[アブラカタブラ改め]

昨日は友人に誘われ、久しぶりにウチイリ。

となると当然狙いは第1ターンで入店です。ということで、この日は(も?)13:30に店先にて集合ということに。のはずでしたが。実際に私が到着したのは13:17。友人に至ってはさらに前に到着していました。
これじゃあ、開店前の聖地に群がるモツジャンキー達と変わらないじゃん。
ていうか、もう既にジャンキー!?

・・・

入店後は友人に誘われるまま着席。曰く、ここはベストの位置とのこと。言われてみると、壁を背に出来、なおかつ店内の様子が一望出来るといった具合。なるほど見事に計算された席です。さすがダテに何度も足を運んでいませんな。

そうこうしている内に方々からいつもの注文(呪文)が飛び交う。最初に「今日は○○は無いからねー」と店員からアナウンス。にも関わらず「○○!」とオーダーするオッサンが一人。アチャーと思った矢先、店員の目がギラリと厳しく光る。この間2秒(この間のなんと雄弁なことか)。しかし「今日は無いからね」と優しく再度アナウンス。この店に対する感想の中に「厳しい」「怖い」というものをよく耳目にします。確かに怖い。色んな意味で。でも、なんだかんだ言っても優しいんですよねぇ。本当の優しとは何か。それを考えさせてくれる店だと思います。ここは。

閑話休題。

先ずはビールで乾杯。その後、おしんこ(初)、二種のモツ生、煮込みを注文。
久しぶりのモツ達は相変わらずの旨さでした。しかし...
この日、身体が物凄い疲労に包まれていたせいか、何だか感動が薄い。
こりゃあ相当だなと思いながら、運ばれて来た「アブラタレ」を頬張る。すると...
なんということか。感動という名の電撃と共に体中にエナジーが充ち満ちて。その後、しばし放心状態に陥ってしまいました。隣を見ると、友人も感極まって言葉になっていません。どうやらこの日、我々に必要だったのはこの一品だったようです。

擦り切れたレコードのように、もしくは羊のように「ウメーウメー」と繰り返す男二人。
もうこれ以上の感動はありえない。そう悟った我々はここでお勘定にすることに。
結局、ビール以外のアルコールは、私がウメ2、友人がウメ3。
かつて無い酒量の少なさ。これこそが如何に我々が充足していたかという証明。

・・・

wikipediaによると「アブラカタブラ」という呪文は、古くは熱病や炎症を癒す為の呪文として真剣に唱えられていたそうですが...この日の我々にとっては「アブラタレ」が癒しの呪文でした。

何ゆえオッサン達は、この場を訪れるのか。
初めて心の底から分かったような気がします。

モツ熱という名の病を癒す為、聖地に集まりしオッサン達は様々な呪文を真剣に唱える。
今日も明日も明後日も。
[PR]
by taka-sare | 2008-10-15 23:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(6)
Commented by まき子 at 2008-10-16 04:17 x
訪れるようになった当初は、いろいろ新鮮で「おいしい!」と思っていたものが、
だんだんと慣れて全体を見舞わせるほどの余裕が出てくる頃に、
改めてこういう感動に出会うと「ホンモノだ」と思うのでしょうね。。。
Commented by itacha at 2008-10-16 09:18
終に呪文ですか・・・お疲れなのですね。。。(笑)

こいうときの男達の集合の素早さっていったら特別ですよね♪
Commented by ベルト at 2008-10-16 17:49 x
御友人は、「Uのウメ×3+N」であの壊れようだったのですね(苦笑

ご苦労様でした
Commented by taka-sare at 2008-10-16 22:24
■まき子さん
あれ?書かずにおいた文章が何故?
...という内容の文章でびっくりしました。

そうですね。ここは色んな意味でホンモノだと改めて思いました。
Commented by taka-sare at 2008-10-16 22:25
■itachaさん
全てお見通しのようで(苦笑)
ちなみに、禁断の呪文を唱えた反動がこの後。。。
待て次号!?(笑)
Commented by taka-sare at 2008-10-16 22:28
■ベルトさん
いつもみたいに壊れてはいませんでしたよ。
KOブローも繰り出さなかったし。
あまりに幸せ過ぎて融解してしまったような。
この日はそんな感じでした(笑)
<< [しゃっくり百万遍] [探し物は何ですか?] >>