[湯葉そばの中に見たもの]

先日、何度かこのブログで紹介している蕎麦屋に足を運びました。
目的は、7月限定販売という「冷やし湯葉そば」を食べる為。

冬に「温バージョン」を食べましたが、果たして冷やしは如何なものだろうか。期待に胸を弾ませながら店の前に立つと、営業中にも関わらず「準備中」の看板が。え、まさか!?と暖簾をくぐると「あ、そばが切れたので、今急いで打っているところです」。いつも通り、静かな時間帯にと15:00頃にしたのが、どうやらこの日は裏目に出たらしい。うーん、人気店ゆえ仕方ないかぁ...

いやいや、そんなに簡単に引き下がることは出来ません。だって、昨日からこの日の昼飯は蕎麦と決めていたのだから。何より、腹が減ってもう動けません。
すると...「もうすぐ出来るみたいなので少し待って貰えますか?」との声が。
えぇ、もういくらでも待ちますとも。安堵の表情を浮かべる妻。そして私。
あー良かった〜。

で、この合間に、蕎麦前でもと思ったのですが。
この日は、まだ飲むわけにはいかない事情があったのでグッと我慢。
まぁ、夜に飲み会があるしね。と自分に言い聞かせながら。

・・・

店員さん(店主の母)とお話をしていると、暫くしてお目当てのモノが登場。
よっ、待ってましたー!

e0011761_23544931.jpg[冷やし湯葉そば]

店主曰く、これでもか!と言わんばかりに湯葉が盛られています。

店主のブログに食べ方についてあれこれ書いてあったが、うろ覚えだったので、参考までに店主にレクチャーして頂く。



とりあえず、最初は言われた通り、「そばだけ(豆乳がからむ)」「そばもり汁かけて」「湯葉だけ(そのつゆがからむ)」「そばと湯葉で」「わさびつけて」等々、様々な食べ方を試す。のち、順不同に一心不乱に湯葉を喰らい、そして、そばをたぐったのでした。いやー旨かった。

それにしても...話には聞いていましたが、なんと湯葉の量の多いことか。
店主が酒飲みの気持ちを心得ているからこその量ですな。これは。
思うに、店主はこれを作るたびに「くぅ〜、酒飲みてぇ〜」と心の中で叫んでいるに違いありません(笑)
ちなみに。私も何度妻に「オサケノミタイ...」と泣きを入れたことか。。。くぅ〜。

これは、最後まで酒を呼ぶ危険な蕎麦です。
酒好きな方。店内で泣かぬよう、電車で来店することを強くオススメします。

・・・

しかし、初めて食べたのに、どこか懐かしさを感じるのは何故だろう。
う〜ん、なんだろう、この感覚は...
と思いながら食べていたら。ふとあることに気が付きました。

「あー、そうか。卵かけご飯だ」

そう、ご飯に溶いた黄身を混ぜ、出汁醤油をかけた時に感じるあの風味。
あれを想起させるのです。
えぇ〜?と思った方。是非一度お試しあれ。
[PR]
by taka-sare | 2007-07-11 21:21 | 飲む・食べる・呑む | Comments(3)
Commented by まき子 at 2007-07-25 12:33 x
こんにちは!
先日はコメントありがとうございました。
これでお酒が飲めないのはツライですね・・・。
「卵かけごはん」なるほどなーっと思いました!
出汁醤油をかけた・・・。
また食べたくなっちゃいました(笑)
Commented by taka-sare at 2007-07-26 09:28
>まき子さん
こちらこそコメント感謝です。
いやしかし、まさか拙ブログを御存じとは・・・恐縮です。

酒無しは本当に辛かったっす。なので、近所の強みを生かし、後日(22日)再訪。どぶと湯葉でやりました。
Commented by 株の投資 at 2014-08-22 10:25 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
<< [ナイス!?] [ある日の素敵な夕食] >>