[常磐線沿線であれこれと、再び]

昨日は、昨年末に再訪を誓った店「Y」に行ってきました。
折角なので、今回はホルモン好きの夫婦を誘うことに。
(その方が、色々な種類を楽しむことが出来るしね)

因みにこのお店、昨日訪れた担々麺屋「T」から数分ほど歩いた先にあります。
ってことは...ええ、2日連続このエリアを訪問したというわけです(苦笑)。

・・・

店の前に着くと、入り口には準備中の札が。
ちょっと早かったかな?と思った矢先、中からお店のおばちゃんが。
そこで予約している旨を告げると「どうぞ中へ」。
いや〜ついに入れるぞ...とワクワクしながら店内に入るタカサレ。すると...
「えーと、○○さんは2名様でしたよね?」と主人。
え!?いや、4名ですけど...と応えるもやはり「いえ、2名で予約されています」(実は、予約時も4名と言ったのに2名ですね?と聞き直されたので不安だったんですよねぇ)。結局、ことなきを得たのですが...いやー、これで”あの”ホルモン達にありつけなかったら...泣くに泣けなかったろうなぁ。

・・・

e0011761_1832879.jpgそんなちょっとしたトラブルも、席に着けばどこ吹く風。
頭の中はホルモン一色に。

先ずはビールで乾杯。
のどを潤し、我が身体にスタートの合図を送る。

ここから先は、私がイニシアチブをとることに。
だって一ヶ月間、イメトレしてきたんだもの(笑)。
初めてなので、基本的に味付けは塩で。
で、時々、オスイレテ(立石のUに習って)。





e0011761_1834245.jpg[レバ刺し]

一皿目は味覚が鈍っていないうちにと、レバ刺しを。
Sに比べると、スッキリした印象。
しかし、旨いことには変わらない。
サッと炙って熱を入れたら、これがまた!
これで一気に皆の食欲に火がつく。


e0011761_1835651.jpg[コブクロ]

食感が抜群にイイ!
コブクロってこんなんだったのか!
...等々、皆から喚起の声があがる。
皆はこれでコブクロ観が変わった模様。

しかしまぁ他の部位もそうなんですが、処理の仕方がお見事。

e0011761_1841724.jpg[チレ(だったよね?)]

脂身を(下にして)しっかり焼いたらどうぞ〜。

フワッ、クニュッと不思議な食感。
ちょっとフワみたい。
面白いなぁ。


e0011761_1844730.jpg[テッチャン]

ここで好物を頼むことに。
この脂の処理(残し方)には泣けました。
もう、タマリマセン。





e0011761_185157.jpg[マッコリ]

この辺りで友人が「ビールは違うんだよなぁ」。私も日頃より、焼き肉(特にホルモン)にビールは適さないと思っているので、ここらで酒を変えない?と提案。
で、王道のマッコリを頼むことに。
本当はお燗酒が良かったのですが...
ま、それはそれということで。

e0011761_1853148.jpg[センマイ]

サッと炙ってね!と後ろにいたスタッフから声がかかる。そのくらいホント、出てくる部位皆、新鮮。もう、この辺りから無言でむさぼり食う面々。
で、時折「むぅぅ〜」と唸ったり
「うぉ〜!」「キタァ〜!」「ウメェ〜!」と叫んだり。

e0011761_1854754.jpg[サンチュ]

友人の「野菜を食いたい」の声を採用して。
ここで一度、口内をリフレッシュ。





e0011761_18618.jpg[リブ]

味覚、食感に変化を持たせようと、一度ホルモンから離れてみることに。
ここ「Y」の正肉はホルモンに比べると...などと言われているようだが...ナンノナンノ。要は正肉の旨い店はそこそこあれど、ホルモンの旨い店ってなかなか無いってことなんだろう。それほど、この店のホルモンはレベルが高過ぎなのである。

e0011761_1862093.jpg[ミノサンド]

モスバーガーの新商品...ではありません。

ナント脂身が!それが薄くスライスされています。
コリッとした食感とクニュッとした食感の対比が楽しい。
この薄さがポイントですね。


e0011761_1863833.jpg[ハラミ]

かなり満足してきたので、皆に食べたいものを選んでもらう。
因みに以前も書きましたが、ハラミは好物(ま、何でも好物なんだけど)。




e0011761_1865445.jpg[ギャラ]

〆のホルモンはこれで。
これまた旨いなぁ。
最後の一皿にふさわしい一品(逸品)でした。




e0011761_1871033.jpg[モンク]

海藻とホルモンのスープ。済州島の料理らしいですね。
初めて食べましたが、最後を締めくくるにふさわしい風味で○。
とっても気に入りました。





味:良、量:多、値段:安。
噂通りの内容で、大満足の1時間半となりました。
この1ヶ月間、最悪の食生活で身も心も荒んでいましたが、これで復活出来そうです。

「今度は何品かに絞って、じっくり堪能しよう」

そう誓って店を後にした我々一行。
うーむ、これはまた近いうちに訪問せねば!
(妻は早速「コブクロ食べたいなぁ」と呟いている...)

しかし...
この夜はこれで終わりではなかったのだった...

e0011761_1872632.jpg

[PR]
by taka-sare | 2008-02-03 23:59 | 飲む・食べる・呑む | Comments(8)
Commented by まき子 at 2008-02-04 05:18 x
うあー、なんて美味しそうなホルモンたち!!
韓国行ったことないんで何とも言えないんですが、
写真を見る限り、
あっちよりも、盛り付けの問題なのか、モツが美味しく新鮮に見えます。
個人的に「ガツ」が大好きなのですが、お店のメニューにはあるのでしょうか!?
Commented by あるベルト at 2008-02-04 13:01 x
なるほど、君達こーんなモン喰らってたのねぇ

次回まで、この写真でヨダレ垂らして待ってよう
Commented by タコ at 2008-02-04 22:25 x
ずるいずるい!
今年は三河島でタカサレさんとすれ違うのが夢だ!
うっかりYで隣同士に座るのが目標!
さんざんニアミスしてるはずなのになあ。
Commented by taka-sare at 2008-02-04 23:38
■まき子さん
韓国に行った時「本場といってもこんなもの?」と思うこともありました。が、この体験で考えを改めました。「本場はこれほどのものなのか!」と(参考:Yのある町・三河島は歴史あるコリアンタウン)。

ガツ・・・ありますよ~!好物なら、きっとガツガツ食べてしまうでしょうね!(寒@日本)
Commented by taka-sare at 2008-02-04 23:47
■あるベルトさん
すみません、お先頂きました~。
再訪の際は是非!

しかしあそこで会うとはネ・・・
腐れ縁以上のものを感じました(笑)
Commented by あるベルト at 2008-02-04 23:50 x
見せてもらおうか!

本場のコリアンタウンの実力とやらを!!
Commented by taka-sare at 2008-02-05 00:06
■あるベルト
のぞむところ!衝撃の!
(ネタもとはY家に)
Commented by taka-sare at 2008-02-05 07:42
■タコさん
>ずるいずるい

フフフ。でも、これまでの私の気持ちに比べればまだまだ!(笑)

>うっかりYで隣どうし

それはまた素晴らしいシチュエーションですねぇ(笑)
でも、もはや第二種接近遭遇は夢物語ではないかも。
<< [常磐線→都営バス→京成線] [常磐線沿線にて、あれこれと] >>