[独り呑み会]

今宵、妻は友人と食事会でした。

こういう機会は滅多にないので、たまには一人で外食でもするかな...
と思った矢先。突然持病の腰痛が悪化してしまい。
なので外食は断念し、家でおとなしくご飯を食べることにしました。

さて、じゃあ何を作ろうか。
うーん、折角一人だからなぁ。よし「酒の肴」に傾いたおかずでも作るか。
(注:妻は呑まないので、普段はご飯に合うおかずを作っている)

あーでも、後でご飯のおかずにもしたいなぁ。
(注:私は酒を呑んだ後、ご飯をガッツリ食べる)

ということで、この日は「角煮」を作ることに決定。


e0011761_23442180.jpg[角煮]

折角なので、いつもとは異なるレシピで作ってみることに。
で、その出来なんですが、自分で言うのも何ですが、これがかなり旨い!
よし、今度からこのレシピをベースにしよう。


さて、合わせるお酒は何にしよう...
で、始めに選んだのは「生酛のどぶ 仕16号・+12(久保本家酒造)」。

角煮を口に含み、アッチッチーにお燗したコイツを啜ると...

おぉー、切れ味が抜群ですな。
もう、豚の脂なんてスパッと一刀両断ですよ。
そのくせ、米の甘さがしっかり感じられるんですからねぇ。
いやー、やっぱり「どぶ」は凄いなー。

ちなみに、最近妻に「どぶ」を勧めたところ、一言「美味しい!」。
うーむ、酒を飲まない人間にも「旨い」と言わせるとは。
恐るべし、どぶ。凄いぞ、加藤杜氏。

ま、でもこのお酒。
唯一にして最大の欠点があるんです。それは...
ついつい杯が進んでしまうということ。
お陰で、つい先日買った一升瓶も、もうすぐ空です。
やれやれ、飲み飽きしない旨い酒ってのも考えものですねぇ(笑)。

家では量を飲まない私ですらこれです。
飲む人なら、すぐに空けちゃうんだろうなぁ。

・・・

暫く「どぶ」を愉しんだ後、先日呑んだ「竹鶴 純米吟醸(H14BY)」にチェンジ。
これがまた旨いの何の!
個人的には、この角煮には竹鶴の方が馴染む感じがしました。

よし、もう一杯いこうかな...と思ったら。
終了のホイッスルの如きチャイムが「ピンポーン」。
どうやら妻が帰宅した模様です。

ということで、これにて独り呑み会は終了〜。
[PR]
by taka-sare | 2007-03-17 03:47 | 飲む・食べる・呑む | Comments(3)
Commented at 2007-03-17 06:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by taka-sare at 2007-03-17 17:43
>鍵コメントさん
腰の心配をして頂きありがとうございます。
お酒は、百薬の効能がある程度に嗜み続ける所存であります。

ちなみに、よく完売になるそのお酒は造りがダメになったので、腰には効かないかと。
Commented by 腰痛アドバイザー at 2008-01-28 16:49 x

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。

腰をお大事に。
<< [背脂チャッチャッチャッ] [期待に胸膨らみ、そして・・・] >>