[インカのめざめでいいんか?]

本日、知人からジャガイモ(北海道)が送られてきました。
新聞紙に包まれているだけで、どういった品種か分かりません。

この送り主は食にこだわりを持つ方です。
これはただのジャガイモではないなと思った私は
お礼がてら尋ねてみました。

すると、返ってきた答えは驚くべきものでした。
なんと目の前にあるジャガイモは
「幻のジャガイモ」と呼ばれている「インカのめざめ」だったのです。

「インカのめざめ」というのは品種名です。

原産地は南米のアンデス地方で
日本でも栽培できるように品種改良されたのが
この幻のジャガイモ「インカのめざめ」なのです。
     
この「インカのめざめ」は、育てるのが非常に難しいそうで
それ故、市場にはほとんど流通していない(作る人が少ない)のだそうです。

・・・

「インカのめざめ」は高級ジャガイモとして北海道でも珍重されています。
これは大層なものを頂いてしまったなぁ...
そう思っていた矢先、改めて送り主から連絡がありました。

「もしかしたら、八百屋が間違って違う種類のジャガイモを送ったかも知れない」
「あとで八百屋の主人に確認してみるから、食べて写真を撮っておいて」

えっ?
ということは、幻のジャガイモは本当に幻に終わるのかもしれないってこと?

一度も食べた事がないので、私にはこれが本物かどうかは分かりません。
とりあえず、言われた通り食べてみる事にしました。


e0011761_054321.gif

断面は濃い橙黄色

素材を楽しむ時はシンプルに...
先ずは茹でて食べてみることに






一般的に、「インカのめざめ」は
<栗とサツマイモをあわせたような甘さと食感>
と称されます。

果たして、このジャガイモはどうでしょうか。

先ずはそのまま一口。

ほくほくしながらも、しっとりとした食感です。
確かに、やさしい甘さが感じられます。
煮くずれしにくいので、スープにも良さそうです。

「インカのめざめ」は、顕著な甘さから
お菓子の材料としても利用されているのだそうですが
今回はそこまでの甘さは感じませんでした。  

「越冬させたモノが一番美味しい」という生産者の話を聞いた事がありますので
もしかすると、食べた時期が関係しているのかもしれません。
機会があれば、越冬したジャガイモを食べて比べてみたいと思います。

 
e0011761_0551061.gif

最後はお約束のじゃがバター

これはいい具合
甘さも引き立ちます







まだ沢山あるので、あれこれ調理してみたいと思います。

素揚げが最高という話を聞いた事があるので
先ずはそれから試してみようかな。

ちなみに...
結局、これが「インカのめざめ」かどうかは分かりませんでした。
答えは、送り主からの返事待ちということで。
[PR]
by taka-sare | 2005-08-16 23:34 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)
<< [本日は、お米を楽しむ日] [小さい秋...見つけた?] >>