[いざ、長崎へ]

おかげ様で腰の具合は良好。今現在は無理な運動さえしなければ、ほぼ問題の無い状態まで回復しております。そこで先日、この時の恩を返すべく友人Tを食事に招待しました。

向かった先は、以前から一度連れて行くよと話していた店「N」。ここは長崎出身のご夫婦が営む、知る人ぞ知る長崎郷土料理の店です。「え!?ここ?」と思われる店構えゆえか、店先で躊躇した結果入らず帰ってしまう方も少なくないとか。なので、お客の多くはリピーターのようです。

夕方過ぎ、店内に入ると客は一組だけ。狙い通り。早速おつまみとメインを注文。調理場が落ち着いているので、こちらの食べるペースに合わせて食べ物が出てくる。それが心地よい。この店は昼は混雑しているのでこうはいきません。やはり夜来るに限りますね。って、夜にしか来た事が無いのですが(苦笑)。


e0011761_1274611.jpg

先ずはごま豆腐と南蛮漬けを。え?南蛮漬けは売り切れ?そりゃ残念。じゃあ餃子2人前も。ごま豆腐はピーナッツバターを彷彿とさせる風味。箸休めにしたり、スイーツとして食後に食べると良い感じ。




e0011761_1264018.jpg

餃子は薄皮に野菜たっぷりの餡が。この日は僅かに焼きが強かったけれど、基本的にいつも絶妙な加減に焼き上げられます。地味なんだけど何度食べても心がホッとする旨さ。エッジの効いた風味もいいけれどこれもまたいい。この店に来たらマストです。






e0011761_12351495.jpg

長崎話に花を咲かせていると、まずメイン第一弾「ちゃんぽん」が登場。相変わらず具(特に野菜)がたっぷりなのが嬉しい。胡椒をたっぷりかけてお召し上がり下さいとすすめられるが、私はそのままで食べ、時々胡椒を入れて食べるが好き。スープは日によって多少ぶれますが、基本(旨味はあるが非常にスッキリ)は変わらず。私は、ラーメンなどの汁は基本的にほとんど残します。でもこの店のものは麺と具を食べ終わった後も暫く啜ってしまいます。人によっては物足りない、コクが足りないと思うかもしれませんが、私は好きだなぁ。旨い日に当たれば最高です。胡椒を入れると輪郭がハッキリするので、物足りなく感じる人は最初からタップリ入れるといいかもしれません。


e0011761_12352969.jpg

真打ちの「皿うどん」が登場。店先には「ちゃんぽん」の看板がありますが、おそらくこちらの方が有名なのではなかろうか。

この店では人数分が一皿に乗せて供されます。ちなみにこれで二人前。四人前くらいになると40〜50cmの大皿に溢れんばかりに盛られるので圧巻です。初めて見た方は大抵その量に唖然とするのですが、風味が優しいので飽きずに食べられます(揚げ麺でかさ上げされていますしね)。
店では本場同様ウスターソースをかけて食べて下さいとすすめられますが、野菜の旨味がタップリなので何もかけないでも十分美味しいです。もちろんソースや酢をかけて食べるも良し。

決して良いとは言えない立地。薄暗くこじんまりとした店内(ごめんなさい)。人を遠ざける要素が満載なのに、それでも客は何度もこの店を訪れる。長崎出身の方がチャンポンと皿うどんを食べながら涙したという噂は本当なのかもしれません。
[PR]
by taka-sare | 2009-03-30 00:37 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)
Commented by まき子 at 2009-03-30 14:42 x
長崎は、お店でしたか~(笑)。
そういえば、長崎料理をちゃんと食べたことってないです。
せいぜい「リンガーハット」くらい(汗)。
本当においしい、野菜たっぷりのちゃんぽんを食べてみたいなぁ・・・。
Commented by taka-sare at 2009-04-01 01:40
■まき子さん
私もちゃんぽんや皿うどん以外の長崎料理は久しく食べていません〜。もしかすると、学生時代、長崎で(お金がないので18切符で行きました)卓袱料理を食べたのが最後かも?

そちらからだとちと遠いですが、機会があれば一度足を運んでみてください。日常食だからこその、飽きないおいしさに出会える?かと。(mixiの方にあるこまてるさんのコメントをご一読あれ。居た方ならではの情報で面白いです)
<< [ちとおかし7] [スイーツもパスタ!?] >>