[暑気払い]

猛暑という言葉を調べてみた。

<猛暑:激しい暑さ、酷暑>

つまり「猛」な暑さであり、「激」な暑さであり、「酷」な暑さと言うことか....文字を見ただけで、3℃増しの気分。

そんなわけで(どんなわけ?)日曜の夜。
中学時代から遊んできた友人達を集め「暑気払いの会」なる宴を行いました。
テーマは「ゆるく」かつ「効率的に」。

・・・

その全てを書くと、膨大な量になってしまうので、ここではその一部を紹介。


e0011761_16174927.jpg会場となった某蕎麦屋の屋外に、とある食材専用の炉を作成。

先ずは、ブロックで大きさを決め。
囲った中に砂を敷き詰め、炭を熾します。
安定したら、その上に備長炭を。





e0011761_1618818.jpg[天然鮎32匹 利別産]

友人の蕎麦屋が3周年を迎えたので、そのお祝いにと鮎を差し入れ。

鮎釣りが趣味の仕事の先輩に、北海道から釣りたてを送ってもらいました。



この方の釣る鮎はいつも素晴らしいのですが、今回送って頂いた鮎も、身の締まり方、香り、等々、全てにおいて見事の一言でした。

下準備をした後、串をうち準備完了。
焦らず、遠火の強火でじっくり焼きましょう。

その間、一旦室内に入り皆で乾杯。後、談笑。

・・・

火の当番から「鮎の様子を確認して」と言われたので、外に出て鮎を確認。
見ると表面は飴色になっており、焼き加減はかなりいい感じ。
暫くしたのち、いい香りが辺りに漂い初めたので、頃合いに焼けた鮎から順々に配る...が。余りにもいい香りがするので、堪らず合間に一匹キープ。
だ、だって。焼き加減のチェックはしとかなきゃいけないから...(と何故か言い訳)。で、がぶりとその身を頬張ると...

う、うめぇ!!

いやー、鮎のハラワタってどうしてこんなに旨いんだろう。
ある意味、旨い苦味の頂点ではないでしょうか。当然その身も旨く。
もうあまりの旨さに、口内に残りし余韻だけで何杯も飲んじゃいました。
友人の猪口も、注いでも注いでも、杯(どぶ)は直ぐに空っぽに。
だよねぇ。嗚呼。良きかな〜。

はぁ〜、大人の味だね〜!と悦にいる我々。
その近くでは、友人の子供達が「旨いー!!」と連呼、そして笑顔。
え?はらわたが旨い?
オ、オトナッスネ...
時々、私の杯に視線が合っていたのは、気のせいだと思いたい(笑)

それにしても、大人のみならず幼児達をも唸らせるこの鮎。
これは余程の清流で育った鮎なんだろうなぁと思ったら。
この鮎の故郷である後志利別川は、国土交通省が実施している全国一級河川の水質ランキングにおいて、昭和62年から平成2年の4年連続、以降平成6年、平成12年、平成14年、平成15年の過去8回も1位に選ばれし清流河川でありました(引用:国交省 河川局ホームページ)。やはりそうかと納得。

・・・

e0011761_16183834.jpg岡崎出身の参加者(大先輩)からは、超オススメという五平餅の差し入れが。
曰く「これは他とは一線を画す美味しさ」とのこと。

うひゃー、そんなことを言われたら....期待に胸が膨らんでしまうじゃないですかぁ。


こんな感じかなと焼き上げた五平餅を一口頬張ると。
おー、確かにこれは旨い!
餅の厚み、米の潰し具合が絶妙。さらに、上に塗った特製ダレが素晴らしい。

こりゃー、そこらのとはワケが違うわい。
そう喜んでいる我々に、差し入れ主はニッコリ微笑み
「これでは焼きすぎなんです」
と一言。マジッスか?
では、お手数をおかけしますが、是非とも本当の焼き方を!!
てなわけで、お手本を見せて頂くことに。

ほー。表面が軽く焼けたら、さっとタレを塗り完成ですか。
なるほど、その位でもういいんですね。

早速、出来上がった五平餅を食べてみると...
「あ、全然違う!」
先ず、タレに使われているショウガの香りが生きています。
そして、焼けた餅の食感が素晴らしい!旨い!
なるほど〜、こうだったのね〜と皆納得。
Aさん。勉強になりました。

・・・

焼き物が終わった後は室内で談笑。
アテは、穴子寿司、サバ寿司、煮込み、沖縄すば、枝豆、豆腐、浜納豆、オクラを炊いたやつ、等々。お酒は「どぶ」&「神亀(純米 上槽中汲み)」から「辨天娘」へと移行。そして絶品フルーツ&スイーツも。そのどれもが美味しい。

e0011761_16185237.jpg

この日の為に福島へ行き自ら収穫してきたという桃やら、自分では絶対に買えない高級フルーツやら。





e0011761_1619870.jpg



こんな夏らしいスイーツも。







旨い食べ物と旨い酒。
そして、それらを共有できる気心の知れた仲間達。

暑気すらも心地良く思える、束の間の贅沢な時間でした。
[PR]
by taka-sare | 2007-08-14 12:33 | 飲む・食べる・呑む | Comments(8)
Commented by まき子 at 2007-08-14 15:48 x
実家のおじいちゃんも、鮎釣り名人なので、
夏になると、いつも食べていました。
ちなみに木曽川です。
でも北海道にも美味しい鮎が捕れるところがあるそうですね~。

そいえば五平餅も実家では、よく食卓に上がっていました。
鮎に五平餅・・・・なんかなつかしいです。

ちなみに、私たち子供が上京してからは、
孫のに代わって、ワンコが天然鮎を食べているらしいですが、
鮎が連れなくて、代わりの川魚を与えると、ハンスト起こすそうです(笑)。
贅沢な犬だ~~
Commented by taka-sare at 2007-08-14 18:10
>まき子さん

おお!おじいさまは鮎釣り名人ですか!!
夏に、おらが川で釣った鮎を、三世代で食うなんて素敵ですね。
今や、失われつつある日本の光景ですよね。

>代わりの川魚を与えると、ハンスト起こすそうです(笑)

で、わんわん泣く(鳴く)と。犬だけに...
仕事柄あれこれ川魚を食べてきましたが、やっぱり鮎は別格ですからね〜。贅沢と言えば贅沢ですが...その気持ち、痛いほどよく分かります(笑)
Commented by itacha at 2007-08-16 12:21
酷暑をものともせず、逆手にとった楽しい会でしたね。
子供の舌は驚くほど正直で美味いものはオカワリ、不味いものは
親に言われてしょうがなく残さない程度・・・。じゃないかなぁ~??(笑)

>鮎のハラワタ・・・
魯山人先生、曰く・・・ 美味いは甘い・・・。 (松嶋菜々子談)

・・・・、ウソだろ!それっ!! (爆)
Commented by taka-sare at 2007-08-16 16:38
 >itachaさん

実は一番暑い(暑苦しい)のは自分達だと分かった(実感した)、とても有意義な会でした(笑)

ホント、子供の舌は敏感ですよね。
聞けば、珈琲も好き!という子が多かったッス。
珈琲マスターで通っている私ですが、こりゃー、ちょっと修行し直さなければ・・・(汗)

>魯山人先生、曰く・・・ 美味いは甘い・・・。 (松嶋菜々子談)

結論:美味いは旨い!(笑)
Commented by soba-kiri at 2007-08-17 01:27
長良川でも、あれほどの鮎は喰えなかった。

と云いつつ、うるかウメェ!のワタクシです。
またやろうね。(涼しくなってからもう一回!)
Commented by おひさまママ at 2007-08-17 07:38 x
疲れ様でした。美味しいものをいただけて幸せでした。
子供は正直ですね。美味しいものはもっと食べたい、そうでないものは食べない。
今回の夏休み、美味しいものを沢山たべました。
大洗で生しらす丼も食べたんですよ。あまりに慌てて食べて写真とれませんでした(^_^;)
自宅のごはんのクオリティーを追及しないと、子供たちにダメだしされそうです。
Commented by taka-sare at 2007-08-17 12:14
>soba-kiriさん

秋田県南部(阿仁の辺りだったかな?)や北海道の鮎は素晴らしいね。これまで旨い鮎をあれこれ喰ってきた私からみても、あの鮎は見事だと思いました。

>と云いつつ、うるかウメェ!のワタクシです。

くっ!
喧嘩売るか?、おめぇ!(笑)

是非またやりましょう。猛暑を偲ぶ会でも。
Commented by taka-sare at 2007-08-17 12:39
>おひさまママさん

よく父が「食べ物なり芸術なり、可能な限り若い(感覚が鋭い)内に本物を経験しておきな」と私に言っていたのを思い出します。
その結果がこれ(私)です。今後の参考にしてみて下さい(笑)

>自宅のごはんのクオリティーを追及しないと、子供たちにダメだしされそうです。

ま、それはそれ。
おふくろの味は、ある意味最高の美味ですから。
というか、それだけきちんと作って何を仰るうさぎさん!
では、一度我が家の飯を食べてもらいましょうか?
母の偉大さに気付くはずです。
<< [定番は定番に非ず!?] [初めての”ちゅう”] >>