[狂い咲き?]

冬本番をむかえようとしている最中、桜が咲きました。

え、どこで!?

それは...

・・・

ここ最近、東名高速道路を使って浜松方面へ行くことが多く、由比の辺りを通る度「桜エビかぁ...食べたいなぁ」と思っていました。周知の通り、由比と言ったら桜えび、桜えびと言ったら由比ですからねー。

それから間もないある日のこと。知人宅を訪問すると「これ美味しいから良かったら持っていかない?」とあるモノが差し出されました。そのあるモノとはなんと...桜えび!
いやーなんたる偶然。いや、もうこれは必然か!?
(実はこの方とはもう一つ偶然の一致があったのですが、それは割愛)。

そんなわけで、昨夜はその桜えびを使った料理を作ることに。
かなり良質なモノだったので、先ずは炊き込みご飯に決定。


e0011761_2135084.jpg[桜エビご飯]

炊く前(浸水中)のご飯に昆布を少し浸け...海老の風味を殺さぬよう、調味は塩、薄口醤油、酒を少々。
しかしまぁ、上品な味付けに対して、この下品な盛りつけはどうしたもんだか...



海無し県に住んでからというものの、すっかり縁が無くなったこの由比の香り。
一口含むや、懐かしさに思わず涙が...(イメージ)

さて、残った桜えびでもう一品。

e0011761_214153.jpg[アスパラの桜えびの煮浸し]

某料理屋のレシピをちょいと拝借。
もみ海苔を加えても良いとのことなので、海苔を焼いてもみ海苔を準備。
これも、品良く出来上がりムイ・ビエ〜ン!(注:大変良い・スペイン語)



ちなみに...合わせたお酒は、開栓して結構経った鯉川・純米吟醸(H16BY)。
(料理に気を取られ、ちょっとアチアチの燗に)


e0011761_2141559.jpgメインは以前紹介した「とりの梅醤油蒸し」
だいぶ梅醤油が馴染んできており、以前より味わいがマイルドになりました。

アミノ酸、コラーゲンタップリ。
冬にピッタリ、酒にもピッタリ。


・・・

そんなこんなで、この日の夜は、桜色のエビを愛でながら来る春に思いを馳せたのでした。
[PR]
by taka-sare | 2006-12-28 23:27 | 飲む・食べる・呑む | Comments(0)
<< [懐かしの・・・] [続 そんな○○○] >>