<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

[寒い日に、チヂミを食べる]

最近、背中を丸め「寒い寒い」と口にすることがしばしばあります。
今年の冬はとにかく寒いので、仕方がないとは思うのですが
あんまりこの状態が続くと、体のみならず心まで縮み上がってしまいそうで
気分的に宜しくありません。
(心が縮こまると、発想が貧困になったり、精神が病んだりしますからね)

こういった時は、美味しいものを食べ、心や体に栄養を与えるのが一番です。
でも贅沢をしてしまうと、今度は懐が寒くなってしまいます。
では一体どうすれば?
ここはやはり、安くて美味しい“旬”なものを食すに限るでしょう!
ということで、昨日はこの季節ならではの食材を探してみることにしました。

・・・

e0011761_13391175.jpg[寒締め 縮みほうれん草]

しおれているように見えますが
”縮み” の名が示す通り
これが通常の姿です。

今回はオヒタシにしましたが
常夜鍋にも良さそうです。



冬の寒い時期になると、その時期だけにしか食べられないものが幾つかあります。
その中の一つがコレ、寒締め”ちぢみ”ほうれん草です。

冬場のほうれん草は、甘みがあって美味しいと良く耳にします。
夏と冬のほうれん草では品種的に違いがあるから?
確かにそれも関係しているかもしれません。
しかしその事を差し引いても、冬のほうれん草が甘みを持つのには理由があります。

ほうれん草は厳しい寒さにあうと、自ら生育を遅らせたり停止したりします。
また、霜や氷点下の寒さで凍りつくのを防ぐ為、細胞中の水分量を低下させます。
そうやって、ほうれん草は寒さから自身を守ります。

細胞中の水分量が少なくなると、糖分やミネラルは凝縮されます。
結果、冬のほうれん草は甘みがあって美味しくなるのです。

寒じめ縮みほうれん草の栽培は、このメカニズムを利用しているというわけです。

・・・

厳しい寒さにほうれん草は縮み、そして百姓も縮む。
二つの生命が、”寒さ”という厳しい状況に向き合い
そうして初めて、このほうれん草の美味しさは生まれます。

この風味の濃さは、即ち、命の濃さというわけか...

ただ寒い寒いと縮こまっている私とはワケが違いますね。

ほんの少しですが、背筋が伸びる思いがします。



* 寒締め縮みほうれん草 *

「寒じめ」とは、ビニールハウス内で野菜が育った状態の時にビニールを外してしまい、意図的に寒気にさらす方法。急な寒気に当たることで、ほうれん草は葉が葉脈にそって縮まり、また、丸みをおびた厚みがある緑の濃い葉になる。一般的なほうれん草に比べ甘味が濃い。
[PR]
by taka-sare | 2006-01-30 23:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)

[凍り付くお話]

e0011761_2333025.jpg
こんな光景が見られるまで
あとどの位だろう?

立春もまだ来ていないのに
そう思ってしまう今日この頃。




つい先日まで、氷点下10℃以下になる地域にいました。

こんな体験をすれば、大抵の寒さは耐えられそうなものですが
寒く感じなかったのは帰宅日だけ。
翌日にはすっかり、こちら(関東南部)の気候に慣れてしまい
寒さを感じるようになってしまいました。

いやぁ、人間の環境適応能力というものは大したものですね。

・・・

最近、とっても寒い地域に住む知人からこんな話を聞きました。

「夜帰宅し玄関の戸を開けようとしたら凍り付いて開かず、閉め出しを受けてしまいましたよ。今の場所に移り住んでもう何年も経ちますが、こんなのは初めてですよ」

...もうこうなると、”寒”と言うより”冷”ですね。
いやぁ、凄い世界があるもんです。

何だかこんな話を聞いたら、関東の寒さなんて
大したことないような気がしてきますよね。
え? そうはいっても寒いものは寒いですって?
はい、私もそう思います(笑)
[PR]
by taka-sare | 2006-01-28 23:52 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[イマドキの験担ぎ]

e0011761_9125561.jpg
先週の月曜日、岡山へ出張する際
暇つぶしにと、雑誌DIMEを購入。

さっと目を通していると
一つの記事に目が留まりました。



・・・

先日、"ウカール"なるお菓子についてあれこれ書きましたが、なんと、DIMEにそれに関する特集が組まれていたのです。(詳細は割愛)

e0011761_9135015.jpg


その翌日。
宿で地元新聞「山陽新聞」を呼んでいると、以下の記事に目が留まりました。

e0011761_9142949.jpg


その記事は、”合格祈願菓子”が中高生の間で人気を呼んでいる、というものでした。
ということは...
そうなんです。
またもや同様の記事に出会ってしまったのです。

よもや、こんなに話題になっているとは...
ちょっとビックリです。

・・・

初めて”ウカール”を見た時、「これは企画メンバーがノリで考えたのでは?」と思いました。しかし今回、それは大きな過ちだと知りました。実は、これらの商品は企業主体ではなく、受験生達の口コミがキッカケとなり生まれたモノだったのです。

例えば、キットカットというチョコレート菓子。
これは「きっと勝つとぉ(九州弁)」の語呂合わせが受け、験担ぎのお菓子として全国に広がったのだそうです。
いやぁ、口コミの力って凄いんですねぇ。

・・・

山陽新聞によると、これら験担ぎお菓子の評判は上々らしく、鳥居のセットまで作った岡山のスーパー店頭では、神妙に手を合わせる姿もあったのだとか。
「神」ではなく「菓子」頼みというところが今時の子らしいですが
どんなに時代が変わっても、験を担ぐというのは変わらないものなんですね。


* おまけ *

その他、験担ぎお菓子は以下の通り(抜粋)。

「キッポー」ポッキーを逆さに読んで。...吉報とかけたわけですね。なるほど。
「コアラのマーチ」コアラは寝ていても落ちないから。...捻りが利いてますね。
「カナエルコーン」同社の「キャラメルコーン」をもじったもの。...人気商品とのことですが、ちょっと強引では?
[PR]
by taka-sare | 2006-01-23 00:11 | 雑感 | Comments(0)

[正月が終わり、寒さが和らぐ...かな?]

昨日20日は、正月の最後の日として納めの行事を行う”二十日正月”でした。
地方によっては骨正月、骨おろし、頭正月などとも呼ぶそうです。
これらの呼び名は、正月に食べた魚の骨や頭までも食べて正月を終えるところから来ているのだとか。ナルホド。

しかしまぁ、最近は実質三日で正月が終わってしまいますからね。
いずれ、これらの呼び名(骨正月等)は無くなってしまうかも知れません。
だとすると、ちょっと寂しいなぁ。

・・・

それから一日経った本日、21日。久し振りに関東に雪が積もりました。
(都心で9cm以上積もったのは8年ぶりだそうです)

昨日は二十四節気で言うところの大寒(だいかん)でした。
読んで字の如く、一年で一番寒さの厳しい頃です。
どうりで昨日から寒くなり、そして今日、雪が降るわけですね。
やはり侮れませんね。二十四節気は。
[PR]
by taka-sare | 2006-01-21 23:59 | 自然・季節に触れて | Comments(0)

[ダジャレ繋がり、と言うわけではありませんが...]

e0011761_13265119.jpg
[ウカール チーズあじ 明治製菓株式会社]

これもいわゆる季節限定商品?

笑う門には福来たる、ということなのか。
え、笑えない!?
そんなこと私に言われても...




先日スーパーで買い物をしていたら、このようなモノに出くわしました。
基本的に、我が家はスナック菓子を食べないのですが(食べても年に1,2回)
このネーミングに釣られ、つい購入してしまいました。
あ、私は試験を(何の?)受ける予定は全くありません。念のため。

それにしても、「ウカール食べて、試験に受か〜る」とは...
昨日のタイトルくらいアレですよねぇ。
他にも受験生応援商品?として、「ハイレルレモン(元の名はハイレモン)」というモノがあるそうです。いやはや。

ここまでアレだと、「実はこれ、企画メンバーで呑んでいた時に浮かんだアイデアなのでは?」などと穿ってしまいます。

社員A「うちの子、今度受験なんですよ」
社員B「受かるといいですね〜」
社員C「受かる、ウカル...あ!今度の企画”ウカール”なんてどうです?」
全 員「それいいねぇ〜」
(注:イメージ)

で、後日、幹部を前に真剣にプレゼンするわけです。

担当A「え〜、年度末は受験生を対象に「ウカール」と「ハイレルレモン」を販売したいと思います。(ここで商品サンプルを掲げる)」
幹部B「(フフンと笑い)ウカールにハイレルレモンね...ま、いいんじゃない?」
(注:かなり勝手なイメージ)

...ちょっと素敵な光景かもしれません。

・・・

ちなみに...
袋の表で「試験に受か〜る」と祈願しているカールおじさん(身長約9cm)。
裏面では、控えめにこう言っています(身長約2.8cm)。

e0011761_15191432.jpg

確かに...
受験生の皆様。ココ重要です。
[PR]
by taka-sare | 2006-01-12 16:56 | 雑感 | Comments(0)

[インカのめざめでないんか・・・]

新年早々、 下らないダジャレですいません。
(一応、前回のタイトルに合わせたかったので...とポソリ言い訳)

以前取り上げたインカのめざめの続報です。

保留にしていた答えがついに分かりました。
結果は既に題名でお分かりかと思いますが、折角なのでお知らせ致します。

・・・

先日、送り主から年賀状が届き、そこには一言こう書かれていました。

「やっぱり、あのジャガイモはインカじゃないみたいです」

やっぱりそうだったのか...
と言いますのも、その後あれこれ調べてみたのですが
調べれば調べるほど、どうも違うのではないかと思うようになっていたのです。
昨年、送り主にその事を伝えると、送り主も同様の考えでした。
故に「やっぱり」なのです。

じゃあ、あれは何だったの?
おそらく、多くの方はそう思うことでしょう。
はい。私もそう思います。

私の微々たる知識・経験を総動員し導き出した答えは”北海黄金”です。
が、これはあくまで私見なので、真実は未だ闇の中です。

・・・

インカのめざめ、かぁ。
一体どんなジャガイモなんだろう...
ここまで来たら、是が非でも知りたいものです。
でも、希少なものだから入手するのは困難なんですよねぇ。
その上、お値段も懐に優しくないんですよねぇ。

たかがジャガイモ、されどジャガイモ...

送り主のNさん。
今年も(こそ)よろしくお願いします(笑)
[PR]
by taka-sare | 2006-01-11 23:16 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[スペイン人の心を味わう]

昨日、昨年購入したハモンイベリコ(イベリコ豚の生ハム)を食しました。

・・・

私がハモンイベリコに興味を持ったのは、3年前のことだったでしょうか。
当時は今ほど有名ではなかった為、手に入れることは出来ず。
(もしかしたら売っていたのかも知れませんが...)
結局、初めて口にしたのは、ブレイクした?昨年のことでした。

・・・

e0011761_16911100.jpg[ハモンイベリコ デ ベジョータ]

スペイン、イギリス両王室御用達。
なんでも”世界で一番美味しい”とのことですが...
さて、そのお味や如何に!?



ハモンイベリコ体験の集大成として...
そう理由付けをし思い切って入手したこの品は、世界で一番かは分かりませんが
これまで何度か食べた中では、一番美味しいハモンイベリコでした。

ちなみに、今回食べた生ハムは、1879年にSANCHEZ ROMERO CARVAJALという人が、ハブコという小さな山村で生産を初めて以来、127年にわたり変わることなく造られてきたものだそうです。

この生ハムを生み出したスペインの風土、スペイン人の叡智
そして、127年にわたり生ハム造りに携わってきた人々の真摯な心に乾杯!


* おまけ *

e0011761_1681855.jpg生ハムを食べるとなると、やはり赤ワインの存在は無視出来ません。
丁度いいことに、我が家のナンチャッテ・ワインセラーにお気に入りのスペインワインがあったので、これを機にそのワインを開けることにしました。

生ハムはワインを誘い、ワインは生ハムを呼び...
途切れることのない、幸せのループに
しばし酔いしれたのは言うまでもありません。
[PR]
by taka-sare | 2006-01-10 23:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)

[蕎麦屋の主人はかく語りき]

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

・・・

大晦日、(友人数名が集まり)友人が営む蕎麦屋の大掃除を手伝いました。
その際、店主は静かにこう語りました。

蕎麦屋は年越し蕎麦を食べられないんだ…と。

蕎麦に一番近い人が、最も蕎麦に遠い。
これを蕎麦屋の悲哀と呼ばずに何と呼べばよいのでしょうか。
この言葉は、除夜の鐘よりも胸に響きました。

そうして私達は、年越し蕎麦を食べることなく、蕎麦屋で静かに新年を迎えたのでした。
[PR]
by taka-sare | 2006-01-01 23:51 | 雑感 | Comments(2)