[宇ち入り 番外編 〜二毛作〜]

e0011761_1974622.jpg宇ち入りを終えた後、友人は何も言わずはす向かいの店へ。

黙って後を付いていくと...
そこはカウンターのみの飲み屋でした。
なんでも、宇ち入り後は必ずここでギネスを飲みクールダウンするのだとか。



e0011761_1984179.jpg
店主曰く3坪弱(10席)の空間。しかし狭さは一切感じない。白い壁に黒い板張りの天井が頭上の空間を広く感じさせるのだろうか...
暖簾越しに外の様子が見えるのも何だかイイ。
これは商店街ならではの借景である。
居心地良好。



e0011761_198865.jpg
友人曰く”いつもの”ギネスで乾杯。
口内に残るモツの香りと共に。

ここで、店員のお兄さん二人に「どぶ」を試してもらう。
もちろん、60℃オーバーの燗で。
(実は、宇ち入り前に友人が「どぶ」を手渡していたのです)
さすがは、どぶレンジャー。キッチリ仕事してまんなぁ。



流れで「お二人もどうですか?」となり、ご相伴に預かる。
あ、すみませ〜ん...と言いつつ遠慮無くグビリ。
ふぃ〜、いやぁ、切れるねぇ、落ち着くねぇと我々。

どぶを口にし改めて「あ〜、あのモツ屋にこの酒があればなぁ」と思う。
がしかし。
もしもあの店に「どぶ」や「ひこ孫」「竹鶴」なんかがあったらどうだろうか...
それはとっても嬉しいことではある。しかし、それと引き換えに、あのモツ屋の空気感が無くなってしまうような気がしてならない。少なくとも、あのテンポは生まれなくなることだろう(あれで酒が凄かったら腰据えちゃいますしね)。

味を考えるなら、何が何でも燗上がりする酒を置いて欲しいと思う。
しかし、あのモツ屋のスタイルを考えると、無い方がいいかなと思ってしまう。
果たして、どっちがいいのだろう。うーむ。

ま、とりあえず。
この飲み屋には、いち早く置いてくれることを願うばかりです。

・・・

その後、店主を交え酒の話などをしながら、おでんやチーズ(イエトストは初めて食べました)の盛り合わせをアテにチビリチビリ。すると、ご機嫌の友人が壁にあるメニューから「スパニッシュハリケーン」なる飲み物を発見。相変わらず、そういう能力はどんなに酔っていても衰えませんなぁ。感心。
さて、どんなものかと尋ねると、それはスペインのリキュールだという。
何だか面白そうなので、一杯飲んでみることに。

e0011761_198257.jpgグラスに添えられたレモンが爽やかな雰囲気と風味を演出。
レモンがなかったら、ちょっとダレてしまうかも?

スペインと聞いて勝手に個性的な風味をイメージしていました。しかし実際はイメージとは真逆のものでした。
先ず味ですが、これが殊のほか甘くそして柔らかく。とても飲みやすい。香りは、どこか懐かしさを感じさせるものがありました。何だろうこの香りは...

あーそうか!と直ぐにある香りに思い当たる。
そうそうこれは、お香の香りですよ。

てなわけで、この日からこのお酒の名は「KYOTO」に変更。
もちろん、私の中での話ですが。


e0011761_1985787.jpg店員さんがこんなスイーツを出してくれました。
曰く「今日は十五夜なので...」
くぅ〜、イケメンはやることもいけてますなぁ。

ずんだの優しい甘さ、爽やかさが嬉しい。
お陰で口内がリフレッシュ。
モツ肉の後、酒の後なので、余計に心地良い。


何故友人は、宇ち入り後に毎回ハシゴをするのだろうかと思っていました。が。今回の経験でようやく腑に落ちました。なるほど、宇ち入りの余韻を楽しみつつ、家族の待つ家に帰る前に、肉食獣から草食獣へとトランスフォームしていたのですね。

ということで。興奮冷めやらなかった私(と友人)は、小一時間で程よく沈静化。店を出た後、農耕民族に戻りながら家路に就いたのでした。

それにしても、モツ屋の近くにこんな店があろうとは。
気分はまさに「二毛作」。
モツ屋や串カツ屋に行った際は、またこの店に立ち寄ろう。
[PR]
by taka-sare | 2007-09-27 03:31 | 飲む・食べる・呑む | Comments(9)
Commented by まき子 at 2007-09-27 12:35 x
でたー!宇ち多”!!
ここ、さいとうさんに教えてもらって、行ってみたいんです!!
でも平日の夕方から並ぶタメには、やはり有給が必要(涙)。
お箸持ってみたいです。
Commented by itacha at 2007-09-27 12:39
ここ日本かい!?
と、思いましたが最後の月見スイーツでホッ!としました。。。
Commented by taka-sare at 2007-09-27 13:05
>まき子さん
遂に魔界の扉をくぐる日がやってきました。
え? シャシン?マットウナサケ?
はて?それって、なんのことでしょう?何かの部位ですか?
魔界に入ったら、只ひたすら「カシラスヤキヨクヤキオスイレテ」と唱え続けるのみであります(笑)

>やはり有給が必要(涙)
はい、ならば有給をとって行きましょう(笑)
ちなみに。行くなら絶対に平日の一番入り(14:00入り)を目指して下さい。モツ切れを起こしたジャンキー達が集まる日(月曜)に行ければなお良し。
魔界の本質を垣間見ることが出来ます。
Commented by taka-sare at 2007-09-27 13:27
>itachaさん
異空間ですね、立石は。なんか違うのですよ、時の流れが。
強いて言えば、あそこはオヤジ達のフィールド・オブ・ドリームか。
特に、駅前から100m圏内は。
(って、この圏内しか知らないんですが)
ちょっぴり、関西にいた時のことを思い起こさせられました。

> 最後の月見スイーツでホッ!としました。。。
いわれてみれば、月見スイーツで我に返ったような。。。

Commented by soba-kiri at 2007-09-27 14:40
> 果たして、どっちがいいのだろう。うーむ。

もちスタイル優先です。

純米燗酒に特化する変な蕎麦屋も
そうすることでお客さまの“迷い”を断ち切るのです。

(うーん偉そうだ!)

つか
> スパニッシュハリケーン

記憶ないし!

でもずんだは旨かったなぁ!デザートって重要!
Commented by taka-sare at 2007-09-27 15:07
>soba-kiriさん

>もちスタイル優先です。
んだすなぁ〜。
貴方ならこの答えを選ぶと確信してました。

>記憶ないし!
貴方ならこう答えると確信してました(笑)
ちなみに、レモンいいね!とか評していたけれど...

それなのに、スイーツのことは覚えているのか。
凄いねスイーツって。

また行きましょう!(もう後戻りはできんぞなもし)

Commented by あるベルト at 2007-09-28 21:06 x
やっぱり開店前(←ここ重要)の二毛作にも寄ってたのね

しかも「どぶ」を土産にとわ!

スイーツ大事でしょ?
次回も期待しててねw
(まだ決めてないけど。。。)
Commented by taka-sare at 2007-09-28 23:45
>あるベルトさん

ん?開店前??
あーそうか。開店前だったのか!(今頃気が付いた)
ウメはいかんね。脳細胞破壊ドリンクだわ。

>スイーツ大事でしょ?

大事だねぇ〜。
次回も期待してまっせ!!
Commented by soba-kiri at 2007-09-29 00:51
>あるベルトさま

次回?

って何かな~?

一期一会の街、立石。

わはは!

私信ゴメンネ。
<< [ビリー その後] [満月の日に、いざ!宇ち入り] >>