泉街に泊まった際、宿の部屋にてこのお菓子にご対面。
かくして、最中に隠されし秘密は明らかにされたのでした。
いやしかし...まさか、こんな秘密が隠されていたとは...

さて、その中身とは一体?

→これが「かくし」の正体だった!
[PR]
by taka-sare | 2008-05-18 03:58 | 出先・旅先での一コマ | Comments(4)

[蛍狩り]

今年もこの季節がやってきました。
ってなわけで、昨夜、我が家は初蛍狩りをしました〜。

・・・蛍?
ちょっと早くない??
いえいえ、もう遅いくらいです。
だって私が見て食した(え?食した?)蛍はこれですから。







e0011761_0214014.jpg


こっちのみーずはかーらいぞ〜、あっちのみーずはあーかいぞ〜♪(童謡「蛍濃い」より)


この季節の蛍狩りと言ったら、そりゃあ「ホタルイカを食すこと」でしょう(今決定)。
「蛍二十日に蝉三日」という言葉にある通り?、ホタルイカは旬の時期が短いですからね。ということで、この日のテーマは「今食わずしていつ食す!」に決定。...すみません、これも今決めました。

ちなみにこれは、富山湾のホタルイカのキムチです。
ヤンニョムとイカの輝きがまぶしい。


e0011761_0215833.jpg[ご飯とともに]

先ずはご飯にのせて豪快に。

当然、ご飯は土鍋炊きです。



e0011761_0221720.jpg[オコゲで]

残ったヤンニョムがもったいない。
ってなことで、オコゲで救って、もとい、すくってパクリ。当然のことながら旨い。
先ほどのご飯も良かったが、個人的にはこちらの方がもっと好き。



e0011761_0223354.jpg


キムチってことで先ずは「どぶ」からスタート。
当然合わないわけがありません。
次いで、何となくの気分で「独楽蔵」を。





e0011761_0224896.jpg[イカポックム]

っと、これだけでは酒飲みでない妻には申し訳ないので、このホタルイカを使って飯のおかずを一品作ることに。それがこれ「イカポックム」。ちなみにポックムは韓国語で「炒める」の意。



調味はホタルイカが漬かっているヤンニョムで。
タマネギ、ニラ、マイタケ、ニンジンと共にホタルイカを炒めてみました。
ホタルイカとヤンニョムのコクが○。
旨ピリ辛で、"じんじん"ときます。
いやー、ご飯がススムススム。

まだ、ホタルイカの浸かりが浅いので風味がフレッシュ。
もちろんこれはこれで良いのだけれど、あと数日おけば味が馴染んで、なおのこと旨くなるだろうなぁ。というわけで、この日の蛍狩りはとりあえずこれにて終了。


* 駄洒落理解の為辞典 *
じんじん:沖縄の方言(幼児語)で「蛍」の意。
[PR]
by taka-sare | 2008-05-13 02:20 | 自然・季節に触れて | Comments(10)

[さらば片思い]

たった一歩が踏み出せず。
そうこうしている内に、こんな年になってしまった。
もう、引きずるのはやめにしよう。
そう思った私は、先日意を決することにした。

→ その思いとは...
[PR]
by taka-sare | 2008-05-08 01:11 | 飲む・食べる・呑む | Comments(3)

[桜祭り]

先週は出張で秋田県は北部地域に行っておりました。

到着した地では、丁度、桜祭りなるものが催されていました。
しかし、祭りの期間はその翌日で終了。なるほど、見れば桜の木の多くは葉桜に。
残念ながら、ほんのちょっと時期を逃してしまったようです。
とはいっても、この記事で書いた通り、今年は(も)花見が出来ませんでしたからね。
それでも十分桜を楽しむ(愛でる)ことが出来ました。

ということで、この日の夜は、桜を相手にこんなビールで花見酒を。


e0011761_235643.jpg[さくら] 田沢湖ビール

田沢湖ビールが世に生み出される時、それに関わった方と仕事をしたことがあるので(その仕事はビールとは関係ありません)無視出来ず、つい購入してしまいました。

うーん、しかし我ながらベタな選択だすなぁ。

味は・・・まぁ、ご想像にお任せします。



実は、この出張の前に、妻のとある願いを叶える為、当地を旅する予定でした。
しかし、出張の日程が急遽変わった為、それは御破算に。
そこで、せめて気分だけでもと、こんなお土産を買って帰ることにしました。


e0011761_2356257.jpg[カップきりたんぽ] 樹海の森本舗
実は「本場できりたんぽを食べてみたい」というのが「とある願い」でした。なので、今回はこれで我慢してもらうことに(笑)
結構高いだけあって、一応、鶏肉、ごぼう、舞茸、ネギなどが入っています。味は...インスタントにしては、善戦している方...か!?


e0011761_23561560.jpg[鶏めし] 花善

もう何度も紹介して来たので弁当の説明は割愛。
この日(帰宅する日)の夕飯は駅弁がイイというので、お約束のこれを購入(後ろの弁当はワタクシ用です)。相当回数食べていると思うんだけど飽きないの?と聞くと「全然」と。まぁ確かに、嗜好ってのは理屈じゃないからなぁ。

・・・

折角なので、今月終わりまで桜祭りを延長することに(個人的に)。


e0011761_1223082.jpg[生桜えび天せいろ]

やっぱり旬のものは食べておかなきゃね。
ということで、某蕎麦屋にて、この桜を堪能することに。
閉店間際だったのでこの日は一合で終わりにしましたが、二合はいきたかったなぁ。


e0011761_23563963.jpg左は「ケソ・ド・カブラ(クラード)」(スペイン語で「ヤギのチーズ」の意)。クラードだけあって?酸味が特徴的。なれ寿司好きなら好むであろう風味です。右はスティルトンと並び銘ブルーと称される、イギリスの「シュロップシャー・ブルー」。バランスのとれた優しい風味。食感はスティルトンよりねっとり。いずれも日本酒に合いますね。今度はワインやスコッチに合わせてみよう。


ここで「あれ?チーズは桜と関係ないじゃん」と思った方。
はい、仰る通りチーズ自体は全然関係ありません。
じゃあ何故に?
実は、関係があるのは、ブルーにかけたこれなのです。


e0011761_23564874.jpg[さくら蜂蜜] 山田養蜂場

丁度、この蜂蜜があったので使ってみました。
このネタもベタベタですね。蜂蜜だけに...!?

それはさておき、さくらネタって、あといくつあるかなぁ。
ちなみに私の持ちネタはあと二つです。
[PR]
by taka-sare | 2008-05-06 02:29 | 自然・季節に触れて | Comments(2)

[癒しの東京巡り(後編)]

「N」をあとにし向かった先は鶏専門店「T」。
実は、私はこの店を訪れるのは今回が初めて。
ということで、ここから先はジモティー(死語)である友人に案内してもらう。

歩いて程なくして店に到着。
引き戸を開け店内を確認する友人。垣間みると大盛況の様子。
「んー、これはしばらく待つことになるかもなぁ」
そう覚悟したその時、中にいたおばちゃんが「何名様?2名?じゃあ中に入って!」。
おお!ついてるねーと、おばちゃんの指示した小上がりへと歩を進めると、このあと客が続々と訪れ直ぐさま待ちの状態に。いやーホントついてたなぁ。

あとから増築されたという店内は(元々は飲食スペースはなかった)噂通りのコンパクトスペース。なので、席まわりを贅沢(ルーズ)に使おうものなら女将さんから「そこの方、ちょっとつめてくださいね!」「はい、そこに座って!」「荷物はそこに置かないで下さいね!」とビシビシ指示(教育的指導)が飛びます。友人や「N」のスタッフから、それが「T」での見所と聞いていたので、遂に体験出来たぞと思わず嬉しくなる。スタイルこそ違えど「U」と一緒の対応。いやー痺れるなぁ。

注文は水先案内人の友人にまかせ、その間私はメニューをチェック。
すると友人は迷わず「ビールと鳥ポン酢。あと、から揚げ二つ、小さいので」。
友人が言うには「これが基本だから」。
ここに至るまでに結構飲み食いしてきたので、ちょっと多いかなぁと思うも、案内人がそう言うならば私はそれに従うのみ。さてどうなることやら...

・・・

先ずはビールとお通し(鳥皮の煮たやつだったかな?)でスタート。
「N」ではビールを飲まなかったので、気分がリフレッシュされる。
さぁ、食うぞー!!(と心の中で気合いを入れる)


e0011761_1671414.jpg[鳥ポン酢]
乾杯後、間もなくしてコヤツが登場。チョロっと盛られているんだろうなと高を括っていたら、この量でドーン。あーそうだ、ここは立石だった。と認識の甘さを痛感。

味は、唐辛子がきいていて結構辛い。
結果、ビールがすすむ。結果、腹が膨らむ。


から揚げは出来上がりまで時間がかかるので、そうこうしている内に腹がかなりパンパンに。果たしてオレは、このあと出てくる「から揚げ」とやらを食えるのか!?と不安になりつつ鳥ポンをつまんでいると、おばちゃんがポケットティッシュ大の半紙?の束を我々のもとに。で、しばらくして、遂に目的のものがテーブルにやってきました。それがこれ。


e0011761_1673045.jpg


はい、キターーーーー!!
話には何度も聞いてはいましたが...こいつはデカイ!
まさに「オオトリ」に相応しい一品!?

怯む私に「食べ方分かりますか?」とおばちゃん。
すかさず「お願いします」と友人。
するとおあばちゃんは、私の割り箸を手に取ると解体開始。割り箸はナイフとフォーク代わり。あれよあれよという間に鶏の半身が部位毎に。お見事。

その後は、ただひたすらに骨や肉にかぶりつき、貪り食うのみでした。
(食べる時に静かになるのは蟹だけではありません)
その様は「千と千尋の神隠し」で豚になってしまった千尋の両親に近かったかも。この時、豚になっていたら(既になっている?)...今頃は「U」の食材になっていたかもしれないなぁ(いや、肉質が悪くて使ってもらえなかったか)。

いやぁ〜、とにかく食った食った。で、くったくた。
うーん。もはや「癒し」ではなく「卑し」だなぁ、これは...(苦笑)

・・・

「T」を出たあと、腹をさすりながら今度は立石で有名な「水餃子」のお店へ。
「N」のスタッフにすすめられた「水餃子と老龍口(ラオロンコウ)」が気になってたものですから...。しかし、この状態で飲食いしても十分に堪能出来ないなと判断した私は、当初の予定通りここで癒しの東京巡りを終了とすることにしました。えらい!(えらくない)。

その後、妻に頼まれていた先ほどの「から揚げ」を購入し帰途に。

・・・

帰宅後、この日のことを話しながら、妻用のから揚げを、おばちゃんの手練のわざを真似て箸で解体。してみるも、細かいところが良く分からず、結局完成度80%くらいの所で断念してしまいました。うーむ、今度また行くことがあったら技を盗まねば。

ちなみに、友人曰く
「子供の頃、クリスマスのチキンといったら『T』のこれだった」
「立石にケンタッキーフライドチキンが無いのは『T』があるから」
なるほどねー。
[PR]
by taka-sare | 2008-05-04 17:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(8)