[ちとおかし]


「いと」という程ではないが、ちょっと気になる、あんなことそんなこと。
そんな「ちとおかし」な物事を紹介するこのシリーズも今回で52回目となりました。

ここで「まったく、なにをつまらない嘘を」と思った方。
いつも読んでくれてありがとうございます。
はい、今回が1回目です。

それでは早速、今回の「ちとおかし」をどうぞ。



e0011761_139213.jpg


埼玉某地の狭い路地にて出会した、今にも崩れ落ちそうなこの家。
ん?これのどこが「ちとおかし」なの?
はい、それでは、そこに張られた紙にズームイン。


e0011761_1392090.jpg


「危険!」と強く言われるよりも「時たま」って言われた方が私は怖さを感じます。
なんか、ロシアンルーレットみたいで。

この「時たま」という曖昧、かつ、適切な表現。
ここに、ひっかかってしまいました。




e0011761_1393626.jpg


・・・飲むラーメン?
まぁ確かに、飲むと言えば飲むかもしれないですが...

啜るでもなく、噛むでもなく。
ただひたすらゴクゴクと飲むべし!
それこそがのど越しを楽しむ究極の食べ方なのである!!

...と、どうせなら店主に言われたいなぁ(未訪問)。
もっとも、それだと「ちと」ではなくなってしまいますけど。
[PR]
by taka-sare | 2008-04-26 02:29 | 出先・旅先での一コマ | Comments(8)
Commented by まき子 at 2008-04-26 12:02 x
最初の「ちとおかし」なんかは、「頭上うんぬん」のまえに
張り紙の下のガラスが割れてる時点で、
だ・・・大丈夫?誰か人が住んでますか??というような。(汗)
Commented by itacha at 2008-04-26 12:38
昔の「宝島」を思い出した。。。
Commented by タコ at 2008-04-26 12:53 x
時たま、に遭いたくないですね…。
時たまというのは“時々たまに”の略なんでしょうか。
“時折たまたま”?と、改めて考えてみました。
ラーメンはあっさり「野村だから」と言われると癪ですね。店主のユーモアセンスに期待!ぜひ取材を!
Commented by かず at 2008-04-26 23:20 x
何が書いてあるのかな?、と近づいてみたら瓦が落ちてきた。
みたいなことにならないと良いですね~。
Commented by taka-sare at 2008-04-27 00:31
■まき子さん
そのツッコミ...大正解!
いやホント、頭上とか言っている場合じゃありません(汗)

Commented by taka-sare at 2008-04-27 00:37
■itachaさん
>昔の「宝島」を思い出した。。。

おお!そう言われてこちらは思い出しました。。。(笑)
Commented by taka-sare at 2008-04-27 01:26
■タコさん
>時たまというのは“時々たまに”の略なんでしょうか

手元にあった日本語大辞典(講談社)によれば...
ときたま(時偶):いつもではないさま。ときどき。おりおり。once in a while

この「おりおり」は結びつきませんでした。勉強不足だなぁ。

>ラーメンはあっさり「野村だから」と言われると癪ですね。

癪も癪。
そんなこと言われたら「責任とってくれ!」と暴れますね(笑)

>ぜひ取材を!
ぱっと見る限り、あまり期待出来そうにありませんが...
こうなったら、自滅覚悟で取材してみるかなぁ。
(ちなみにこのお店、下部温泉に割と近いんですよ!)
Commented by taka-sare at 2008-04-27 01:27
■かずさん

>何が書いてあるのかな?、と近づいてみたら

わはは。まさに私がこれでした〜。
いや〜ほんと「時たま」に当たらなくてよかったです(笑)

<< [癒しの東京巡り(中編)] [癒しの東京巡り(前編)] >>