[自らを鼓舞する為に]

今回は完全に、自分の、自分による、自分のための投稿です。
どうぞご了承ください(但し、私と同類の方はその限りではない)。

・・・

ここ最近、出張やら出張やら出張やらで心身ともにかなりヘロヘロ状態な私。しかし、悲しいかな、その状況を打開・打破する術がありません。

そんなとーき、こう言うの〜。写真を見つめて〜。
笑ってー、笑ってー、笑ってタカサレ〜。
泣きべそなんて、サヨナラ、ねっ(以下略)。

ということで?苦しい時の励みになるように、以下にとある写真を添付します。ちなみにその写真は、今月の初めに以前紹介した焼き肉屋Yを訪れた時に撮影したものです。




e0011761_1916538.jpg
乾杯は可愛く杏マッコリで。
きゃー、カルピスみたーい♪
(注:頼んだのはムサい男二人)

友人「この後はガイドの君に任せた」。

ガッテン承知。ということでこのあとは全て私がセレクト。ちなみに今回の面子は、前回の投稿時に反応した友人A、妻、そして私の三名です。





e0011761_19171135.jpg[レバ刺し]

先ずはここからいきましょか。
ということで、前回同様、肝心要のレバーからスタート。

今日もてらてらと魅惑的な光を放っています。





e0011761_1917267.jpg
[チレ刺し]

続いては、前回食べ損ねた「チレ刺し」をば。
一口頬張るや、友人、妻共「旨い!」を連呼。
そこで私も慌てて一口食べると...なるほどこれはイイ。酸味が癖になります。
これがあったら何杯でも飲めちゃうなぁ。ごはんの友にもしたい。



e0011761_19174460.jpg[コブクロ刺し]

これも前回未食のメニュー。
フレッシュ、フレッシュ、フレ〜ッシュ♪
新鮮この上無し。
この瞬間、夏の扉が開いたのは言うまでもありません。
歯ごたえが愉しいなぁ。



e0011761_1917587.jpg[マッコリ]

ノーマルなマッコリをオーダー。

この後、刺しから焼きにシフトチェンジ。







e0011761_19181266.jpg
[コブクロ]

早いうちに、前回好評だったコブクロを友人に試してもらう。その新鮮さ、包丁の入れ方に感心した模様。なんとなく前回の方がさらに旨かったような気がするが、いやしかし何度食べても素晴らしい。関係ないが、このコブクロに出会った後、妻がアーティストのコブクロの音楽に興味を持つようになったのは単なる偶然か?


e0011761_1918283.jpg
e0011761_19184491.jpg
e0011761_19185677.jpg
e0011761_1919977.jpg




e0011761_191926100.jpg
[面脂]

これも初。
メンアブラと読みます。部位は頬の辺り。
店員に聞くと「表面をカリッカリに焼いて」。
脂の文字に「ちょっとくどいのかな?」と思いきや。
これがそうでなく。旨い。


e0011761_19194239.jpg[面脂のタレ]

辛いのが苦手でなければ...と差し出されたこのお皿。
中には、酢に青唐辛子が入っています。
(時間とともにピリ辛具合が変化)
これにつけて食べると、これがさっぱりしていい。
唐辛子の香りがまた合うこと。


e0011761_19195532.jpg[ハラミ(タレ)]

食感に変化を持たせるため、ハラミを挟む。







e0011761_19202352.jpg[ミノサンド(タレ)]

今回はタレにしてみた。
ミノサンドは塩の方が脂の甘さが楽しめるという結論に。






ここで友人に、好きなもの一品を選んでもらう。
友人は少し考えた後「コブクロ」を選択。
コブクロ好きがまた一人増えました。


e0011761_19203843.jpg[モンク]

私が何度も話題にあげていたので興味津々だった友人。
一口啜るや「へぇ〜、いいね」。
前回も思いましたが、これを飲むと胃が落ち着くというか、気が和らぐというか。
〆はやっぱりこのスープで決まりです。



・・・

確かこの日もヘロヘロだったと記憶しています。しかし、店を出るときはすっかり元気になっていました。各部位を食すごとに、身体の、そして心の失われたピースが、一つまたひとつと埋まっていく感覚といえばいいでしょうか。単に腹が満たされるのではなく、中身が満たされる、そんな幸せなひとときでした。

帰り際、マスターに「美味しかったです」と声をかけると「今度日暮里にもお店を出すんですよ」。なんでも駅前に建てられた新ビルに出店するらしく。「彼がそこの店長を務める○○ですのでよろしくお願いします」と厨房で働くお兄ちゃんを紹介されました。へぇー。応援がてら今度顔を出してみよう。

でも、私は三河島の店の雰囲気が好きなので、結局、ここに来てしまうんだろうなぁ。そう思っていたら、マスターは照れ笑いを浮かべ、つぶやくように私にこういいました。「煙だらけだけど、こういうのも結構いいと思うんだけどね〜」。異議無し。
[PR]
by taka-sare | 2008-06-24 02:17 | 飲む・食べる・呑む | Comments(6)
Commented by タコ at 2008-06-25 01:59 x
日暮里の店!要チェックですね。
あたしもY以来、コブクロが好きになってます。
でもコブクロが好きといいつつ、コブクロの曲をバックにジュージュー音が聴こえるんです。
内臓もうまいけど、モンクは必食です!
Commented by タコ at 2008-06-25 02:03 x
あたしのY友(うちと彼女の家の中間がY)は、酒に弱いくせにYではマッコリを呑みます。巨峰マッコリとか杏マッコリがよいらしいです。以上、追伸です。(すいませんが火曜からへべれけです)
Commented by taka-sare at 2008-06-25 23:20
■Y友(未公認)タコさん
>内臓もうまいけど、モンクは必食です!

ほんに、ほんに!モンクは必食ですよね。
モンク体験としては、メレディス・モンク、セロニアス・モンク以来の衝撃でした。このモンクがYを絶対的な特別な存在に押し上げたといっても過言ではありません。

日暮里の店...ふふふ。


Commented by taka-sare at 2008-06-25 23:43
■追伸タコさん
Yのマッコリは呑みやすいですよね。マッコリはちょっとという友人も、これならいけると言っていました。
同じく果物の名がつく立石の「ウメ」とは大違いです(笑)。

火曜からへべれけ...
私の分まで呑み尽くしてくださいませ。うぅっ。

Commented by itacha at 2008-06-26 11:32
一言で言えば・・・
 ” メラメラ ” しました。。。
Commented by taka-sare at 2008-06-26 23:39
■itachaさん
>” メラメラ ” しました。。。

北の虎を起こしてしまったか!?(笑)
なんかもうすでに腹案を練っていそう・・・
<< [行けば分かるさ] [ガレット&ジャレット] >>