[タクトの振り方]

e0011761_1951351.jpg納豆を食べる時に引く、あのビヨ〜ンと伸びる糸。皆さんはどのようなタクト(箸)さばきで、切っているでしょうか?

1の型:円月切り(グルグル回転)
2の型:ツバメ返し(直線往復)
3の型:円月&ツバメ(グルグル&直線)

ちなみに、私は3の型です。

しかしどの型を選ぼうが、糸がスパッと切れることはまずありません。場合によっては、中途半端に伸び、中途半端に切れた糸が、空中をフワリと漂う...そんなことだってあるくらいです。まぁ、だからどうってことはないのですが...ただ、納豆嫌いと相席となるとそういうわけにもいきません。

彼等は、納豆の糸が宙に放たれるや、眉を寄せ、マトリクス張りの体さばきで糸をよけるのです。スローモーションで。キアヌ・リーブス演じるネオの如く。

ただでさえその臭いにアウト寸前だというのに、そこに視覚的恐怖が加わったら...うーん。いくら嗜好の問題とはいえ、折角の食事時にそれはちょっと気の毒です。
そこで私は、彼等の苦しみを少しでも軽減すべく(ホントか?)、何か他に良い型が無いか考えてみることにしました。

・・・

とその時、そういえば...と、最近テレビで見た「あるシーン」を思い出しました。それは、志村けんが納豆を食べる時に見せた、箸で素早く十字を切る仕草です(テレビ「あるある大辞典」にて)。
私は初め、このパフォーマンスは受け狙いのネタだと思っていました。が、聞けば志村けんは毎朝納豆を欠かさず食べると言います。ということは、オーバーアクションはネタだとしても、動きそのものは本当かもしれない...そう思った私は早速試してみることに。



おぉ〜っ!!なんや、めっちゃスパッと切れるやんっっ!!

はっ!つい取り乱してしまいました。
あまりにも見事な切れ味だったもんで...つい。
(まさか、知らなかったのは私だけ?)

試したらなんと、1・2回十字を切るだけで糸は消えてしまいました。
うーむ、恐るべし。4の型「十字切り」(今、命名しました)。
ポイントは「素早く」「十字を切る時は必ず中心点に戻す」の二点です。
これで免許皆伝。

大したことじゃないですが、なんか得した気分です。

・・・

ただ、知らない人が見たら、お祓いをしていると思われるかもしれません...
もし怪訝そうな表情をされたら、真剣な顔をしてこう答えておきましょう。

「実は私、エクソシストなんです」

きっと、悪魔だけでなく、その場から全てのモノが立ち去ることでしょう。

関西人限定にした方がいいかもしれません...
[PR]
by taka-sare | 2006-11-15 23:56 | 飲む・食べる・呑む | Comments(2)
Commented by 山下大輔 at 2006-11-16 01:45 x
僕はこれまで2の型でしたが、まさかそんな奥義があったなんて!さすがは80年代少年にとっての師匠、志村けん様。恐るべし……。
Commented by taka-sare at 2006-11-16 12:29
>山下さん
4の型。一度是非試してみて下さい。きっと、宮本武蔵と闘った小次郎の気分?になれると思います!?
<< [一人テイスティング会] [うめ〜醤油] >>