カテゴリ:スポーツ( 7 )

PINGPONG 狂想曲

古き友人の子供たちの間で、卓球が流行っている。


リオ五輪での日本勢のパフォーマンスは確かに胸が熱くなるものがあった。

中国勢の超絶的な攻防は影響されるのに十二分だった。


が。


彼らは、五輪前からハマっていた。
そして、五輪を機に花が開いた。


そんな感じである。


まぁでも、さすがにオリンピックが終われば熱は冷めるだろう。

そもそも、家のテーブルを利用した、ローカルルール全開の特殊な卓球だし。

そうタカを括り、静観していたワタクシ。

しかし。。。


彼らの情熱は、衰えるどころか、むしろ増す一方だった。


その熱は次第に周囲の大人へ伝わり火となった。

その火は、子供の頃、卓球クラブだったという我が妻にも燃え広がり。ついには大きな炎へとなった(笑)こうなると、その炎が経験者である私を焦がすのは避けられないわけで。。。(^^;)


そんなわけで。


妻が公共の施設に予約を入れ、友人家族と共に卓球をすることに。

ちなみに。友人(その子供達の父親)は、卓球には気持ちのいいくらい一切興味を持たずノータッチ(笑)


適材適所。


友人が大事にしている言葉である(笑)


帰宅後、インターネットでラケットを物色している自分がいた。

とてもザンネンである(笑)


(以上、Facebookの過去記事より抜粋・一部補筆)


・・・


それからしばらく経って。


専門ショップでラケット&ラバーを買っている自分がいた。

とても残念である(^^;)



e0011761_18291908.jpg
ラケットとラバー、四半世紀以上ぶりに購入ですよ。

浦島太郎状態なので、店員に相談。
せっかくなので、新商品に手を出してみた。


e0011761_18331508.jpg
友人家族と、時に、妻とマンツーマンで。


久しぶりにやってみると、おぉ、故障気味の体にも負担が軽く割といい運動になるではないですか。本来運動に興味のない妻が盛り上がっているので(YouTubeで色んな動画を漁って勉強してるし!笑)、老後までゆるりと楽しむとしましょうか。



この動画、海外でウケているんだとか。
アホ内容の中に、卓球あるある的なマニアネタが結構混ざってます(笑)



[PR]
by taka-sare | 2016-11-28 11:10 | スポーツ | Comments(0)

[高地トレ、高地ダイエット]

1600m超の地に住むようになって早6ヶ月近くになりました。

1600mの地は平地に比べ酸素が4/5となるそうで。
普通に生活するだけでトレーニングになると言います。

「えー、ホントかよ?」

高橋尚子がトレーニング地として選んでいたボルダーならいざ知らず。
霧ヶ峰程度でそんなに効果が出るのかい?と、春先は正直半信半疑でした。

が。。。

5ヶ月経った今、その疑いはなくなりました。
そう、今ならハッキリ言えます。
高地トレーニングは効果が有りますよ、と。

例えば。

ワタクシ、当地に住むようになってから4ヶ月で6kg痩せました。

えー、山だから質素な食事なんでしょ?
いやいや、むしろ、下界にいた時よりもかなり食べています。
しなかった間食もしているし。
レトルト食品やカップ麺も結構食べているし。
酒も変わらず飲んでいるし(少し減ったかもしれないけど)。

昨年ビリーズブートキャンプやコアリズムを本気で三ヶ月やりましたが、その時ですらマイナス3kgが精一杯でした。なので、その効果たるや!ってなものんです。

6kgも痩せるとさすがに外見が変わるのか、久々に会う知人友人は皆「痩せたね」と言います。確かに、自分で見ても顎がシュッとしたのが分かります。ズボンもぶかぶかになり、ベルトの穴を1〜2つ程内側にしなければならなくなりました。

・・・

また、体重のみならず体力にも変化が。どうも酸素を効率よく使える身体になったらしく、以前に比べかなり息が切れなくなりました。

事実、昨日、用事があって地元に帰った際、1km強程の距離をちょっと早足で歩いてみたのですが、全く息が切れることがなく、恐い位スイスイ歩けてしまいました。なんか、排気量が変わったような、そんな感じです。

そんなわけですので、ダイエットをしたい方は是非、当地にお越し下さい。
効果の程は保証しますので。

但し、3ヶ月位は滞在してもらうことになりますが。。。
[PR]
by taka-sare | 2010-10-05 01:00 | スポーツ | Comments(0)

[あの人は今]

「阪神タイガースが3位に浮上」
「イチロー、9年連続200安打を達成」

この二つのニュースを読んでいると、ふと、ある人物の名が我が脳裏を過りました。
その人物の名は...


DICE-K





と共に海を渡ったもう一人のK。
そう...






IGAWA-K



覚えてますよね?(というか、知ってますよね?)

阪神タイガース暗黒時代に輝く一筋の光だった左のエースのことを。

渡米後、野村監督や星野監督から「通用する武器が一つもないのに行くから...」と酷評された左のエースのことを。

茨城出身なのに納豆が大嫌いな左のエースのことを。

・・・

そんな何かと「伝説」の多い井川慶ですが、最近はすっかり話題にのぼることがなくなりました。うーん、ここ最近で記憶にある彼の情報と言えば...

井川が球団新記録!ヤンキース傘下3Aで歴代最多勝!
通算白星、球団新記録となる27勝!!


阪神時代から、凄いんだか駄目なんだか捉えどころの無い選手でしたが。
MLBにいってもそれは変わらずの様子。
まぁ井川らしいと言えば井川らしいんだけれど...

果たして、彼は今後どういう足跡を残すのか。
情報の少ない彼ですが、今後もイチロー以上にその動向を追っていこうと思います。
それが甲子園生まれの務めってもんなので(そうなのか?)。


* おまけ *
井川慶という人物を知らない人はコチラをどうぞ。
彼のキャラクターが分かりやすく説明されています(?)。
ま、阪神ファン及びプロ野球に通じている人にしか笑え(泣け?)ませんが。
(第78話はイタ過ぎて笑えない...)
[PR]
by taka-sare | 2009-09-14 23:59 | スポーツ | Comments(0)

[ボルト、猪の尻尾に触る]

ベンジョンソンの前半とカールルイスの後半が合わさったら・・・

子供時代、そんな事を夢想したものですが、今回ボルトはまさにその夢を、いや、それ以上の夢を実現してみせてくれました。しかしまぁ9秒58って...。これが一体どのくらい凄い記録なのか。かつて見たカールルイスが出した9秒99とどのくらい違うのか。正直なところ私には「速い」「物凄く速い」くらいにしか違いが分かりません。もっとも、10秒00で駆け抜けた伊藤浩司氏(解説)をして「なんと言っていいか分からない」と言わしめるのだから、我々凡人が実感出来ないのは当然のことなんでしょうが。おそらく、この速さの本当の凄さを実感出来ているのは、一緒に走ったタイソン・ゲイとアサファ・パウエルくらいなんだろうなぁ。

と、そんな風に思っていたら...ボルトの凄さを垣間見ることの出来る記事に出会しました。その記事によると、世界記録を出した際の最高時速は44.7kmだったとのこと。これはどのくらい凄いかっていうと...猪が時速約45kmで走るといいますから...ボルトはもう「猪突猛進」の速度に手が届きかけていたというわけです!いやはや驚きの一言であります(え?猪がそんなに速く走るってことの方がビックリ?)。ちなみに、キツネや猫の最高時速は48kmだそうです。


* おまけ *
これまでと打って変わって声のトーンが静かな織田裕二。ボルトと同じくらい気になる今日この頃です(斜に構えているのがさらに気になる。以前は正面を向いていたのに)。きっと、あの物真似を意識してのことなんだろうけど...。騒いでくれないせいか、深夜沈没する事がしばしば(苦笑)。
[PR]
by taka-sare | 2009-08-19 14:19 | スポーツ | Comments(6)

[ビリー その後]

先週私はこの場で「ビリーズ・ブート・キャンプ」に手を出したことを書きました。
で、その時、最後の方でこのようなことを宣言しました(参考:過去記事)。


>とりあえず7日間(目標は1ヶ月)はやってみようかと思います。


気が付けば、あれからもう2週間が経とうとしています。
ん?ということは?...はい、そうです。
1ターン目はもちろんのこと、順調なら2ターン目も終わろうとしている頃ですよね。

「あ〜なるほどね。ってことは、やり遂げたから報告するってわけね」

あちゃぁ〜。ちょっと展開がバレバレでしたかねぇ〜。

・・・

な〜んて言えれば良かったのですが...
実は、まだ3日目のプログラムを終えたところなんです...はい。

挫折? 故障? 言い訳? 根性無し?

あ、いや。そうではなくて...
実は1日目のプログラム後、出張が続きまして。
つまり、家にあまりいなかったので、続けて出来なかったというわけでして。
決して、さぼっていたわけでも、投げ出していたわけでもありませんので。
そこのところ、誤解無きようよろしくお願いいたします(って、なぜに言い訳調?)

ま、そういうわけでして。続ける意志(闘志?)は未だ衰えておりません。
というか。むしろ、かつての「身体を鍛える熱」が再発してしまったくらいです。
なので、7日間はもちろんのこと、折角なので、トレーニングの基本といわれる3ヶ月間はやってみるつもりです。

ま、私はやると言ったらやる男なので。
結果・成果を御覧じろ(←あーあ、言っちゃった)。

・・・

折角なので、とりあえず終えたプログラムの簡単な様子を書いておこうかと。
長くなるので、興味がある方のみ続けてどうぞ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→ 基本プログラムはこんな感じで
[PR]
by taka-sare | 2007-09-29 15:04 | スポーツ | Comments(0)

[「ワンモア セッ!!」と言われても・・・]

昨日、出張先から帰ると...
見たことのあるマッチョな男が、私を出迎えてくれました。
その男の名は「Billy Blanks」。
そう、あの一世を風靡した”ビリー”がそこにいたのです。

・・・

運動不足だからか、はたまた、中年になったからなのか。
(まぁ、その両方だと思いますが)
ワタクシ最近、身体の弛みが顕在化してきました。

かつて(学生時代)私は、日々筋トレやら何やらで身体を鍛えていたことも手伝ってか、太らない体質でした。しかし最近は...不摂生の分だけ形に表れるようになりました。

うーん、ここは一つまた鍛え直すとするかなぁ。

ビリーが我が家を訪れた(妻が知人からDVDを借りてきた)のは、そう思った矢先のことでした。となれば、先ずはこれからスタートするしかないでしょう。
てなわけで。本日、妻と共に「ビリーズブートキャンプ」に入隊。早速、初日のプログラムにチャレンジしてみることにしました。

・・・

で、初日のメニューを終えた感想ですが。

し、しんどかった・・・


ネット上で「キツイ」と言われていることは知っていました。元ライフセーバーの知人も「一度やったことがあるんですが...最初の二日間がきついんですよ」と言っていました。医者が「ハードだから身体を壊す危険もある」と言っているのも何かで読みました。

でも。かつては筋トレに励んだ私です。今は筋トレこそしなくなったものの、アウトドアで日々身体を使っている私です。なので、妻はともかく俺は大丈夫だろうと高を括っていました。そう、心の奥底では、ちょっぴりなめてました。

しかし...その考えは甘かった。

今日は暑かったということもありますが、始めてから20分位から汗がダクダク。そして、筋肉がプルプル。後半の方では(トレーニング内容によっては)「こんなに乳酸たまったのなんていつ以来?」ってな状態になり。ビリー隊長の「ワンモアセット!」のかけ声に反応出来ないなんて事も。

何とか意地で最後まで行いましたが、よもやこれほどまでとは。
いやはや、55分間は長(永)かった。

・・・

これを7日間やったからと言って、身体が劇的に変わる事なんて先ずないでしょう(もしもあったとしたら、劇的な変化は身体に良くないので私はやりません)。ただ、今回1日目を試してみた感じでは...これをきちんとこなせるようになるまで行ったら...かなり効果は出るんじゃないかなぁ。そう思いました。

折角貸して頂いたので、とりあえず7日間(目標は1ヶ月)はやってみようかと思います。ある程度行ったら、その時にまた、効果等の検証をしてみようかと思います。


* 追記 *

私の運動不足を差し引いても、医者が言うように、これは結構きついプログラムだと思います。なので、日頃より運動している人ならともかく、ブームだからと軽い気持ちで始める人は無理して身体を壊さないように注意が必要かと。いやホントに。その前に続かないかな。
[PR]
by taka-sare | 2007-09-17 23:59 | スポーツ | Comments(8)

[俄○○が増える日!?]

今夜、FIFAワールドカップ「日本 vs オーストラリア」が行われます。
ニュースによると、サッカー・バーを始め、テレビ観戦が出来るお店は、大方満員御礼状態なのだとか。WBCの時もそうでしたが、国内リーグの人気低迷がまるで嘘のようですねぇ...

予選リーグ初戦となる今夜の試合は、比較的良い時間帯に放映されるので、日頃Jリーグの試合など観ないという方も、おそらく今夜ばかりはテレビの前に張り付くのではないでしょうか?(かく言う私もその内の一人)

結果はどうあれ(と書くと、サッカーファンに怒られますね)今日明日は、にわかサッカーファンや、にわかサッカー解説者等、巷に「にわか」な人達が満ちあふれることでしょう。(かく言う私もその内の一人?)

・・・

試合を前にして今思うこと。それは勝ち負けよりも、「ようやく日本も、世界の強豪相手に勝つか負けるかを議論されるようになったんだなぁ」ということです。ちょっと前までは、ワールドカップ出場なんて夢の話でしたからね。

最近はすっかり観なくなりましたが、サッカーの試合は子供の頃から...それこそ、実業団サッカーの時代から観てきたものですから...何だかちょっと感慨深いものがあります。

おっと、そうこうしている内にあと4時間を切りましたね。
さて、どうなることやら...


* タイトルの漢字「俄」の読みは「にわか」です。念のため。
[PR]
by taka-sare | 2006-06-12 18:23 | スポーツ | Comments(5)