[国鳥を食す]

先週の土曜日、夕飯に雉を食しました。

...えっ? 雉!?

はい、K・I・J・I。キジです。

私を知る人は「ということは野生のキジを拾ったのか?」もしくは「猟師に貰ったのか?」と思うかもしれませんが...さに非ず。昨年より出張で何度か通っている地域(静岡県)に雉を育てている「きじの里」というところがありまして。これも何かの縁と思い、今回、そこに立ち寄り購入した次第です。


e0011761_16495432.jpg購入したのは「親子丼セット」。
内容は「雉肉200g、卵10個、雉のタレ」。

理由は
1:生卵を食べてみたい(卵は4〜6月にしか手に入らない)
2:キジ肉そのものを食べてみたい。
3:2つを使った料理を食べてみたい。

つまりは欲張りということです。

・・・

発送して貰おうと雉舎を訪れると、主人らしき方が外に顔を出し「どうぞ〜」。
で、誘われるままプレハブ?に。中は至って簡素な作り。
「何かオススメはありますか?」と聞くと、主人は困った顔をして「うーん」。
あれれ?反応が薄いなと思った私は、質問の切り口を変えることに。

「話によると雉の卵は美味らしいですねー」。

するとまたもや困った顔をして「うーん」。その後暫し間をおいてからこう続けました。「どうですかねぇ。田崎さんは(注:ソムリエの田崎真也)そう言ってくれているらしいんですけれど...いやー正直私には良くわからんです。まぁ毎日食べていますもんで」

・・・

後で知ったことなんですが、最近?田崎真也氏が出した「地方で食べた絶品なんちゃら(←かなりいい加減)」とかいう本の中で、ここの卵が取り上げられているのだとか。

・・・

こういう場合は大抵「うちの卵はね、あの田崎真也が絶賛したんですよ〜!」などと自慢げに宣伝されて(その旨がそこかしこに貼り紙してあったりして)辟易することが多いのですが...ここはそういうことがまるで無く...むしろ拍子抜けしてしまうほどでした。まぁ一応、田崎さんの本はありましたけれどね。でもその本は...
テーブルの片隅にぞんざいに?置いてありました(笑)

・・・

e0011761_16505117.jpg先ずは、肉そのものを食べてみることに。
ゲランドの塩をふり軽くソテー。

野生のキジを食べたことのある方に聞いた話では「堅い」「臭い」とのことですが...家禽のキジは適度に弾力があり、臭くはありませんでした。味は濃厚。でも、くどくはありません。噛めば噛むほど味が出てくるので、長く余韻を楽しむことが出来ました。


e0011761_0271648.jpg
[睡龍 生酛]  久保本家酒造

合わせたお酒はこれ。


その後、親子丼を作りました。
キジの親子丼はさっぱりしていて、スルスルと食べてしまいました。
これはお腹一杯でもぺろりといけます。



・・・

翌日、王道の卵かけご飯に。
コクはあるのですが、後味はとてもさっぱり。
これまたスルスルと食べてしまいました。


e0011761_1650156.jpg[キジの卵]

鶏卵よりもかなり小さめ。

e0011761_16503011.jpg










* おまけ *

日本人のキジ食の歴史は古く、なんでも平安時代の文献に献立が載っているのだとか。余程昔から日本人はキジを食べてきたんですねぇ。
[PR]
by taka-sare | 2007-04-26 01:03 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)
<< [iPodの「i」の意味] [目纏いがやってきた、ヤア ヤ... >>