[西奔西走]

最近はとんと西へ行かなくなったなぁと思っていたら...
なんとその翌週から、そちら方面の出張が。
しかも、3出張全て西ときたもんだ(近畿、中国、九州地方)。
うーん、何かの力が働いているのだろうか!?

てなわけで、ここ2週間はほとんど、京阪神地方より西にいました。

・・・

近畿(和歌山)では、関東の人間は私だけで、後は皆、関西圏の方ばかりでした(大半は大阪)。子供の頃、関西に住んでいたので、「そうそう、こんなノリだったよな〜」「この感覚馴染むわぁ」と何だか懐かしい気分に。当然、私のイントネーションは、直ぐに関西のそれに。しかし...あれ〜??なんか変だなぁ、私の関西弁。
所謂、よそもんのナンチャッテ関西弁って感じ。

生まれが関西なので、どこか関西人のつもりでいましたが...
もうすっかり関東の人間なんだなぁと実感した次第。
いやきっと関東の人間でもないんだろうな。
(西3:東7くらいのブレンドってところか!?)





久し振りに関西圏で生活したので、備忘録として、以下に感じたことを羅列(関東比)。改めて「そうそう」と思うこともあれば「へぇ〜」と思うこともあり。

仕事編
・会話する時、人の目をよく見て離す
・小さなボケもきちんと拾う
・一つの話題で会話が長持ちする
・見知らぬ人間に対し、積極的にコミニュケーションをとる
・大阪の方の話すテンポはやはり速い(他の近畿圏比)

鉄道編
・電車の中で携帯電話をいじる人が少ない(和泉府中〜天王寺)
・老若男女、皆小声で話す(同上)
・高齢者が座るまで、若者は総じて座らない(同上)
・電車内の扉の前で乗降を妨げる輩は見当たらず
・天王寺を過ぎた辺りから、特に大阪辺りから一気に喧しくなる
・やっぱり、おばちゃん達の服は派手め(天王寺〜新大阪)
・おねえちゃん達の化粧が一部香港?韓国?風(大阪〜新大阪)
・やはり、エスカレーターは右に立つ事が多い(岐阜辺りが左右の境界らしいが...)

* 注:これは限られた中の観察ですので。念のため。
[PR]
by taka-sare | 2007-12-26 14:48 | 出先・旅先での一コマ | Comments(0)
<< [目には目を、内臓には内臓を?] [相利共生!?] >>