[あっちこっちで鼓を打つ]

週末(土曜日)の昼はいつもの蕎麦屋で。これで三週連続。

以前は、東京の蕎麦屋に行ったりもしていたのですが...
最近はとんと行かなくなりました。
理由は簡単明瞭。
往復の運賃で、この店で蕎麦と酒が愉しめてしまうから(笑)

・・・

この日は後に用事が詰まっていたので、アテは頼まず(=飲まず)。
純粋に、昼食として蕎麦を愉しみました。
これは、近所だからこそ成せる業かもしれません。


e0011761_1453939.jpg[穴子天せいろ(十割)]

この日は茨城産とのこと。
ガガーリンじゃないけど、この蕎麦は青かった!

爽やかというか、清澄というか、そんな風味。で、食べ終わった後、じんわりと甘みが口内に広がる。


e0011761_1385527.jpg[天丼]

妻はこちらをチョイス。
この店の天丼が好物なんです。
ちなみに、この店唯一の丼モノです。
(これがまた旨い)



いやしかし、今回の蕎麦は、見た目も中身も前回の蕎麦とはかなりキャラクターが違ったなぁ。所謂、テロワールの違いってやつかな?(もちろん、そばの挽き方、打ち方、収穫後何日経ったか...といった違い等も影響するのだろうけど)。さすがに週1ペースで通うと、その辺が分かって面白い。

・・・

店を後にした我が家は、訳あって、太鼓専門店に立ち寄ることに。

そこで頼んでいたあったモノを購入した後、次なる場所へと向かおうとすると...
そこの社長さんに捕まってしまい、何故か太鼓レクチャーがスタート。
用事まで少し時間があったので、まぁ少しならいいかと耳を傾ける。すると、今の太鼓事情やら今後の目標やら、太鼓に関する話が次から次へと出るわ出るわ。
ここで、太鼓好きな私は呼応してしまい...社長の思惑通り?、その後、太鼓談義となってしまったのでした(苦笑)

まぁ、珈琲(これが意外に旨かった)まで頂いてしまいましたからね。
それで、はいそれではさようなら、と帰るのもどうかと思い...(と、何故か言い訳)。

そうこうしているうちに、かなり時間が差し迫ってきたので「では、我々はそろそろ...」と席を立とうとすると「じゃあ、ちょっとだけ太鼓叩いていきますか?」。
気持ちは有り難かったのですが、本当に時間が無かったので、丁重にお断りしようとすると...なんと社長さん。足早に太鼓の元に移動しているではないですか。そして、こちらを振り返り「こっちこっち」と手招き。そしてそして、色々な太鼓を「どんどん」紹介し始めるではないですか(太鼓だけに?)。

えー、帰してくれないの〜?(笑)

で、どうしたかというと。
結局、少しだけ叩かせてもらうことに。
いや、本当に時間がなかったんですけどね...
その熱心さに、もう完全に根負け。



* おまけ *

来年1/6に、上記の社長が企画した太鼓イベントがあるそうです。
(詳細→太鼓祭インさいたまスーパーアリーナ
曰く、出演団体は、皆かなりレベルが高いとのこと。
入場無料なので、時間がある方は足を運んでみては如何でしょうか?

...って、何故私が宣伝を?(笑)
[PR]
by taka-sare | 2007-12-03 10:49 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)
Commented by まき子 at 2007-12-03 12:38 x
あんなお蕎麦屋さんが近くにあるなんてうらやましいですよ~。
でも、往復4時間かけても自分にとっては行く価値アリ!!です。
一回行ったらすぐ帰るのがもったいないので、
昨日もOPENから15時くらいまで居座っちゃいました(笑)
Commented by taka-sare at 2007-12-03 13:54
■まき子さん
あれま、一日違いだったんですね!
(確か、前回もニアミスだったような)
どうりでこの日、しこたま酒を飲む美女がいなかったわけです(笑)

>あんなお蕎麦屋さんが近くにあるなんてうらやましいですよ~。
確かに、お酒を頼まなかったり、天丼を頼んだり、色々出来るのは、近所の強みかも知れませんね〜。

それにしても、往復4時間とは!それも、OPENからとは!!
どうか、こんなぐーたらな私をお許し下さいませ。
<< [赤いリンゴに導かれて] [鳥獣戯画を垣間見る] >>