<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

[暑くなったら食べたくなるもの]

皆さんは、暑くなると何が食べたくなるでしょうか?

冷やし中華?
そうめん?
枝豆?
かき氷?

うーむ、どれもいいですねぇ。

・・・

昨日、夕飯に餃子を作りました。
そう。暑くなると、餃子が食べたくなっちゃうんです。私の場合。
本当は麻婆豆腐でも...と思っていたんですけれどね。
外の空気に触れたら、一気に餃子モードに変わってしまいました。


e0011761_231968.jpg[シンプル餃子]
暑い時はさっさと作るに限ります。
てなわけで、具材はシンプルに豚の挽肉とニラのみ。
タネにちょろっと調味をしたら皮に包んでフライパンでジューッ!!
次第にいい香りが辺りに漂い...
あー、ビールが飲みてーと悶絶。


e0011761_241864.jpg



で、ビールはこんな感じで。









e0011761_243967.jpg
[生酛のどぶ(H.18BY)] 仕17号 +19


で、シメはこんな感じで。
ビールより合う〜。
[PR]
by taka-sare | 2007-07-28 23:26 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)

[梅雨と夏の狭間で見たもの@山梨]

e0011761_12505981.jpg



山梨は〜 今日も〜 晴れ〜え〜〜だーあったぁ〜。

...すみません。暑さのあまり?つい歌ってしまいました。

・・・

昨日、出張先(山梨)から帰ってきました。
写真は、日本で最も知られていると言われている?ゴマダラカミキリ。印象的な外観なので、男性のみならず女性の方の中にも「見たことがある!」と言う方がいらっしゃるのではないでしょうか?


e0011761_12455711.jpg
この日は日射しが強く暑さが厳しい一日でした。

撮影の為、ちょいとばかり上にあった葉っぱを動かすと...ご覧の通り、日陰へと逃げられてしまいました。

「虫だって暑いんだよ!」

「ごもっともで」



ちなみに。私のゴマダラカミキリへの印象は以下の通りです。

虫に興味津々だった少年時代「スゲー、カッチョイイー!」
農学を勉強していた学生時代「農家(ミカン)泣かせの困ったやつよ」
自然を相手にしている今「お前さんも何かしらの役割を担っているんだろうなぁ」

立場変われば見方も変わる...
虫自体は何も変わっていないんですけれどね。
人間って勝手ですねぇ。

・・・

虫の話題はちょっとご勘弁...という方の為に、口直しにお菓子の話題でも。


e0011761_12203751.jpg
[くろ玉] 澤田屋

昭和4年発売のこの商品。

ききょうやの桔梗信玄餅が余りにも有名だからでしょうか。歴史がある割りには、認知度が低いような気がします。






e0011761_12205395.jpg


この真っ黒な外観が、敬遠される要因か?






e0011761_12211349.jpg
中身はこんな感じ。外は黒糖、餡にはエンドウ豆が使われています。
派手さは一切なく、実に素直な風味。甘さも自然でホッと出来ます。
一般ウケはしないかもしれませんが、ひよっていない感じが好印象。


お茶もいいですが、珈琲にも合います。
その際は、炒り具合がシティローストくらいのものを。
[PR]
by taka-sare | 2007-07-27 14:55 | 自然・季節に触れて | Comments(4)

[こりんきー]

先週、未だ食べたことのない野菜を目にしたので購入しました。
その野菜の名は...教えてあげないよ!
(それはポリンキー...ボソリ。)


e0011761_2142624.jpg[コリンキー]

コリンキーは、カボチャを生食用に改良したものだそうで。

小倉優子が名付けたワケでなく。
歴とした野菜の名前です。
念のため。
(その内、JAが販促キャラクターに起用したりして)


さて、どのように食べたらいいものだろうか...
なにせ食べたことがないので、イメージが湧いてきません。
そこで、先ずは半分に割って香りを嗅いでみることに。

あー、こんな香りなんだー。

なるほど、確かに、微かにですがカボチャの甘い香りがします。
でも、基本的には、瓜特有の香りが全体を支配しています。
次に、薄切りしたモノを囓ってみると...さらに、瓜らしさが表にたちます。

内外とも見た目はペポカボチャのようですが風味は瓜。なので、「カボチャ」と書くよりも「南瓜」と表記した方がピンくる感じ?です。

・・・

売り場には「塩もみして・・・」と書かれていましたが、少々いじってみたくなったので、ネットでレシピを探ってみることにしました。

e0011761_2012910.jpg[コリンキー 甘酢漬け]

今回試してみたのはコレ。先週の月曜日に仕込みました。
その翌日から出張だった為、結局口にしたのは週末となりました。
で、感想ですが。


コリコリとした食感がなかなか良いです。箸休めにいいかも。
風味は...瓜の甘さと甘酢がちょっとぶつかるかなぁ。
爽やかな風味を楽しむなら、塩もみの方が良いような気もします。

さて、どんな食べ方が一番適するのでしょう。
どなたか、オススメの食べ方がありましたら教えて下さい。

* 追記 *
その後、よく浸かったものを食べたら、甘酢漬け、結構いけました。
コリコリとした食感は健在!
[PR]
by taka-sare | 2007-07-22 21:36 | 飲む・食べる・呑む | Comments(8)

[夏本番?]

e0011761_0255473.jpg


昨朝、レンタカーに乗ろうとした際、後輪にヤゴの抜け殻を発見。
あれま、こんなところで羽化したのね...
と思った矢先。
車の下からオニヤンマがスゥーー。


・・・


e0011761_026218.jpg一般的な(水平にとまる)トンボと異なり、このように身体を垂らすのがオニヤンマの特徴。日本最大のトンボだけあり、ヤゴの大きさも迫力満点です。

いやしかし、水から陸へと生活の舞台を変える昆虫の変態って本当に劇的ですよねぇ。

折しも、この日は夏土用入り。
夏本番がやってきたことを感じた瞬間(ひととき)でした。
[PR]
by taka-sare | 2007-07-21 15:09 | 出先・旅先での一コマ | Comments(2)

[ナイス!?]

久し振りに、今日は何の日か調べました。
すると、今日は結構色々とあるようで。

・盆迎え火
盆の初日。 夕方に祖先の精霊を迎える為に、芋殻、麻幹などをを門口で燃やして、煙を焚きます。

・日本標準時制定記念日
1886年(明治19年)のこの日、東経135度を日本の標準時とし、1888年(明治21年)の1月1日よりこれを実施するとの勅令が交付されたことに由来する。これによって兵庫県明石市の正午が全国どこでも正午となった。

・優生保護法の日
1948年(昭和23年)のこの日「優生保護法」(現在の「母体保護法」)が公布され戦前の「国民優生法」が、戦後の日本の状況にあわせて「優生保護法」に改正された。「優生保護法」は、1996年(平成8年)に性思想に関する条項がすべて削除されて「母体保護法」となった。

・生命尊重の日
医師・法律家・教育者・主婦などで構成される実行委員会が1984年(昭和59年)から実施。

・オカルト記念日
1974(昭和49)年、映画『エクソシスト』が日本で初公開され、オカルトブームの火附け役となった。

...もうそんな前になるんですね。

映画の内容はまるで覚えていませんが(というか、まともに観たことがない)、テーマ曲に使われた「チューブラー・ベルズ/マイク・オールドフィールド」は忘れることはないだろうなぁ。
しかし、あの「チューブラー・ベルズ」。知られているわりには、二部構成になっていることはあまり知られていないのではなかろうか(「Part I」は約25分、「Part II」は約23分)。かく言う自分も、きちんと聞いたことがないような気がします。これを機に、一度きっちり聞いてみようかな。

そして...

・ナイスの日
「ナ(7)イ(1)ス(3)」の語呂合せ。 ナイスなこと、素敵なことを見附ける日。

うーん。この語呂合わせは、ちょっとナイスでは無いッスよねぇ。
(このダジャレも!?)

皆様に素敵なことが見つかりますように。
[PR]
by taka-sare | 2007-07-13 01:03 | 雑感 | Comments(4)

[湯葉そばの中に見たもの]

先日、何度かこのブログで紹介している蕎麦屋に足を運びました。
目的は、7月限定販売という「冷やし湯葉そば」を食べる為。

冬に「温バージョン」を食べましたが、果たして冷やしは如何なものだろうか。期待に胸を弾ませながら店の前に立つと、営業中にも関わらず「準備中」の看板が。え、まさか!?と暖簾をくぐると「あ、そばが切れたので、今急いで打っているところです」。いつも通り、静かな時間帯にと15:00頃にしたのが、どうやらこの日は裏目に出たらしい。うーん、人気店ゆえ仕方ないかぁ...

いやいや、そんなに簡単に引き下がることは出来ません。だって、昨日からこの日の昼飯は蕎麦と決めていたのだから。何より、腹が減ってもう動けません。
すると...「もうすぐ出来るみたいなので少し待って貰えますか?」との声が。
えぇ、もういくらでも待ちますとも。安堵の表情を浮かべる妻。そして私。
あー良かった〜。

で、この合間に、蕎麦前でもと思ったのですが。
この日は、まだ飲むわけにはいかない事情があったのでグッと我慢。
まぁ、夜に飲み会があるしね。と自分に言い聞かせながら。

・・・

店員さん(店主の母)とお話をしていると、暫くしてお目当てのモノが登場。
よっ、待ってましたー!

e0011761_23544931.jpg[冷やし湯葉そば]

店主曰く、これでもか!と言わんばかりに湯葉が盛られています。

店主のブログに食べ方についてあれこれ書いてあったが、うろ覚えだったので、参考までに店主にレクチャーして頂く。



とりあえず、最初は言われた通り、「そばだけ(豆乳がからむ)」「そばもり汁かけて」「湯葉だけ(そのつゆがからむ)」「そばと湯葉で」「わさびつけて」等々、様々な食べ方を試す。のち、順不同に一心不乱に湯葉を喰らい、そして、そばをたぐったのでした。いやー旨かった。

それにしても...話には聞いていましたが、なんと湯葉の量の多いことか。
店主が酒飲みの気持ちを心得ているからこその量ですな。これは。
思うに、店主はこれを作るたびに「くぅ〜、酒飲みてぇ〜」と心の中で叫んでいるに違いありません(笑)
ちなみに。私も何度妻に「オサケノミタイ...」と泣きを入れたことか。。。くぅ〜。

これは、最後まで酒を呼ぶ危険な蕎麦です。
酒好きな方。店内で泣かぬよう、電車で来店することを強くオススメします。

・・・

しかし、初めて食べたのに、どこか懐かしさを感じるのは何故だろう。
う〜ん、なんだろう、この感覚は...
と思いながら食べていたら。ふとあることに気が付きました。

「あー、そうか。卵かけご飯だ」

そう、ご飯に溶いた黄身を混ぜ、出汁醤油をかけた時に感じるあの風味。
あれを想起させるのです。
えぇ〜?と思った方。是非一度お試しあれ。
[PR]
by taka-sare | 2007-07-11 21:21 | 飲む・食べる・呑む | Comments(3)

[ある日の素敵な夕食]

先週の木曜日。仕事が休みだったので、夕飯の食材を買いに近所のスーパーに出かけました。朝から豚しゃぶにしようと決めていたので、迷うことなく精肉コーナーに足を運んだ私。すると突如、全身に電撃が走り意識不明に。で、気が付くと。何故か、サーロイン肉が買い物カゴの中に...
「いったい、何があったんだ。どうしたんだ俺!?」と自問自答するも、理由は分からず。すると次第に「牛喰いてぇ〜」欲が脳内を駆けめぐり。もーどうにもならなくなってしまったので、この日は豚しゃぶをやめ、大人しく?牛を喰らうことにしました。

まさか、この期に及んで思春期到来か!?(なわけない)

皆さん、こんなことってよくありませんか?(えっ?ない??)

・・・

買った肉はもちろん、松阪牛...ではなく、オージー肉のお買い得品。
おんや、意識を失っていた割りには、随分と堅実なセレクトだなぁ(笑)

e0011761_23415810.jpgステーキと言えばビリーを急に思いだし。
(あ、ブートでキャンプなやつではなくて、チェーン店「ビリー・ザ・キッド」の方ね)
そこで、この日は、知る人ぞ知る「ビリー風」に調理することに決定。
要は、塩コショウをふって焼き、付け合わせに、炒めたコーンを乗せるだけ。


焼き加減は、妻の好みに合わせレアで(もちろん、鉄フライパンで)。
焼いている最中、塩コショウの他、ちょっと風味にアクセントをつけようかなと思い。焼き上がった後の肉汁にビバ・ガーリック、醤油(ひしほ)を少々入れ軽く炒めたモノを添えることに。

出来は、まぁまぁでした(ちょっと謙遜!?)

→この日飲んだお酒は?
[PR]
by taka-sare | 2007-07-08 20:30 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)