[麺食らう日々]

3月の「3」は悲惨の「惨」か?それとも散々の「散」?
なんて思いたくなるくらい、年度末は面食らう日々が続きました。

苦しいところから始まって、苦しさからつらさになって、つらさを超えたら腰の痛みに

なんてこともあったなぁ(どこかで聞いたような台詞...)。

そんなこんなで、気がつけば暦は4月。あっという間に新年度に突入。桜は花を咲かせ、ツバメは空に弧を描く。天高く見上げれば彼の地から渡って来たサシバの姿も。来る4/5は「清明(二十四節気)」。万物が清明(清浄明潔の略)となり花開き鳥鳴く季節、とはよくいったものです。私の方も、季節同様、清明となればいいのですが、さて。

・・・

面食らうと言えば、パスタ。
先日書いたように、相変わらず麺喰らう(麺だけじゃないですが)日々が続いています。

e0011761_1293224.jpg

昨夜は、フェットチーネを使って青カビチーズとクルミのパスタを作りました。本来はゴルゴンゾーラを使ってイタリア〜ンな感じ(どんな?)にするのですが、この日は趣向を変えサンタギュールを使ってみることに。

これがうめぇのなんの。オフラ〜ンスな感じかどうかは分かりませんが、狙い通り非常に上品な風味となりました。ゴルゴンゾーラよりも穏やかなので、飽きずにいくらでも食べられるという感じ。ま、優しすぎると感じる向きもあるでしょうが、日常食とするならば、私はこちらの方がいいと思うなぁ。ポイントはオーブンでローストしたクルミですね。コイツがあると無いとでは大違い。無いと全く別の代物となってしまいます。絶妙な組み合わせとはまさにこのこと。ひこ孫純米吟醸2003がこれまた合うんだなぁ。しばらくハマりそうな予感。
[PR]
by taka-sare | 2009-04-02 14:48 | 飲む・食べる・呑む | Comments(4)
Commented by itacha at 2009-04-02 19:15
わかるわかる。ナッツじゃないんだよなぁ~
クルミなんだよなぁ~奥行きは広がるが、ギュッと
バランスも引き締まる・・・それにその酒かぁ・・・ハァ~
Commented by taka-sare at 2009-04-03 00:59
■itachaさん
ですよね〜。
脂質が豊かなコクと甘みを与えつつ、特有の渋みがいい具合に余韻を断ち切る。その塩梅がいいんでしょうねぇ。クルミって。

ゴルゴンゾーラなら他の酒もいいかなと思いますが、サンタギュールならこの酒がモアベターかなと思いました。

Commented by タコ at 2009-04-04 02:09 x
うわー。フェットチーネ、うまそすぎです!!

惨月のが過ぎたら、死月に入り、窮まってます。
なんとか娯月を迎えたいなあ。
Commented by taka-sare at 2009-04-04 13:08
■タコさん
あとからじわじわやってくる旨さとでもいいましょうか。
自分で言うのもなんですが、めちゃウマです!これ。
この組み合わせは是非試して頂きたいなぁ。

>死月
なんと、そちらは惨月から死月に突入ですか...
来る夏が死地月とならぬよう、何としてでも娯月を迎えたいところですね。
いや迎えましょう。

と、自らにも。
<< [今度はアラミド] [ちとおかし7] >>