[これも偽装!?]

偽装問題のニュースが後を絶ちません。

実は△△産の鶏肉ではなかったとか、○○産の牛肉ではなかったとか。
酷いのでは、他の動物の肉だった、なんてものありました。

・・・

その点、昔の人は偉かった。
例えば、がんもどき
だってもう、最初から名前に「もどき」って付けちゃってるんですから。
(え?話が全然違う?・・・まぁそこのところは・・・笑)

モドキといえば...生物の分類の世界もそうです。
例えば、ニセアカシア
いきなり「偽」表記キターーー!!ってなもんです。
そういえば昔「シンカセタイシュウ」って人がいましたが、これも生物分類に習って「ニセカセタイシュウ」と名乗った方が、よっぽど男らしくて良かったのでは?

虫の分類なんてさらに凄いです。潔いとかどうとか「そんなの関係ねー」ってくらい。
いやホント。もう超越しまくりです。
例えば、ゴミムシダマシなんてそう。自ら「騙し」と宣言ですよ。男らしいなー。
最初から宣言しているのだから、あとは自己責任です。
いや、ここまで堂々としていたら、むしろ騙されてもいいかもしれません。
そう、マジックショーを見て「騙されたーっ!」て感じで(そうなのか?)。

但し、何でも表記すればいいってもんじゃ〜ありません。
やりすぎると、かえってワケが分からなくなる事もあるので要注意です。
例えば...ニセクロホシテントウゴミムシダマシ
パッと見、何のことだか理解できませんよねぇ。
というか、ここまでくると、もう偽装なんだかよく分かりません。



* ミニ解説 *
先ず「クロホシテントウゴミムシダマシ」という虫がいると。
で、ニセの「クロホシテントウゴミムシダマシ」がいたと。
ちなみに、こいつはテントウムシとは関係がありません。

・・・

e0011761_13184374.jpg[昨夜のおかず 〜鶏肉?のカシューナッツ炒め〜]

実はこれ、鶏肉のカシューナッツ炒めではありません。鶏肉の代わりにメカジキを使っています。これがね、サッパリとしていいんです。え?だったらこれは「トリニクノカシューナッツイタメダマシ」では?う〜ん。でも、決して騙してはいないので...コストもこっちの方がかかるし...(笑)

じゃあ、がんもどきに習って「鶏肉のカシューナッツ炒めモドキ」ってことで。

...なんだか、それも嫌だな(苦笑)
[PR]
by taka-sare | 2007-11-28 16:39 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)
Commented by うらべに at 2007-11-30 20:26 x
○○モドキとか、エセ○○というのは、キノコの世界にも多いのですよ。バカマツタケなんていうなんて言うのもあるし・・・。
偽装は、全く酷い話ですよね。何を信じて良いやら・・・なので、自分で作って食べましょう。
Commented by taka-sare at 2007-12-01 01:09
■うらべにさん
確かに、キノコの世界も多いですね。
それにしても、バカマツタケ然り、ヘクソカズラ然り...生物の名前には「え〜、それはちょっと〜」というものがありますよね〜(笑)。
<< [鳥獣戯画を垣間見る] [レバーブロー] >>