[梅雨と夏の狭間で見たもの@山梨]

e0011761_12505981.jpg



山梨は〜 今日も〜 晴れ〜え〜〜だーあったぁ〜。

...すみません。暑さのあまり?つい歌ってしまいました。

・・・

昨日、出張先(山梨)から帰ってきました。
写真は、日本で最も知られていると言われている?ゴマダラカミキリ。印象的な外観なので、男性のみならず女性の方の中にも「見たことがある!」と言う方がいらっしゃるのではないでしょうか?


e0011761_12455711.jpg
この日は日射しが強く暑さが厳しい一日でした。

撮影の為、ちょいとばかり上にあった葉っぱを動かすと...ご覧の通り、日陰へと逃げられてしまいました。

「虫だって暑いんだよ!」

「ごもっともで」



ちなみに。私のゴマダラカミキリへの印象は以下の通りです。

虫に興味津々だった少年時代「スゲー、カッチョイイー!」
農学を勉強していた学生時代「農家(ミカン)泣かせの困ったやつよ」
自然を相手にしている今「お前さんも何かしらの役割を担っているんだろうなぁ」

立場変われば見方も変わる...
虫自体は何も変わっていないんですけれどね。
人間って勝手ですねぇ。

・・・

虫の話題はちょっとご勘弁...という方の為に、口直しにお菓子の話題でも。


e0011761_12203751.jpg
[くろ玉] 澤田屋

昭和4年発売のこの商品。

ききょうやの桔梗信玄餅が余りにも有名だからでしょうか。歴史がある割りには、認知度が低いような気がします。






e0011761_12205395.jpg


この真っ黒な外観が、敬遠される要因か?






e0011761_12211349.jpg
中身はこんな感じ。外は黒糖、餡にはエンドウ豆が使われています。
派手さは一切なく、実に素直な風味。甘さも自然でホッと出来ます。
一般ウケはしないかもしれませんが、ひよっていない感じが好印象。


お茶もいいですが、珈琲にも合います。
その際は、炒り具合がシティローストくらいのものを。
[PR]
by taka-sare | 2007-07-27 14:55 | 自然・季節に触れて | Comments(4)
Commented by あっき at 2007-07-27 18:02 x
お~、凄い。アップですね。。虫殿。
しかし虫知識はゼロなため、興味はくろ玉に(笑
食べたことないので1度味わってみたいと思ってました、くろ玉。
これ、市川染五郎のお気に入りとかで。
和菓子は素朴なのがいちばん好きですね~
食べてみたいなぁ。

Commented by taka-sare at 2007-07-28 00:51
>あっきさん
どうぞカミキリの話は”無視”して下さい。
(え?寒い?でも暑気払いには丁度よろしいのでは!?)

>和菓子は素朴なのがいちばん好きですね~
同感です。であれば必ずお気に召すと思います。
とにかく”奇をてらわない優しい”お菓子です。

ちなみに。私は山梨でかなり日焼けし。
お会いした時よりもさらに、くろ玉に近付いてしまいました(笑)
Commented by うらべに at 2007-08-04 02:03 x
我が家の周辺には、ルリボシカミキリという超お洒落なカミキリがいますよ。スカイブルーに黒い模様で、私ここに来て初めて見ました。
薪割りをするとカミキリ虫の幼虫が出てきますが、美味しいそうですよ。
それを目当ての、薪割り要員もいるんですから・・・。
Commented by taka-sare at 2007-08-04 10:49
>うらべにさん
ルリボシカミキリはホント綺麗ですよね〜。
あのブルーは、自然界で目にする色の中でも特筆すべきカラーだと思います。見れば見るほど。

>美味しいそうですよ

ほ〜、私これは未経験です!
うらべにさんは食していないのですか?
蜂の子のような濃厚な風味なのかなぁ〜??

<< [暑くなったら食べたくなるもの] [こりんきー] >>