[正統なる?酒処にて]

知る人ぞ知るもつ焼きの街、祐天寺。
その祐天寺に最近引っ越した妻の友人に、先日「ご飯でもどう?」と誘われました。
となれば行くのは当然...そうです、もつ焼き屋です。

向かった先は、中目黒で半世紀近く店を出していたというもつ焼き屋「B」。
その筋ではかなりの有名店らしく、開店して直ぐに満席になるのだとか。
そこで友人が店に確認をとると「開店すぐだったら空いてるから大丈夫」。
まぁでも念のためにと、開店の30分くらい前に店先へ行って見ると...
あれ?もう既に暖簾が出てないかい?おいおい話が違うじゃーん。
中を覗いてみると...あれれ?もう既に呑んでいる人がいないかい?どういうこと?(笑)

好きな席にどうぞー。はいじゃあ。などといった会話を交わし席に着く我々。
その後、ワラワラと客が現れ。あっという間に満員御礼状態に。
結果的に、この30分前到着が功を奏しました。
うーむ、やはり私はモツ神に愛されているのかも。

・・・

混雑する前にばんばん注文しよう...とその前に。
初訪問なので、先ずは壁にあるメニューにざっと目を通す。
聞けば友人も初訪問とのこと。で、何故か私が注文係に。
どうやらすっかりモツ食いと認識されている模様。まぁ間違ってはいないのですが。

e0011761_1244081.jpgここはサワー発祥の店(らしい)。それ故か客の多くがサワー(レモン)を注文していました(次にホッピーが人気)。身体に堪えるので普段は先ず呑まないサワーですが、この日は敬意を評し、私もビールで乾杯した後はレモンサワーにシフトしました。出てきたのは、焼酎と氷が入ったジョッキ、ハイサワー、そしてスクイーザーに乗ったレモン。飲み手が好きなように炭酸とレモンの量を調整するシステムなんですねぇ。ちなみにこれで250円也。立地を考えたら安い。だからか次々に「オネーサン、中身ね(おかわりの意味みたい)」の声が。安く呑んでもらう為にとはいえ甲類焼酎は味気が無い。ならば...と考え生まれたのがこのレモンサワーだという。そんな背景に思いを馳せながら呑むサワーは、なんだか旨さを越えた良さがありました。って感化され過ぎ?

この後、注文した品が怒濤の如くやってきました。
テーブルは狭く相席状態なので、あっという間にテーブルは一杯に。


e0011761_1324981.jpg

先ずはモツ煮から。野性的な香りあり。


e0011761_133429.jpg

次いで、名物のレバカツ。揚げた後ウスターソースに浸らせてある。
口にした瞬間ムワッと広がるのはウスターソースと昭和の香り。むせるー。
ふと、平成生まれはこういう物に郷愁感を覚えるのだろうか、と思う。


e0011761_1332185.jpg

串は結構色々頼みましたが、その中で面白かったのは「おっぱい」と「フランス」でした。もう私もいい年なので(と言っても客の平均年齢からすると私などは青二才)躊躇無くコールしましたが、学生時分だったらちょっと照れてしまっていたかもなぁ。まぁつまりはガキンチョが来るのは10年早いってことですな(おっぱいで検索してここに辿り着いてしまった方。もつ焼き屋の話ですので。念のため)。ちなみにこの店では、カシラ肉は「赤身」「フランス」「あぶら」と分けて提供しています。


e0011761_1333833.jpg

マカロニサラダも必注の品らしい?ので。こういうのって、あると結構嬉しいと思うのは私だけかしら?キャベツ(自家製?味噌付き)、おしんこ(お通し)と共に食し、アルコールで失いがちなミネラルを補給。さらにキャベツで胃壁保護。サワーを呑んでも悪酔いしなかったのはこのお陰だったかも?


e0011761_134346.jpg

とんび豆腐。これもこの店の名物なのだそう。どんな味なのかとスープを啜るとこれが結構辛くてピーヒョロロ!でも3啜りもすると慣れてきて旨味を感じられるように。ちなみに「とんび」は鷹のことではありません。とん=豚、び=尾。つまり豚のシッポの事。その正体は「豚テールスープ(チゲ風?)」でした。

・・・

相席した初老の夫婦は、串を片手に静かに楽しそうにサワーを呑んでいる。
「あなた、もう飲み過ぎですよ。話と違いますよ」
「まだ5杯だよ」
「嘘おっしゃい。もう6杯目ですよ」
などと聞こえてくる会話がなんともいい。
その隣では、常連らしきおっさん連中がワイワイと。時に老夫婦に話かける。
店員はハイサワーの空瓶を運び、もつ焼きを運びで大わらわ。
笑顔が溢れ、熱気が溢れ、モツの香りが溢れ、時々、レモンの香りがふわり。
刹那、浮き世を忘れることの出来る空間。
こういった場が、昭和の人々を支えてきたのだろうなぁ。きっと。

帰り路、振り返ると、一人また一人と店内に客が吸い込まれていました。
店の赤提灯。あれは地元の人にとっては誘蛾灯のようなものなのかもしれません。
[PR]
by taka-sare | 2008-10-26 02:49 | 飲む・食べる・呑む | Comments(3)
Commented by itacha at 2008-10-26 18:40
〉躊躇無くコール・・・
「ハンバーグ☆秋のキノコタップリ!森の小熊さん風・・・」
とかを頼むほうが100倍以上に恥ずかしいですねぇ。。。

マカロニサラダ・・・
ソレ系は絶対頼んでしまいますね!スパサラとかポテサラとか・・・神亀とか。(笑)
Commented by taka-sare at 2008-10-27 18:12
■itachaさん
>「ハンバーグ☆秋のキノコタップリ!森の小熊さん風・・・」
>とかを頼むほうが
是非、ピュアな心で声高らかに!(笑)

スパサラときましたか!そして神亀。
itachaさんとはじっくり呑めそうです。
Commented by taka-sare at 2008-10-27 22:20
■itachaさん
酔って書いたせいか、先に書いたコメントはよく分からない内容だったので、書き換えました(謝)。
<< [レアなチーズケーキ] [久々のウィーン菓子] >>