[SEOUL DAYS 再び・・・!?]

一昨日、無性にキムチが食べたくなりました。
しかし、我が家の近くには真っ当なキムチを売るお店がありません。
ということで、まぁここ(同県)だったら...というお店まで足を伸ばすことにしました。

「思えば去年、韓国に行ったんだよなぁ」

道中、そんなことを考えていたら、何だか急に韓国の料理が食べたくなり。
そこで、翌日(4日)の夕食に、それっぽい料理を作ってみることにしました。

・・・

e0011761_1282660.jpg[豚バラ肉の豆鼓蒸し 中華風「改」]

以前ネットで見つけたレシピを、若干アレンジ。
豆鼓は無いので、浜納豆で代用。
基本的に、作ったタレに肉を入れよく揉み、蒸し煮するだけ。
超簡単。


あのー、「中華」って思い切り書いてありますけどー。
はい。私も、初めて作った時は中華のつもりで作ったんです。
が!
出来上がったものを食べてみると...
あれ?これって中華じゃなくて韓国っぽくない!?
というか、かなり韓国じゃん。
それも...あの時食べた機内食にかなり方向性が似ている...

そこで妻に聞いてみると、やはり「似てる似てる」とのこと。だったらということで、以降、この料理は韓国料理と位置づけることにしました。まぁでもよく考えてみたら、この料理法は韓国のチム(蒸し煮)そのものだし、タレを肉に揉み込む所も韓国的だし...まんざら間違ってはいないのではなかろうか!?今後はサムギョプサル・チムとでも呼ぼうかな。

・・・

他に、ビビンバご飯を作ったので、この日は韓国色の濃い食卓となりました。
(ビビンバご飯、キムチ(ペチュ&オイ)、豚バラ肉の蒸し煮・韓国風 他)

ときたら、合わせるお酒はやっぱりマッコルリでしょ〜。
...と、いきたかったのですが。残念ながら入手出来ず。
仕方がないので?、代わりに、家にあるこれを合わせることにしました。


e0011761_2164081.jpg[生もとのどぶ]

・13号 +13.5
・15号 +18

ちょっとベタなんじゃな〜い?
いえいえ、これは経験に基づいているのです。





韓国から帰国した際、暫くの間、買って帰ったキムチをアテに日本酒を飲みました(どの酒が合うかなぁと思いながら)。でその時、持ち酒の中で一番(というかダントツに)合ったのが...そう、この「どぶ」だったのです(予想通り?)。

というわけで。
この日は(も?)ずーっと、どぶを飲み続けたのでした。
[PR]
by taka-sare | 2007-11-05 03:02 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)
<< [風邪の予防にサンラータン] [フィンランド音楽祭] >>