[続:近所探検 〜鯛は天然物に限る!?〜]

先日、この日に続き近所探検を...というか、その時に気になった店を訪問しました。

この店、初めて見た時はコジャレタ「ダイニング&バー」かと思いました。
が、近づくと「コーヒーとタイヤキ」なる看板が。
そりゃあ、珈琲野郎の私でなくても気になるってもんですよね。

店に入ると、辺りを漂う珈琲の香りがふわり。なるほど自家焙煎のお店だわ。
看板商品のタイヤキを焼くスペースは、入り口近くにありました。
カウンターには、もう一方の看板商品(珈琲豆が入った瓶)が並べられています。
コーヒーはドリップとエスプレッソ(アレンジコーヒーあり)の2タイプ。
とメニューを見る前に分かったのは、カウンター内にイタリアはLa cimbali製のセミオートマシンとKONO式のドリッパーがあったから。

ぱっと見は手作り感たっぷりなのですが...このセレクトといい、インテリアに使用されている品々といい、よく見ると、そこかしこに店主のこだわりが散りばめられています。

へぇー、こんなところがあったとはねぇ。
とあれこれ感心しながら、珈琲とタイヤキを注文。

e0011761_23413225.jpg[たいやき・天然もの(130円/1匹)]

出て来たタイヤキはご覧の通り。注文が入ってから一匹焼き型を使って焼き上げられます。皮は薄皮でパリッ。餡は甘すぎず。なんでも、北海道十勝産小豆と鬼ザラ糖を直火銅釜で丁寧に煉りあげた餡なんだとか(専門の店にオリジナル餡を外注)。



このパリッとした皮が珈琲によく合います。きっと餡も珈琲との相性を考えてこの味にしたのでしょう。タイヤキについて明るくないので細かいことは良く分かりませんが、全体的に優しい感じのするタイヤキでした(なんじゃそりゃ)。珈琲も同様。珈琲については、書くとマニアックになるので自重しておきます(笑)。
興味のある方は個人的にどうぞ。


e0011761_23365691.jpg店の入り口にあるオブジェ。これが目印です。

コンセプトというか空気がいいなぁと感じさせるお店でした。客層が様々なのも街に溶け込んでいる感じがして良かった(我々がいる間、中年の女性、中年の男性、家族が入れ替わりで来店していました)。
帰り際、持ち帰り用の袋や箱に目をやると、なんと両方共に穴が開いていました(特製?)。おそらく蒸れない為の配慮なのでしょう。やるなぁ。こういう気配りがある限り、もっといい店になるだろうなぁ。
[PR]
by taka-sare | 2008-04-11 01:58 | 飲む・食べる・呑む | Comments(5)
Commented by まき子 at 2008-04-11 04:09 x
「鯛」が130円はありえないから、何か面白いネタが、と思ったら「鯛焼き君」でしたか~。
そいえば鯛焼きって、なんで「鯛の形」なんでしょう。
尻尾まで餡を入れるか入れまいか、の以前に「ナゼ鯛の形をしているのか?」論争ってなかったんでしょかね~。
Commented by taka-sare at 2008-04-11 22:42
■まき子さん(及びmixiからこられた方々)
>「鯛」が130円はありえないから、何か面白いネタが、と思ったら

期待させた割には大したオチでなかったですよね(苦笑)
大変申し訳ありません。
疲れていたからとはいえ、ちと怠慢でした。

...さてここで問題。上記の文章の中に鯛は何匹いるでしょう?(笑)

・・・

>そいえば鯛焼きって、なんで「鯛の形」なんでしょう。

今川焼の派生として色々な形のもの(亀とか)が作られた中、生き残ったのが鯛だったという説があります。残った理由は「縁起物だから(めでたい)」「高級魚ゆえあこがれの魚だったから(せめておやつくらいは)」「日本人にとって鯛は特別な存在だから」等々。と聞いたことがあります。鯛の形を模したものや「鯛」を使った言葉が沢山あることを考えると、この説は結構有力かもなぁと思っています。
Commented by タコ at 2008-04-12 10:42 x
こういう、期待してなかったけど実はいい店、ってのに出会うとうれしいですねー。
鯛焼き蘊蓄、興味深く読みました。手が届かないから「もどき」を作る!っていう庶民の感覚ってチャーミングだと思います。すぐには思いつかないけど、いろいろありますよね。きっと。
Commented by taka-sare at 2008-04-12 22:35
■タコさん

その店が放つ「匂い」だけを頼りに訪れる(行き当たりばったり)ってのはいいですね。当たり外れはさておき、わくわく感が違います。

>チャーミング
ですねー。
こういう感覚が文化を豊かにしていくんでしょうね。
Commented by taka-sare at 2008-04-13 00:44
一応正解発表をば。

>期待させた割には大したオチでなかったですよね(苦笑)
>大変申し訳ありません。
>疲れていたからとはいえ、ちと怠慢でした。

>...さてここで問題。上記の文章の中に鯛は何匹いるでしょう?(笑)

答:5匹(簡単過ぎ?)


<< [癒しの東京巡り(前編)] [ナレの果て] >>